Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 M1 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-9-12 12:17
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2348
オンライン
Comet P/2022 M1 = P/2000 OZ21 (LONEOS-PANSTARRS)

CBET5146に続き、中野主一氏(中央局)は、2000年7月29日のLONEOSサーベイで発見された小惑星状
天体(当時、5日間に渡って観測、MPS17842で2000 OZ21と命名され発表された)を、P/2022 M1と
同定した。 

2000 OZ21のLONEOSサーベイ発見位置は次のとおり、

     2000 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     July 29.36467   21 23 13.61   -20 38 37.4   18.4
          29.38400   21 23 12.99   -20 38 34.6
          29.40332   21 23 12.38   -20 38 34.8
          29.42267   21 23 11.67   -20 38 30.5

中野主一氏による連結軌道要素は次のとおり、

                    Epoch = 2000 Sept.13.0 TT
     T = 2000 Sept. 8.47012 TT        Peri. = 348.31385
     e = 0.5784070                    Node  = 340.12424 2000.0
     q = 2.0886709 AU                 Incl. =   5.60581
       a =  4.9542353 AU   n = 0.08937975   P =  11.03 years

                    Epoch = 2011 Nov. 15.0 TT
     T = 2011 Oct. 29.46698 TT        Peri. = 350.02942
     e = 0.5801646                    Node  = 339.39820 2000.0
     q = 2.0856514 AU                 Incl. =   5.65049
       a =  4.9677836 AU   n = 0.08901436   P =  11.07 years

                    Epoch = 2022 Aug.  9.0 TT
     T = 2022 Aug.  2.38037 TT        Peri. =   4.46891
     e = 0.5783720                    Node  = 322.92153 2000.0
     q = 2.0614042 AU                 Incl. =   7.02693
       a =  4.8891541 AU   n = 0.09117032   P =  10.81 years

                    Epoch = 2033 Mar. 24.0 TT
     T = 2033 Mar. 20.19339 TT        Peri. =   3.42408
     e = 0.5782050                    Node  = 322.55163 2000.0
     q = 2.0518894 AU                 Incl. =   7.05029
       a =  4.8646607 AU   n = 0.09185975   P =  10.73 years

                    Epoch = 2043 Nov.  7.0 TT
     T = 2043 Nov. 21.38232 TT        Peri. =   2.85247
     e = 0.5736797                    Node  = 321.78013 2000.0
     q = 2.0910777 AU                 Incl. =   6.90617
       a =  4.9049452 AU   n = 0.09073040   P =  10.86 years

このため、IAUの小天体命名法ワーキンググループは、この彗星の名称を"PANSTARRS" から"LONEOS-
PANSTARRS"と改名した。

(CBET 5166) 

佐藤裕久
投稿日時: 2022-7-13 21:05
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2348
オンライン
Comet P/2022 M1 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、6月29日、Haleakalaに
あるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。
4枚45-秒のwバンドサーベイ画像では、1".3のシーイングで、1".8(半値全幅:FWHM)の集光した
頭部が見え、p.a. 250°に伸びた3"の明らかな尾(非対称点拡散関数)がある。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, 7月2.4日UT, 120-秒
露出10枚のスタック,0.51-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 米国, 
遠隔操作: 強く集光した6"のコマが見え、p.a. 230°に25"のまっすぐな尾がある。5".7の円形
範囲で測定した光度は20.1等であった)らによって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
568  2022-06-30  R. Weryk           0".2    18"     245         3x60s
H06  2022-07-02  H. Sato            6"      25"     230        10x120s
568  2022-07-05  R. Weryk           0".4    25"     245         3x120s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June 29.56544   22 44 03.35   - 9 54 45.6   21.1
          29.57819   22 44 03.93   - 9 54 38.9   20.7
          29.59101   22 44 04.52   - 9 54 32.0   21.0
          29.60377   22 44 05.09   - 9 54 25.4   20.7

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2022 M1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 Aug. 2.20265 TT                                  Rudenko                 
q   2.0620439            (2000.0)            P               Q                  
n   0.09080106     Peri.    4.39219     +0.84136382     +0.53541518             
a   4.9024002      Node   322.92900     -0.49952273     +0.71825651             
e   0.5793808      Incl.    7.02644     -0.20635882     +0.44434015             
P  10.9                                                                         
From 26 observations 2022 May 31-July 6, mean residual 0".2.                    
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 06 08    22 21 43.2 -13 17 44   1.6269  2.1221   104.5    27.6  21.3
...
2022 06 23    22 38 17.7 -10 54 15   1.4617  2.0942   114.2    26.3  21.0
...
2022 07 01    22 45 10.5 -09 42 04   1.3816  2.0828   119.8    25.1  20.9
...
2022 07 07    22 49 18.6 -08 50 50   1.3260  2.0758   124.2    23.9  20.8
2022 07 08    22 49 54.6 -08 42 34   1.3171  2.0748   125.0    23.7  20.8
2022 07 09    22 50 29.0 -08 34 23   1.3083  2.0738   125.8    23.4  20.8
...
2022 07 15    22 53 21.4 -07 47 08   1.2584  2.0687   130.5    21.9  20.7
...
2022 07 23    22 55 37.7 -06 49 36   1.1991  2.0641   137.3    19.5  20.5
...
2022 08 07    22 55 00.2 -05 21 22   1.1151  2.0625   151.2    13.7  20.4

(MPEC 2022-N46、CBET 5146)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.