Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2016 PM1 = P/2010 LK36 = P/2016 MD = P/2022 C4 (WISE-PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-7-13 7:11
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2348
オンライン
Comet P/2016 PM1 = P/2010 LK36 = P/2016 MD = P/2022 C4 (WISE-PANSTARRS)

小惑星状天体が、3つの小惑星に分類され、近日点回帰時に彗星活動を示すことがわかった。
この天体は、2010年6月9日、WISE(広域赤外線探査衛星)によって検出され、2010 LK36と符号がつけ
られた(MPS 332284を参照)。この光度は、過去のWISEによる彗星観測から推定された。
2016年6月16日、Near-Earth Object Wide-field Infrared Survey Explorer (NEOWISE:地球近傍天体
広域赤外線探査衛星、以前のWISE;CBET 4225を参照)で発見されたが、その時点では2010年の2日間の
アークと同定されず、新たに2016 MD (MPS 716660を参照)と小惑星符号がつけられた。
2016年8月1日、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た画像から再
発見され、2016 PM1と符号がつけられた。その低表面輝度後、先のWISE/NEOWISEの観測と繋がり、
その後のPan-STARRS1の検出につながった。
より早い観測は、その後2003年にApache Pointで得られたSloanデジタルスカイサーベイの画像から
確認された。
小惑星センターのP. Veresによれば、2022年6月6.33-6.40日UT、A. Fitzsimmons (クイーンズ大学, 
Belfast)は、ハワイ Mauna Loaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact 
Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m f/2 Schmidt反射望遠鏡で得たCCD画像
から彗星状のこの天体を発見した。
Fitzsimmonsは、この天体は、イメージが柔らかく、4回の露出5".2のシーイングで、6".1(半値全幅:
FWHM)のコマが見え、尾はなく、光度は17.2-17.6等であった。4枚のスタックでは、彼はp.a.120°に
長さ9"の低表面輝度らしいものに気づいた。
6月8.35-8.40日、同じ望遠鏡で追加観測をしたところ、ATLASの30秒露出では間違いなく彗星で、コン
パクトなコマが p.a. 120°に集光部から13"伸びているが、奇妙なことに尾がない。大きさは5"4の
シーイングで6"4(FWHM)、光度は17.2〜17.5等であった。
Veresの要請を受け、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科:、2022年6月3.3日、Haleakala
にあるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た4枚45-秒のwバンドサーベイ画像から、
彗星であると気づいた。p.a. 145°に向かって15" 以上の尾が見え、最もよいイメージは1".2のシー
イングで1".4(FWHM)の非常に集光したコマが見えた。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F52  2022-06-03  R. Weryk           0".2    15"     145         4x45s
T08  2022-06-08  A. Fitzsimmons    13"                          4x30s
T08  2022-06-09  A. Fitzsimmons     1".2                        3x30s
T08  2022-06-16  A. Fitzsimmons     1".2                        4x30s
T08  2022-06-20  A. Fitzsimmons    10"      13"     130         4x30s

WISEによる発見位置は次のとおり、

     2010 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June  9.12001   23 51 06.34   -24 36 06.5
           9.51692   23 51 57.74   -24 39 06.1
           9.64922   23 52 14.83   -24 40 06.3
           9.78153   23 52 31.92   -24 41 06.2
           9.84774   23 52 40.45   -24 41 37.0
           9.91383   23 52 48.97   -24 42 07.2
           9.98005   23 52 57.48   -24 42 37.5
          10.04613   23 53 05.99   -24 43 07.8
          10.04626   23 53 06.00   -24 43 07.5
          10.11235   23 53 14.55   -24 43 38.6
          10.50926   23 54 05.42   -24 46 40.7
          10.64157   23 54 22.32   -24 47 42.5
          10.77387   23 54 39.23   -24 48 44.2
          11.03848   23 55 12.96   -24 50 47.3

     2016 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June 16.86411    0 23 17.53   -20 41 25.8    20
          16.99515    0 23 31.07   -20 42 03.5
          17.12618    0 23 44.58   -20 42 38.3
          17.19163    0 23 51.40   -20 42 56.0
          17.19175    0 23 51.39   -20 42 56.8
          17.51927    0 24 24.90   -20 44 25.6
          17.58485    0 24 31.76   -20 44 46.4
          17.65030    0 24 38.43   -20 45 04.5
          17.71588    0 24 45.16   -20 45 22.8
          17.97794    0 25 11.86   -20 46 36.5
          18.24000    0 25 38.54   -20 47 52.1

Pan-STARRS1による発見位置は次のとおり、

     2016 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Aug.  1.58311    1 11 04.03   -27 20 09.2   20.6
           1.59168    1 11 04.14   -27 20 15.5   20.6
           1.60024    1 11 04.25   -27 20 21.7   20.7
           1.60879    1 11 04.34   -27 20 28.8   20.8

Apache Point-Sloanデジタルスカイサーベイによる観測位置は次のとおり、

     2003 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Apr. 26.26209   12 23 18.10   +40 59 59.2   21.2
          26.26556   12 23 17.91   +40 59 57.9   22.1

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2016 PM1 (WISE-PANSTARRS)
Epoch 2022 June 30.0 TT = JDT 2459760.5                                         
T 2022 July 10.38317 TT                                 Rudenko                 
q   1.4731508            (2000.0)            P               Q                  
n   0.15530487     Peri.  170.89578     -0.15682735     +0.91300127             
a   3.4277778      Node    89.40487     -0.92818328     -0.00595585             
e   0.5702315      Incl.   22.12501     -0.33746256     -0.40791325             
P   6.35                                                                        
From 259 observations 2003 Apr. 26-2022 June 20, mean residual 0".2.            

                                                                                
    P/2016 PM1 (WISE-PANSTARRS)
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 July 10.38501 TT                                 Rudenko                 
q   1.4731523            (2000.0)            P               Q                  
n   0.15530970     Peri.  170.89709     -0.15680694     +0.91300436             
a   3.4277068      Node    89.40484     -0.92818340     -0.00593468             
e   0.5702222      Incl.   22.12507     -0.33747172     -0.40790663             
P   6.35                                                                        
From 259 observations 2003 Apr. 26-2022 June 20, mean residual 0".2.            
                                                                                
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 05 28    14 36 49.8 +19 07 12   0.6653  1.5431   132.5    28.9  18.2
...
2022 06 12    14 30 54.3 +10 38 10   0.6575  1.5036   126.7    32.8  18.1
...
2022 06 20    14 31 38.2 +05 18 30   0.6664  1.4889   123.1    34.9  18.0
...
2022 06 26    14 34 04.8 +01 07 43   0.6791  1.4810   120.4    36.3  18.1
2022 06 27    14 34 38.8 +00 25 28   0.6818  1.4799   119.9    36.5  18.1
2022 06 28    14 35 15.6 -00 16 50   0.6845  1.4789   119.5    36.7  18.1
...
2022 07 04    14 39 52.8 -04 30 32   0.7041  1.4747   116.8    38.0  18.1
...
2022 07 12    14 48 29.8 -10 02 01   0.7379  1.4733   113.3    39.3  18.2
...
2022 07 27    15 11 39.7 -19 33 15   0.8234  1.4841   107.1    40.8  18.5

(MPEC 2022-M81、CBET 5137) 

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.