Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 F1 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-4-27 8:01
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2334
オンライン
Comet C/2022 F1 (ATLAS)

L. Denneauの通報によると、3月30.3日UT、チリ Rio Hurtadoにある小惑星地球衝突最終警報
システム Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコース
に0.5-m f/2 Schmidt反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体を発見した。
John Tonryによって、発見時の露出では、わずかに拡散している。3"9のシーイングで5"5(半値
全幅:FWHM)のコマがあると言及された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、F. D. Romanov (3月31.6日UT, 300秒露出3枚のスタック,
iTelescope 0.50-m f/6.8 反射望遠鏡, Siding Spring, NSW, オーストラリア, 遠隔操作: 集光
した12" のコマが見え、p.a. 230°に15"のかすかでまっすぐな尾がある。5"の範囲で測定した
全光度は18.6-18.7等(Gaia DR2 バンド)であった)や佐藤英貴氏(東京都文京区,3月31.8日, 120-
秒露出5枚のスタック,0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, オーストラリア, 
遠隔操作: 強く集光した10"のコマが見えるが尾はなかった。6".5の円形範囲で測定した光度は
18.5等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
Q62  2022-03-31  F. D. Romanov     12"      15"     230         3x300s
Q62  2022-03-31  H. Sato           10"                          5x120s
L81  2022-04-01  N. Paul           16".5                       18x60s
X02  2022-04-02  E. Bryssinck       9"                         20x90s
Y00  2022-04-04  C. Jacques        12"                        100x30s
W88  2022-04-05  G. Gasparovic     10"                         18x50s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Mar. 30.29854   18 23 12.63   -83 35 51.0   18.6
          30.30125   18 23 12.66   -83 35 51.9   18.7
          30.31076   18 23 14.70   -83 35 56.1   18.6
          30.32206   18 23 16.63   -83 36 01.7   18.9
          30.32341   18 23 17.20   -83 36 01.5   18.6
          30.32525   18 23 17.27   -83 36 02.7   18.9
          30.33162   18 23 18.14   -83 36 05.5   18.7
          30.33658   18 23 18.81   -83 36 10.1   18.7
          30.33932   18 23 20.32   -83 36 10.4   18.8

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 F1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2022 Sept. 18.0 TT = JDT 2459840.5                                        
T 2022 Sept. 27.82081 TT                                Rudenko                 
q   5.9016498            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0018267      Peri.  283.60914     +0.14617659     +0.97914425             
 +/-0.0048417      Node   350.41795     -0.17474149     -0.11483187             
e   0.9892197      Incl.   57.95654     -0.97370315     +0.16760125             
From 31 observations 2022 Mar. 30-Apr. 5, mean residual 0".5.                   
                                                                                
    C/2022 F1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2022 Sept. 27.59519 TT                                Rudenko                 
q   5.9018501            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0017059      Peri.  283.58921     +0.14583424     +0.97919502             
 +/-0.0048417      Node   350.41780     -0.17470478     -0.11489427             
e   0.9899319      Incl.   57.95637     -0.97376107     +0.16726151             
From 31 observations 2022 Mar. 30-Apr. 5, mean residual 0".5.                   
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 03 07    17 17 51.0 -80 31 05   6.0938  6.0745    84.2     9.4  18.8
...
2022 03 22    17 58 43.3 -82 33 02   5.9580  6.0505    90.6     9.5  18.7
...
2022 03 30    18 22 17.4 -83 33 38   5.8890  6.0384    93.8     9.5  18.7
...
2022 04 05    18 40 50.9 -84 16 54   5.8394  6.0297    96.2     9.5  18.6
2022 04 06    18 44 01.1 -84 23 56   5.8313  6.0283    96.6     9.5  18.6
2022 04 07    18 47 12.7 -84 30 54   5.8233  6.0268    96.9     9.5  18.6
...
2022 04 13    19 06 52.4 -85 11 33   5.7766  6.0184    99.2     9.5  18.6
...
2022 04 21    19 34 33.6 -86 02 40   5.7183  6.0077   102.0     9.4  18.6
...
2022 05 06    20 31 44.9 -87 29 21   5.6226  5.9889   106.6     9.3  18.5

(MPEC 2022-G82、CBET 5112)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.