Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 J1 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-5-31 13:37
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2021
オンライン
Comet C/2019 J1 (Lemmon)

R. A. Kowalskiと D. Rankinの通報によると、5月4日UT、良好なシーイングの下、南アリゾナ
のMt Lemmonにある1.5-m 反射望遠鏡で得たCCDから彗星を発見した。およそ10"のコマとp.a. 260°
にかすかに広いおよそ40"の尾がある。5月5.4日、良好なシーイングで、KowalskiとRankinによって
フォローアップ観測が行われ、まだハッキリと彗星活動があり、幅およそ21"のコマが見られる。
B. M. Africanoは、5月5.5日UT、少しもやのかかった低空で、Mt LemmonにあるSteward天文台の
1.0-m 反射望遠鏡で確認画像を得た。個々のイメージは、この彗星は周辺の恒星に比べ拡散して
見える。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope 天文台, 0.43-m 
f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NEW, 遠隔操作:5月5.78日UT、60秒露出6枚のスタックで、
強く集光した12" のコマが見えるが尾はない。6".4の円形範囲で測定した光度は18.0等であった)ら
CCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     May   4.44780   19 58 51.97   -18 53 16.3   17.4   Kowalski
           4.45433   19 58 52.37   -18 53 18.2   17.4     "
           4.46086   19 58 52.76   -18 53 22.1   17.6     "
           4.46740   19 58 53.20   -18 53 25.1   17.8     "

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 J1 (Lemmon)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2019 Apr. 8.80025 TT                                  MPCW
q   2.4792250            (2000.0)            P               Q
z  +0.0112274      Peri.  167.59071     -0.05589666     +0.90986115
 +/-0.0027648      Node    98.10182     -0.94787891     +0.08101303
e   0.9721646      Incl.   24.53665     -0.31368955     -0.40692699
From 67 observations 2019 May 4-12, mean residual 0".5.

Ephemeris:
    C/2019 J1 (Lemmon)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2019 04 12    19 30 36.8 -16 39 33   2.2713  2.4795    89.8    23.8  17.7
...
2019 04 27    19 50 23.1 -18 02 33   2.1059  2.4869   100.0    23.5  17.6
...
2019 05 05    19 59 27.1 -18 57 16   2.0234  2.4952   105.9    22.9  17.5
...
2019 05 11    20 05 28.4 -19 44 11   1.9649  2.5033   110.4    22.2  17.5
2019 05 12    20 06 24.4 -19 52 32   1.9555  2.5048   111.2    22.1  17.4
2019 05 13    20 07 19.3 -20 01 03   1.9462  2.5064   112.0    21.9  17.4
...
2019 05 19    20 12 22.3 -20 55 27   1.8927  2.5166   116.8    21.0  17.4
...
2019 05 27    20 17 52.8 -22 17 12   1.8282  2.5328   123.5    19.5  17.3
...
2019 06 11    20 24 06.5 -25 17 54   1.7335  2.5704   136.9    15.6  17.3

     This object was reported as a comet by R. A. Kowalski and D. Rankin (G96,
May 4), who described an approximately 10" coma and a faint, broad 40" tail
in P.A. 260.  The next night, they noted a ~ 21" coma.  Other reports are
as follows:

Date    OC   Reporter     Coma + comments
May  5  H06  E. Guido     10", diffuse                      12 x 60s
May  5  Q62  H. Sato      12"                                6 x 60s
May  5  Q62  K. Yoshimoto 15"                                8 x 60s
May  6  Q62  K. Yoshimoto 17", tail 15" in P.A. 250          6 x 60s
May  7  I47  M. Masek     10"                               36 x 90s
May  7  Q62  R. Ligustri  13", elongated in ~ P.A. 234       9 x 120s
May  7  Q11  H. Sato      10", strongly condensed           10 x 60s
May  9  N55  T. Chen       6", extensions to NE and W       12 x 40s

(CBET 4625、MPEC 2019-J122)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.