Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2018 X2 (Fitzsimmons)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-12-22 4:12
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1999
オンライン
Comet C/2018 X2 (Fitzsimmons)

この8"〜10"のコマを持つ彗星は 12月8.5日UT、Haleakalaにある小惑星地球衝突最終警報システム 
Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS) 0.5-m f/2 Schmidt望遠鏡で得たスタック画像
からAlan Fitzsimmonsによって見つけられた。
小惑星センターのNEOCPとPCCP webpageに公表後、R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所, 3.6-m Canada-
France-Hawaii Telescope, R. Wainscoat他が観測。12月9.4日UT、ほぼ南に真直ぐな約10"の明らかな尾が伸
びている。コマは近傍の恒星より少し大きかった。FWHM(半値全幅)は0".77対1".3)や、佐藤英貴氏(東京都
文京区, iTelescope 天文台, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 遠隔操作;
12月10.25日UT、60秒露出9枚のスタック, 強い集光のある12"の円盤状のコマがあるが明らかな尾はない。
7".6の円形範囲で測定した全光度は18.1等であった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Dec.  8.46539    4 03 17.97   +54 03 05.1   19.1   Fitzsimmons
           8.47818    4 03 17.13   +54 03 01.4   19.2     "
           8.48597    4 03 16.60   +54 03 03.7   19.4     "
           8.49597    4 03 15.80   +54 03 01.6   19.0     "

暫定準放物線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2018 X2 (Fitzsimmons)
Epoch 2019 July 16.0 TT = JDT 2458680.5
T 2019 July 8.84439 TT                                  MPCW
q   2.1267778            (2000.0)            P               Q
z  +0.0067370      Peri.  162.07175     -0.80580428     -0.57804231
 +/-0.0037777      Node   340.84126     +0.48392693     -0.51757703
e   0.9856719      Incl.   23.07602     +0.34131247     -0.63085743
From 83 observations 2018 Dec. 8-15, mean residual 0".5.

    C/2018 X2 (Fitzsimmons)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2019 July 8.84426 TT                                  MPCW
q   2.1267740            (2000.0)            P               Q
z  +0.0067053      Peri.  162.07115     -0.80580684     -0.57804062
 +/-0.0037777      Node   340.84215     +0.48392288     -0.51758628
e   0.9857393      Incl.   23.07550     +0.34131215     -0.63085139
From 83 observations 2018 Dec. 8-15, mean residual 0".5.

Ephemeris:
    C/2018 X2 (Fitzsimmons)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2018 11 15    04 27 23.3 +53 32 08   2.5400  3.3785   142.4    10.3  19.3
...
2018 11 30    04 12 33.8 +54 07 58   2.3853  3.2595   147.4     9.4  19.0
...
2018 12 08    04 03 48.5 +54 03 50   2.3252  3.1968   147.0     9.7  18.9
...
2018 12 14    03 57 26.9 +53 49 37   2.2905  3.1502   145.3    10.2  18.8
2018 12 15    03 56 26.0 +53 46 21   2.2856  3.1424   144.9    10.4  18.8
2018 12 16    03 55 26.1 +53 42 50   2.2809  3.1347   144.5    10.5  18.8
...
2018 12 22    03 49 52.1 +53 16 54   2.2576  3.0886   141.5    11.4  18.7
...
2018 12 30    03 43 54.1 +52 30 54   2.2390  3.0277   136.4    13.0  18.6
...
2019 01 14    03 38 36.7 +50 40 43   2.2381  2.9158   125.0    16.0  18.4

(CBET 4583、MPEC 2018-X135)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.