Rbgn^[z[y[W
メイン
   天文掲示板
     2018年NPO法人 東亜天文学会・明石年会のご案内(第2報)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-9-24 7:16
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1919
オンライン
2018年NPO法人 東亜天文学会・明石年会のご案内(第2報)


2018年NPO法人 東亜天文学会・明石年会のご案内(第2報)


今年の年会は、兵庫県明石市で開催します。年会はどなたでも無料で参加できますので、
会員の皆さまはもちろんのこと、ご友人をお誘いのうえお越しください。

●日 時 2018年11月10日(土)13:00 〜 11日(日)11:00

●会 場 「複合交流拠点ウィズあかし 明石市生涯学習センター」
     兵庫県明石市東仲ノ町6番1号 アスピア明石北館7階 会議室 
     (JR明石駅前/TEL:078-918-5600 http://a-machi.jp/center/)

●主 催 特定非営利活動法人 東亜天文学会

●内 容 開会式、表彰式、記念講演、研究発表、懇親会など

●講演会(11月10日)

     〇講師 磯部 洋明 先生(京都市立芸術大学美術学部 准教授)

     〇講演 「歴史文献から探る過去の太陽活動」

     〇概要 太陽型星のスーパーフレアや、宇宙線由来放射性同位体の解析など
         から、近代観測150年の歴史の間は、たまたま起きていなかったよ
         うな超巨大太陽フレアが起きる可能性が、近年盛んに議論されてい
         ます。低緯度地域で希に見られる低緯度オーロラの記録は、過去に
         巨大な太陽フレアが、どれほど起きていたかの指標になります。
          本講演では、日本、中国、ヨーロッパ、中東など世界各地の歴史
         的文献から過去の低緯度オーロラの記録を探し出し、太陽活動の長
         期的な変動を探る研究についてご紹介します。また、国立ハンセン
         病療養所・長島愛生園で戦前から戦後にかけて行われていた天文・
         気象観測についても簡単にご紹介します。

●参加費 無料(懇親会に参加される人は、別途お支払いください。会費未定)

●懇親会 10日夜、「グリーンヒルホテル明石」
     (JR明石駅前/明石市大明石町2-1-1 TEL:078-912-0111)

●その他 宿泊は各自で予約ねがいます。明石市内(明石駅、西明石駅周辺)および近
     隣の神戸市には多くのホテルがあります。なお、懇親会場となるグリーンヒ
     ルホテル明石にて、宿泊希望の方は、申込時に「東亜天文学会の参加者」と
     お伝えいただけましたら、割引料金(1泊5,800円)でご宿泊いただけます。
     部屋に限りがありますので、満室の場合にはご了承ください。

●申込み 年会の申し込み受付は、改めてお知らせします。

●問合先 明石年会 世話人/明石市立天文科学館 井上 毅 TEL:078-919-5000
     E-mail:inoue★star.nifty.jp (注)★は@に変換してください

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.