Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2018 H2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-4-28 21:11
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1928
オンライン
Comet P/2018 H2 (PANSTARRS)

R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、4月16日、Haleakala にある1.8-m Pan-
STARRS1 Ritchey-Chretien望遠鏡で得たCCD画像から他の彗星を発見した。
彼は、明らかに尾が西に約6"伸びているのを見つけた。そして、この彗星の頭部のFWHM(半値全幅)
は近傍の恒星が1".5であるのに対し2".1であった。
Werykは加えて、4月17.47日UT、R. Wainscoat, C. WipperとS. PrunetがMauna Keaにある3.6-m 
Canada-France-Hawaii Telescopeで得た60秒gri-バンドフォローアップ確認観測の測定で、少なく
とも12"西の方へ伸びている非常に明らかな尾が見える(コマのFWHMは1".0のシーイングで1".5)。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,
4月17.4日, 60秒露出10枚のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキ
シコ州, 遠隔操作:恒星のような核状の集光と囲んでいるコマは12"あるが尾はない。7".6の円形
範囲で測定したw-バンド光度は18.4等であった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Apr. 16.52788   15 40 30.70   -13 45 13.9   19.9
          16.54036   15 40 30.36   -13 45 15.6   19.9
          16.55286   15 40 30.04   -13 45 17.0   19.9
          16.56535   15 40 29.72   -13 45 18.6   20.0

楕円道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2018 H2 (PANSTARRS)
Epoch 2018 Feb. 11.0 TT = JDT 2458160.5
T 2018 Jan. 23.49166 TT                                 MPCW
q   2.0271057            (2000.0)            P               Q
n   0.10662334     Peri.  120.24402     -0.98182360     +0.14735953
a   4.4045463      Node    68.45533     -0.18537685     -0.87975249
e   0.5397697      Incl.    7.38866     +0.04071665     -0.45201851
P   9.24
>From 121 observations 2017 Nov. 17-2018 Apr. 25, mean residual 0".4.

    P/2018 H2 (PANSTARRS)
Epoch 2027 Mar. 16.0 TT = JDT 2461480.5
T 2027 Mar. 16.10168 TT                                 MPCW
q   2.0352602            (2000.0)            P               Q
n   0.10618063     Peri.  119.38544     -0.98600170     +0.11611476
a   4.4167809      Node    67.50280     -0.15750216     -0.88412996
e   0.5391983      Incl.    7.44152     +0.05471485     -0.45258323
P   9.28
>From 121 observations 2017 Nov. 17-2018 Apr. 25, mean residual 0".4.

    P/2018 H2 (PANSTARRS)
Epoch 2018 Mar. 23.0 TT = JDT 2458200.5
T 2018 Jan. 23.48601 TT                                 MPCW
q   2.0270924            (2000.0)            P               Q
n   0.10659713     Peri.  120.24189     -0.98183092     +0.14730991
a   4.4052685      Node    68.45457     -0.18533295     -0.87976076
e   0.5398482      Incl.    7.38877     +0.04073998     -0.45201857
P   9.25
>From 121 observations 2017 Nov. 17-2018 Apr. 25, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    P/2018 H2 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1    m2
2018 03 27    15 41 58.6 -12 56 02   1.3203  2.1008   129.5    21.5        19.9
...
2018 04 11    15 42 13.6 -13 33 08   1.2458  2.1388   143.9    16.0        19.6
...
2018 04 19    15 39 27.9 -13 50 22   1.2217  2.1618   152.3    12.5        19.5
...
2018 04 25    15 36 18.5 -14 02 47   1.2121  2.1803   158.7     9.6        19.3
2018 04 26    15 35 42.5 -14 04 50   1.2113  2.1834   159.8     9.1        19.3
2018 04 27    15 35 05.4 -14 06 53   1.2106  2.1866   160.9     8.7        19.3
...
2018 05 03    15 31 03.3 -14 19 17   1.2116  2.2064   167.4     5.7        19.2
...
2018 05 11    15 25 08.4 -14 36 21   1.2261  2.2341   175.3     2.1        19.0
...
2018 05 26    15 14 31.0 -15 12 38   1.2950  2.2900   165.6     6.3        19.4

(CBET 4512、MPEC 2018-H93)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.