Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 S4 = P/2006 UR111 (Spacewatch)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-10-5 2:20
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1810
オンライン
Comet P/2017 S4 = P/2006 UR111 (Spacewatch)

E. Lilly, R. J. WainscoatとR. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)の通報によると、9月24.4日UT、
Haleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1望遠鏡で得た4枚のw-バンドCCD露出から彗星を発見した(その
後、以前のPan-STARRS1の観測も見つけた)。
9月24日の連続した露出の間にシーイングは変化したが、個々の画像は、この天体は隣接する恒星に
比較して少し拡張している(FWHMは恒星より比べおよそ1ピクセル= 0".25大きく1".0-1".2)。
スタックイメージにおいて、およそp.a.250°に向かって伸びている広く、低表面輝度の尾らしい形跡
がある。
9月16.4日UT、Werykは、FWHMが隣接する恒星が1".1であるのに対しておよそ1".2であるこの彗星を
見つけた。同じ位置角(約 250°)に向かって小さな非対称をしている。その後、9月27.4日、FWHMは
およそ1".6 (対して隣接する恒星は1".2)で、西に向かっておそらく1"長い小さな非対称に見えた。
9月25.40日、WainscoatとL. Wells (M. MicheliとWainscoatが測定)が3.6-m Canada-France-Hawaii 
Telescopeで得た60秒のフォローアップ露出 (gri-フィルター)により、p.a.245°に向かって約15"
伸びたかすかな尾のある彗星の外観を持つこの天体を確認した。
9月24日、既にWerykは、この彗星がJ. V. ScottiがKitt PeakにあるSteward天文台の0.9-m 望遠鏡
で得た、2006年10月19日に発見したSpacewatch画像の小惑星状天体と同一であることを示唆した。
その後、小惑星符号2006 UR111が与えられた(MPS 184334参照) 。 G. V. Williamsはリンクを確認した。

Pan-STARRS1の発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.11.50521   23 52 37.91   + 8 31 23.1   21.3
          11.51665   23 52 37.53   + 8 31 19.0   20.3
          11.52798   23 52 37.15   + 8 31 15.0   20.7
          11.53942   23 52 36.79   + 8 31 10.9   20.7
          16.41616   23 50 00.97   + 8 00 53.7   20.1
          16.42790   23 50 00.57   + 8 00 49.1   20.1
          16.43862   23 50 00.20   + 8 00 45.0   20.1
          16.44933   23 49 59.84   + 8 00 40.9   20.2
          18.30318   23 48 58.89   + 7 48 27.1   18.9
          18.30852   23 48 58.69   + 7 48 25.0   18.7
          18.31385   23 48 58.47   + 7 48 22.9   19.1
          18.31922   23 48 58.36   + 7 48 21.0   19.7
          22.40609   23 46 42.46   + 7 20 17.7   19.0
          22.41661   23 46 42.02   + 7 20 10.3   18.4
          22.41706   23 46 42.04   + 7 20 12.7   18.9
          22.43069   23 46 41.63   + 7 20 05.9   19.2
          24.29124   23 45 39.57   + 7 06 51.7   18.9
          24.29768   23 45 39.37   + 7 06 49.0   19.0
          24.30308   23 45 39.19   + 7 06 46.9   18.9
          24.31131   23 45 38.88   + 7 06 42.9   19.2

Spacewatchの発見位置は次のとおり、

     2006 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Oct. 11.11335   23 38 55.61   + 5 10 35.8          Scotti
          11.12625   23 38 55.24   + 5 10 30.2            "
          11.13915   23 38 54.89   + 5 10 25.0            "
          19.13172   23 35 43.17   + 4 11 33.5   19.9     "
          19.14468   23 35 42.89   + 4 11 27.8   19.9     "
          19.15766   23 35 42.60   + 4 11 23.0   20.3     "
          21.13856   23 35 03.45   + 3 57 21.6   19.7     "
          21.15149   23 35 03.24   + 3 57 16.2   19.8     "
          21.16442   23 35 02.98   + 3 57 10.7   19.8     "
          23.13113   23 34 27.92   + 3 43 34.3   19.8     "
          23.14407   23 34 27.68   + 3 43 29.1   19.8     "
          23.15701   23 34 27.45   + 3 43 23.8   19.8     "

連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2006 UR111 = 2017 S4 (Spacewatch)
Epoch 2007 June 29.0 TT = JDT 2454280.5
T 2007 July 2.65430 TT                                  MPCW
q   2.7863366            (2000.0)            P               Q
n   0.08961929     Peri.  219.21511     +0.46670903     -0.87925146
a   4.9454034      Node   203.43841     +0.85972963     +0.47634112
e   0.4365805      Incl.   13.87592     +0.20747925     +0.00400049
P  11.00
From 48 observations 2006 Oct. 11-2017 Sept. 27, mean residual 0".3.

    P/2006 UR111 = 2017 S4 (Spacewatch)
Epoch 2018 July 21.0 TT = JDT 2458320.5
T 2018 July 2.50051 TT                                  MPCW
q   2.7804234            (2000.0)            P               Q
n   0.08960822     Peri.  219.20867     +0.46926827     -0.87795063
a   4.9458106      Node   203.27695     +0.85847940     +0.47872588
e   0.4378225      Incl.   13.88255     +0.20688260     +0.00492097
P  11.00
From 48 observations 2006 Oct. 11-2017 Sept. 27, mean residual 0".3.

    P/2006 UR111 = 2017 S4 (Spacewatch)
Epoch 2029 July 3.0 TT = JDT 2462320.5
T 2029 June 21.94130 TT                                 MPCW
q   2.7692628            (2000.0)            P               Q
n   0.08999203     Peri.  219.13987     +0.47221438     -0.87641084
a   4.9317383      Node   203.15314     +0.85699826     +0.48153001
e   0.4384814      Incl.   13.89669     +0.20631909     +0.00573587
P  10.95
From 48 observations 2006 Oct. 11-2017 Sept. 27, mean residual 0".3.

    P/2006 UR111 = 2017 S4 (Spacewatch)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2018 July 2.60949 TT                                  MPCW
q   2.7801652            (2000.0)            P               Q
n   0.08961245     Peri.  219.23783     +0.46880910     -0.87819522
a   4.9456549      Node   203.27779     +0.85873021     +0.47827824
e   0.4378570      Incl.   13.88302     +0.20688271     +0.00480431
P  11.00
From 48 observations 2006 Oct. 11-2017 Sept. 27, mean residual 0".3.

Ephemeris:
    P/2006 UR111 = 2017 S4 (Spacewatch)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 08 29    23 58 49.9 +09 38 44   2.5095  3.4263   150.7     8.3  19.3
...
2017 09 13    23 51 51.1 +08 22 25   2.3898  3.3745   165.9     4.2  19.2
...
2017 09 21    23 47 29.3 +07 30 08   2.3509  3.3474   171.6     2.5  19.1
...
2017 09 27    23 44 09.9 +06 47 13   2.3337  3.3272   170.9     2.7  19.1
2017 09 28    23 43 37.1 +06 39 51   2.3319  3.3239   170.3     2.9  19.1
2017 09 29    23 43 04.5 +06 32 26   2.3303  3.3205   169.6     3.1  19.0
...
2017 10 05    23 39 56.0 +05 47 17   2.3270  3.3006   164.2     4.7  19.0
...
2017 10 13    23 36 12.7 +04 46 55   2.3380  3.2744   155.9     7.1  19.0
...
2017 10 28    23 31 32.9 +03 02 24   2.4028  3.2263   139.8    11.5  19.0

(CBET 4433、MPEC 2017-S197)

スレッド表示 | 古いものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.