Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 TW13 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-12-12 1:11
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1999
オンライン
Comet P/2017 TW13 (Lemmon)

昨年の9月1日、J. A. JohnsonがMt Lemmonの1.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が
発見され、小惑星仮符号2017 TW13が与えられていた。
去年の6月に近日点を通過した後、ここ数週間に他のCCD位置観測者によって彗星活動が見つかった。
佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope Sierra Remote 天文台, 0.61-m f/6.5 アストログラフ, 
Auberry, カリフォルニア州, 遠隔操作;2018年10月13.52日UT、60秒露出10枚のスタック, 明らかに
集光のある12"のコマがあるが尾はなかった。6".3の円形範囲で測定した全光度は18.0等であった。
10月20.53日、同じ望遠鏡で得た12枚のスタックのフォローアップイメージは強い集光のある12"の
コマがあり、6".3の円形範囲で測定した全光度は18.3等で、p.a.315°に12" の尾がある。また、
10月14.5日、ニューメキシコ州 Mayhill近郊の0.43-m f/6.8 アストログラフによる60秒露出10枚の
スタックでは円盤のような10"-15"のコマが見え、7".6の円形範囲で測定した全光度は18.5等であっ
た)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Sept. 1.33149   22 35 04.66   +25 22 13.3   20.2   Johnson
           1.33533   22 35 04.36   +25 22 14.7   20.3     "
           1.33959   22 35 04.08   +25 22 15.8   20.2     "
           1.34404   22 35 03.75   +25 22 17.3            "

楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 TW13 (Lemmon)
Epoch 2018 June 11.0 TT = JDT 2458280.5
T 2018 June 20.98437 TT                                 MPCW
q   2.0788061            (2000.0)            P               Q
n   0.05142187     Peri.  120.10927     -0.02145800     -0.90190042
a   7.1620520      Node   322.27641     +0.48415681     +0.36816238
e   0.7097471      Incl.   44.83674     +0.87471809     -0.22590284
P  19.17
From 146 observations 2017 Aug. 31-2018 Nov. 14, mean residual 0".4.

    P/2017 TW13 (Lemmon)
Epoch 2037 Aug. 10.0 TT = JDT 2465280.5
T 2037 July 22.81662 TT                                 MPCW
q   2.0795866            (2000.0)            P               Q
n   0.05129633     Peri.  119.91876     -0.01707247     -0.90145107
a   7.1737328      Node   322.16991     +0.48280589     +0.37139671
e   0.7101109      Incl.   44.84961     +0.87556097     -0.22237460
P  19.21
From 146 observations 2017 Aug. 31-2018 Nov. 14, mean residual 0".4.

    P/2017 TW13 (Lemmon)
Epoch 2019 Apr. 27.0 TT = JDT 2458600.5
T 2018 June 20.95027 TT                                 MPCW
q   2.0787337            (2000.0)            P               Q
n   0.05147309     Peri.  120.09961     -0.02132662     -0.90188560
a   7.1573003      Node   322.27588     +0.48404374     +0.36828125
e   0.7095646      Incl.   44.84102     +0.87478388     -0.22576822
P  19.15
From 146 observations 2017 Aug. 31-2018 Nov. 14, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    P/2017 TW13 (Lemmon)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1    m2
2018 10 30    10 40 54.8 +14 43 03   2.7824  2.4460    60.2    20.6        20.2
...
2018 11 14    10 53 05.8 +10 44 48   2.6681  2.5232    70.9    21.7        20.2
...
2018 11 22    10 57 55.3 +08 41 08   2.6009  2.5661    77.0    22.0        20.2
...
2018 11 28    11 00 42.2 +07 10 02   2.5486  2.5991    81.8    22.1        20.2
2018 11 29    11 01 05.6 +06 55 00   2.5397  2.6046    82.7    22.1        20.2
2018 11 30    11 01 27.8 +06 40 00   2.5309  2.6102    83.5    22.1        20.2
...
2018 12 06    11 03 12.4 +05 10 57   2.4773  2.6439    88.6    21.9        20.1
...
2018 12 14    11 04 12.6 +03 15 00   2.4061  2.6897    95.8    21.4        20.1
...
2018 12 29    11 01 40.6 -00 11 56   2.2807  2.7777   110.2    19.4        20.0

(CBET 4576、MPEC 2018-W75)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.