Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2018 V1 (Machholz-Fujikawa-Iwamoto)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-11-20 1:34
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1922
オンライン
Comet C/2018 V1 (Machholz-Fujikawa-Iwamoto)

Donald E. Machholz, Jr. (Colfax, カリフォルニア州)の通報によると、11月7.531日UT、
彼は0.47-m 反射望遠鏡 (113x)により10等の彗星を眼視発見した。
この天体は拡散した3'のコマがあり、30分以上の観測で西南西に少し移動している。
これは彼の12番目の彗星発見で、C/2010 F4 (IAUC 9132を参照)の発見後、捜索746時間目
に遭遇した。Machholzはまた11月8.533日に同様にこの彗星の状況を観測した。
また11月7日、二人の日本人CCD写真観測者が独立してこの彗星を発見した。
遠藤勇夫氏(国立天文台)は、藤川繁久氏(香川県観音寺市)が11月7.82日UTに焦点距離120-
mm f/3.5レンズで得たCCD画像からこの天体を見つけたと書き込み、中央局のTOCP webpage
に仮符号 TCP J12192806-0211143と掲載した。
相馬 充氏(国立天文台)の通報によると、11月7.841日、岩本雅之氏(徳島県阿波市)が10-cm 
f/4.0 Pentax SDUF IIの写真レンズ + Canon EOS 6Dで得た画像から独立発見したと追加
した。岩本氏はおよその位置、赤経 = 12h19m30s、赤緯 = -2°11′(2000.0)で光度10等の
彗星らしいと言った。
下記の一覧表の位置は中野主一氏(兵庫県洲本市)が測定したものである。中野氏は岩本氏が
発見したイメージは中央集光があり大きな青いコマが見えると報告した。
TOCPと小惑星センターへのNEOCP webpagesの投稿に続いて、11月8日UTには、E. Guido 
(Castellammare di Stabia, イタリア, iTelescope Mayhill近郊, 0.10-m f/5 反射望遠鏡, 
拡散状,約2'のコマを見つけた)やP. Schmeer (Bischmisheim,ドイツ)は、R. Fidrich (Budapest,
ハンガリー)がiTelescope Mayhill近郊の0.1-m 屈折望遠鏡で得た位置観測を転送した。
D. Denisenkoは、Mayhill近郊の0.51-m f/6.8 アストログラフで得た画像から2'のコマを
見つけた。また、佐藤英貴氏(東京都文京区)は、Mayhill近郊の0.10-m f/5 屈折望遠鏡と
0.25-m f/3.4 アストログラフを使用し、小望遠鏡では強い集光がある4'.1 のコマに気づい
たが尾はなかった(125".8の円形範囲で測定した全光度は10.1等であった)。大きい望遠鏡
では強い集光がある2'.7 のコマがあるが尾はなかった(83".2)の円形範囲で測定した全光度
は10.9等であった)。R. A. Kowalski は、Catalina 0.68-m Schmidt 望遠鏡で得られたイメ
ージで、この彗星が大きく全く活発な点に注目した。遊佐徹氏(宮城県大崎市)は、Mayhill
近郊の0.10-m f/5 反射望遠鏡で得た画像から拡散した1'.8-3'のコマを見出した。

測定位置は次のとおり、

     2018 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Nov.  7.5306    12 18.2       - 2 12        10.5   Machholz
           7.8227    12 19 28.06   - 2 11 14.3   12.0   Fujikawa
           7.8410    12 19 33.12   - 2 11 07.1   10     Iwamoto
           7.8417    12 19 33.39   - 2 11 06.3            "
           7.8424    12 19 33.60   - 2 11 07.6            "
           8.49829   12 22 37.56   - 2 06 09.5   13.6   Guido
           8.4999    12 22 39.91   - 2 06 14.8          Fidrich
           8.50743   12 22 40.17   - 2 06 04.9   13.6   Guido
           8.50863   12 22 40.48   - 2 06 04.5   13.0     "
           8.51340   12 22 41.85   - 2 06 01.5   13.7   Denisenko
           8.51421   12 22 42.07   - 2 06 00.9   13.7     "
           8.51500   12 22 42.30   - 2 06 00.7   13.6     "
           8.51645   12 22 42.70   - 2 06 00.0          Sato
           8.51683   12 22 42.57   - 2 05 58.7   11.7   Kowalski
           8.51730   12 22 42.99   - 2 05 58.9          Sato
           8.51876   12 22 43.36   - 2 05 58.6            "
           8.51905   12 22 43.45   - 2 05 58.5            "
           8.52075   12 22 43.98   - 2 05 58.1            "
           8.52085   12 22 43.71   - 2 05 57.9   11.3   Kowalski
           8.52108   12 22 44.04   - 2 05 57.8   13.2   Yusa
           8.52155   12 22 44.18   - 2 05 57.6   10.1   Sato
           8.52226   12 22 44.41   - 2 05 57.2   13.7   Yusa
           8.52245   12 22 44.48   - 2 05 57.2   10.9   Sato
           8.52344   12 22 44.73   - 2 05 56.5   13.7   Yusa
           8.52462   12 22 45.07   - 2 05 55.8   13.1     "
           8.52471   12 22 44.79   - 2 05 56.1   11.2   Kowalski
           8.52580   12 22 45.39   - 2 05 55.7   13.6   Yusa
           8.5326    12 22.9       - 2 05        10.0   Machholz

追加観測は、Maury, J.-B. VanssayとJ.-F. Soulier (0.4-m f/5 Ritchey-Chretien反射望遠鏡,
San Pedro de Atacama, チリ)は、11月9.35-9.37日UT、拡散状で2'.4 x 3'.5のコマが見えたが
尾はない。0'.56の範囲で測定した光度は11.5等であった。11月10.34-10.36日のフォローアップ
観測では4'.2 x 5'.2のコマとp.a. 300°に12'以上の尾が見えた。同サイズの測光による光度は
10.2等であった。11月11.35-11.37日に同様の露出で、5' x 6' のコマとp.a. 300°に13' の
尾が見えた(同サイズの測光による光度は10.1等であった)。門田健一氏(埼玉県上尾氏)の報告で
は、11月9.84日UT、0.25-m f/5 反射望遠鏡で得た画像から強い中央集光で4'.4のコマが見えた。
光度は10.3等で尾はない。
眼視による観測では、11月 9.22日UT, 9.9等, 4' (J. J. Gonzalez, Collada del Fresno, 
Sierra del Aramo, near Asturias, スペイン, 0.20-m 反射望遠鏡;恒星状に近い中央集光で光度
は約12.5等;高度17°で黄道光がある); 10.49日UT, 9.4等, 2'.5 (A. Hale, Cloudcroft,ニュー
メキシコ州, 10x50 双眼鏡)。

中野主一氏とGareth V. Williamsによる軌道要素と位置推算表は次のとおり、

     T = 2018 Dec.  3.5142 TT         Peri. =  88.8051
                                      Node  = 128.7214  2000.0
     q = 0.386827 AU                  Incl. = 143.9742

     From 313 observations Nov. 7-11.

2018 TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   Mag.
Nov. 11    12 35.75   -01 46.3    1.069    0.698    39.4    64.2   9.5
     12    12 41.75   -01 38.1    1.034    0.679    39.1    66.9   9.3
     13    12 48.25   -01 29.9    0.999    0.660    38.7    69.8   9.1
     14    12 55.31   -01 21.8    0.965    0.641    38.2    73.0   9.0
     15    13 03.00   -01 13.8    0.931    0.621    37.6    76.3   8.8
     16    13 11.39   -01 06.2    0.898    0.603    36.9    79.9   8.6
     17    13 20.55   -00 59.2    0.865    0.584    35.9    83.6   8.4
     18    13 30.58   -00 53.1    0.834    0.566    34.9    87.7   8.2
     19    13 41.53   -00 48.1    0.804    0.548    33.6    91.9   8.1
     20    13 53.50   -00 44.7    0.777    0.530    32.2    96.5   7.9
     21    14 06.54   -00 43.4    0.751    0.513    30.6   101.2   7.7
     22    14 20.68   -00 44.7    0.728    0.496    28.9   106.0   7.5
     23    14 35.92   -00 49.3    0.708    0.480    27.0   111.0   7.4
     24    14 52.21   -00 57.8    0.691    0.465    25.1   115.8   7.2
     25    15 09.42   -01 10.7    0.679    0.451    23.2   120.4   7.1
     26    15 27.37   -01 28.5    0.671    0.438    21.5   124.4   6.9
     27    15 45.79   -01 51.5    0.668    0.426    20.0   127.5   6.8
     28    16 04.37   -02 19.6    0.670    0.415    19.0   129.3   6.8
     29    16 22.76   -02 52.6    0.677    0.406    18.5   129.5   6.7
     30    16 40.62   -03 30.0    0.689    0.399    18.6   128.0   6.7
Dec.  1    16 57.66   -04 11.2    0.707    0.393    19.0   125.0   6.7
      2    17 13.63   -04 55.3    0.728    0.389    19.8   120.8   6.7
      3    17 28.37   -05 41.5    0.754    0.387    20.7   115.7   6.8
      4    17 41.82   -06 29.0    0.784    0.387    21.7   110.0   6.9
      5    17 53.96   -07 17.2    0.816    0.389    22.5   104.0   7.0
      6    18 04.82   -08 05.6    0.851    0.393    23.3    97.9   7.1
      7    18 14.50   -08 53.5    0.888    0.399    23.8    91.9   7.2
      8    18 23.09   -09 40.7    0.926    0.406    24.3    86.1   7.4

      Mag. =  10.5 + 5 log Delta + 7.5 log r


Orbital elements:
    C/2018 V1 (Machholz-Fujikawa-Iwamoto)
T 2018 Dec. 3.51776 TT                                  MPCW
q   0.3867143            (2000.0)            P               Q
                   Peri.   88.82735     +0.61786175     +0.63841605
                   Node   128.72900     +0.24470616     -0.71088133
e   1.0            Incl.  143.95908     +0.74723875     -0.29508081
From 313 observations 2018 Nov. 8-11.

Ephemeris:
    C/2018 V1 (Machholz-Fujikawa-Iwamoto)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2018 10 12    11 12 28.2 -04 12 23   2.0478  1.2682    28.8    22.3  14.6
...
2018 10 27    11 40 41.5 -03 22 18   1.5899  0.9899    36.6    36.8  13.0
...
2018 11 04    12 04 01.4 -02 38 06   1.3173  0.8353    39.3    48.8  11.8
...
2018 11 10    12 30 12.4 -01 54 19   1.1049  0.7180    39.6    61.6  10.8
2018 11 11    12 35 45.3 -01 46 16   1.0695  0.6985    39.4    64.2  10.6
2018 11 12    12 41 45.1 -01 38 07   1.0343  0.6791    39.1    66.9  10.4
...
2018 11 18    13 30 34.3 -00 53 03   0.8342  0.5656    34.9    87.7   9.1
...
2018 11 26    15 27 20.4 -01 28 29   0.6710  0.4380    21.5   124.4   7.5
...
2018 12 11    18 43 24.1 -11 55 29   1.0435  0.4375    24.7    70.1   8.5

(CBET 4569、4572、MPEC 2018-V151、oaa-comet 1464)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.