Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     「再増光の王様」という異名を持つ矮新星かに座EG星、22年の眠りから醒め、再びアウトバーストへ
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2018-10-15 4:15
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1922
オンライン
「再増光の王様」という異名を持つ矮新星かに座EG星、22年の眠りから醒め、再びアウトバーストへ

                        VSOLJニュース(354)

     「再増光の王様」という異名を持つ矮新星かに座EG星、
       22年の眠りから醒め、再びアウトバーストへ

                                                著者:木邑真理子(京都大学)
                                    連絡先:mkimura@kusastro.kyoto-u.ac.jp

    2018年10月5日、たくさんのプロ・アマチュア天文家が待ち望んでいたWZ Sge型
矮新星かに座EG星(以後EG Cnc)のおよそ22年ぶりとなるアウトバースト(突発的な
増光現象)が、ドイツのアマチュア天文家であるSchmeerさんによって発見されました。
EG Cncは、日本人天文学者の古畑正秋さんによって初めて激変星である可能性が示唆
され、その後たくさんの日本人観測家や理論家によって研究が進められた、日本に
ゆかりのある天体です。この天体の位置は

赤経  08時 43分 03.99秒
赤緯  +27度 51分 49.7秒 (2000.0年分点)

です。

  古畑さんは1977年に起こった大きな振幅を持つアウトバーストを捉えていらっ
しゃいましたが、その時は写真乾板のみで詳細な観測データはありませんでした。
しかしその後、1996年から1997年にかけて起こったアウトバーストがCCDを用いて
観測され、この天体はWZ Sge型矮新星であると同定されました。矮新星は、白色
矮星(主星)と普通の恒星(伴星)から成る近接連星系です。主星の周りには
降着円盤と呼ばれるガス円盤が形成されており、アウトバーストは、この降着円盤
が不定期に突然明るくなる現象です。WZ Sge型矮新星は矮新星の中でも大きな振幅
を持つアウトバーストのみを低頻度で起こす天体として知られ、アウトバースト中、
スーパーハンプと呼ばれる微小な光度変動が見受けられます。

  1996?1997年の観測により、EG Cncはメインのアウトバースト直後に再増光を
何度も起こす天体であることが明らかになりました。およそ一週間おきに、メイン
のアウトバーストと同程度の振幅を持つ再増光が6回も観測されたのです。再増光
はWZ Sge型矮新星に共通の特徴の一つですが、このように大きな振幅を持つ短期間
の再増光を立て続けに起こす天体は珍しく、EG Cncはその中でも最長クラスの
再増光を示す天体です。しかし、この再増光の仕組みはまだよくわかっていません。

  矮新星のアウトバーストは、降着円盤に溜まった物質が一定量を超えると一気に
主星の白色矮星に降り積もるという円盤不安定モデルで説明されます。この理論は
様々なタイプのアウトバーストを統一的に説明できますが、まだベーシックな円盤
不安定理論では理解できない現象も多く残っており、WZ Sge型矮新星の再増光も
そのような現象の一つなのです。さらに、再増光はWZ Sge型矮新星だけではなく、
いくつかのブラックホールX線新星(矮新星の主星がブラックホールに置き換わった
天体で、同じく円盤不安定によってアウトバーストを起こす)でも観測されている
ため、再増光には降着円盤を持つ天体に普遍的に作用する物理現象が関わっている
と考えることができます。したがって、このような現象のメカニズムを解明すること
は天文学的に重要で、観測から降着円盤の振る舞いの変化を探ることが求められて
います。例えば、再増光中、そしてその前後の時期のスーパーハンプの観測から、
円盤の大きさの時間変化を知ることができるかもしれません。

  VSNETやVSOLJを通した今回のアウトバーストの可視光観測はすでに始まっており、
前回のアウトバーストの時よりも質の良いデータを得ることができています。この
天体はあと一週間もすればメインのアウトバーストを終え、再増光に突入すると予想
されます。この天体の多色連続測光観測を続けることは、宇宙における様々な爆発
現象の引き金となる降着円盤をより深く理解することにつながると期待されています。
振幅の大きな現象は見ているだけでも楽しいものですが、その中に私たちがまだ知ら
ないことが隠れているかもしれないと思うと、さらに夢が広がります。EG Cncは、
そのようなワクワクする貴重な研究の機会を私たちに与えてくれることでしょう。

                                                         2018年10月14日

参考文献
vsnet-alert 22595
Huruhata (1983), IBVS, 2401
Matsumoto et al. (1998), PASJ, 50, 405-409
Patterson et al. (1998), PASP, 110, 1290-1303
Osaki et al. (1997), PASJ, 49, L19-L23
Kato et al. (2004), PASP, 56, S109-S123
Kuulkers et al. (1996), 462, L87-L90
Kato (2015), PASJ, 67, 108
Osaki (1996), PASP, 108, 39-60 

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.