Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2017 T2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-11-3 10:16
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1817
オンライン
Comet C/2017 T2 (PANSTARRS)

10月2日と10日UT、Haleakalaにある1.8-m Pan-STARRS1望遠鏡で得たCCD露出から天体を発見した
(当初は彗星と気づかなかった)。後に小惑星センターのPCCP webpage (初期投稿はNEOCP webpage)に
移された。R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所)の報告によると、10月2日または10月10日の画像は
尾として存在しているが、この彗星画像のFWHM(半値全幅)は1".7(シーイングがそれぞれ(1".0 と 
1".3で)であった。9月15日画像では彗星活動はないように見える。これらは良くないシーイング
(約2".2)で撮影された。
小惑星センターのNEOCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,10月12.57
日UT, 60秒露出10枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, 遠隔操作:強い
集光のある6" のコマはあるが"尾はない。4".9の円形範囲で測定したこの彗星のw-バンド全光度は
19.3等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.15.58688    3 36 21.45   -14 57 56.4   20.3
          15.59883    3 36 21.32   -14 57 58.3   20.2
          15.61079    3 36 21.21   -14 58 00.3   20.2
          15.62277    3 36 21.09   -14 58 02.3   20.3
     Oct.  2.52110    3 32 39.34   -15 43 31.4   19.9
           2.53268    3 32 39.15   -15 43 33.3   19.8
           2.54430    3 32 38.94   -15 43 35.0   19.9
           2.55589    3 32 38.75   -15 43 36.9   19.8
          10.53922    3 30 12.02   -16 03 19.8   19.7
          10.55237    3 30 11.74   -16 03 21.6   19.7
          10.56555    3 30 11.49   -16 03 23.4   19.6
          10.57869    3 30 11.21   -16 03 25.3   19.6          

楕円線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2017 T2 (PANSTARRS)
Epoch 2020 Apr. 21.0 TT = JDT 2458960.5
T 2020 May 6.23270 TT                                   MPCW
q   1.6171727            (2000.0)            P               Q
z  +0.0010197      Peri.   93.02125     -0.51063784     -0.40566060
 +/-0.0002754      Node    64.40477     -0.16309290     -0.81999188
e   0.9983510      Incl.   57.20018     +0.84418582     -0.40379795
From 80 observations 2017 Sept. 15-Oct. 24, mean residual 0".3.

    C/2017 T2 (PANSTARRS)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2020 May 5.92141 TT                                   MPCW
q   1.6151852            (2000.0)            P               Q
z  +0.0007575      Peri.   93.03927     -0.51087712     -0.40533119
 +/-0.0002754      Node    64.41511     -0.16337865     -0.82001065
e   0.9987766      Incl.   57.19426     +0.84398577     -0.40409053
From 80 observations 2017 Sept. 15-Oct. 24, mean residual 0".3.

Ephemeris:
    C/2017 T2 (PANSTARRS)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 09 25    03 34 33.6 -15 23 37   8.6776  9.3058   126.2     5.0  19.4
...
2017 10 10    03 30 22.7 -16 02 03   8.4440  9.1970   136.8     4.3  19.3
...
2017 10 18    03 27 33.5 -16 19 47   8.3401  9.1387   141.3     3.9  19.2
...
2017 10 24    03 25 12.9 -16 31 13   8.2727  9.0950   143.9     3.7  19.2
2017 10 25    03 24 48.5 -16 32 56   8.2624  9.0877   144.2     3.7  19.2
2017 10 26    03 24 23.8 -16 34 36   8.2524  9.0804   144.5     3.6  19.2
...
2017 11 01    03 21 51.0 -16 43 21   8.1978  9.0365   145.9     3.5  19.1
...
2017 11 09    03 18 17.5 -16 51 21   8.1402  8.9779   145.9     3.5  19.1
...
2017 11 24    03 11 25.9 -16 53 33   8.0794  8.8675   140.9     4.0  19.0

(CBET 4445、MPEC 2017-U18)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.