Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2017 S7 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-10-16 7:39
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1817
オンライン
Comet C/2017 S7 (Lemmon)

9月26日、R. G. Mathenyは。1.5-m 反射は望遠鏡で得た Mt Lemmon survey CCD画像から小惑星状天体を
発見した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、K. SarneczkyとO. Hanyecz (Konkoly天文台, Piszkesteto,
ハンガリー, 0.60-m Schmidt望遠鏡; 9月29.0日UT、フィルターなし120秒3枚スタック画像からこの天体
は近傍の恒星よりソフトでp.a. 300°に向かって小さく非対称となっている。コマは8"で尾はない。4".0
の円形範囲で測定したこの彗星のR光度は20.1等であった)や佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope
Sierra Remote天文台,0.61-m f/6.5 アストログラフ, Auberry, カリフォルニア州, 遠隔操作; 9月29.52
日、60秒露出10枚スタックでは適度な集光の10" のコマとp.a. 330°に向かって疑われるような尾がある。
5".0の円形範囲で測定したこの彗星のw-バンド全光度は20.1 等であった)やCCD位置観測者によって彗星状
と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Sept.26.46499    5 25 42.49   + 9 42 09.9   19.6   Matheny
          26.47107    5 25 42.40   + 9 42 07.8   19.7     "
          26.47717    5 25 42.31   + 9 42 05.8   19.9     "
          26.48326    5 25 42.22   + 9 42 03.6            

双曲線軌道要素と位置推算表は次のとおり

Orbital elements:
    C/2017 S7 (Lemmon)
Epoch 2017 June 16.0 TT = JDT 2457920.5
T 2017 May 27.92836 TT                                  MPCW
q   7.6141487            (2000.0)            P               Q
z  -0.0002752      Peri.  187.74976     +0.19964863     +0.53590613
 +/-0.0000199      Node   262.78691     +0.93752419     +0.13897361
e   1.0020955      Incl.  124.22083     +0.28493653     -0.83276104
From 63 observations 2016 Dec. 18-2017 Oct. 7, mean residual 0".4.

    C/2017 S7 (Lemmon)
Epoch 2017 Sept. 4.0 TT = JDT 2458000.5
T 2017 May 27.86080 TT                                  MPCW
q   7.6141284            (2000.0)            P               Q
z  -0.0002862      Peri.  187.74552     +0.19960355     +0.53595643
 +/-0.0000199      Node   262.78749     +0.93751400     +0.13903503
e   1.0021791      Incl.  124.22319     +0.28500162     -0.83271842
From 63 observations 2016 Dec. 18-2017 Oct. 7, mean residual 0".4.

Ephemeris:
    C/2017 S7 (Lemmon)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 09 08    05 28 42.7 +11 18 05   7.6932  7.6412    83.3     7.5  20.3
...
2017 09 23    05 26 31.5 +10 00 56   7.4424  7.6497    98.2     7.5  20.2
...
2017 10 01    05 24 27.4 +09 17 10   7.3131  7.6547   106.3     7.2  20.2
...
2017 10 07    05 22 28.9 +08 43 20   7.2206  7.6586   112.5     6.9  20.1
2017 10 08    05 22 07.1 +08 37 38   7.2056  7.6593   113.5     6.9  20.1
2017 10 09    05 21 44.6 +08 31 54   7.1908  7.6599   114.6     6.8  20.1
...
2017 10 15    05 19 17.4 +07 57 09   7.1055  7.6641   120.8     6.4  20.1
...
2017 10 23    05 15 28.3 +07 10 07   7.0028  7.6700   129.2     5.8  20.1
...
2017 11 07    05 06 48.6 +05 41 36   6.8536  7.6818   144.5     4.3  20.0

(CBET 4438、MPEC 2017-T38)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.