Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2017 F1 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2017-4-20 2:57
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 1817
オンライン
Comet C/2017 F1 (Lemmon)

G. J. Leonardが、3月20日、Tucson近郊にあるMt Lemmonの1.5-m反射望遠鏡によって得たCCDサーベイ
画像から、外見上小惑星状天体が見つかった。
W. H. Ryanと E. V. Ryanは、3月5.3日、Magdalena Ridge天文台の2.4-m f/8.9 反射望遠鏡で得たG-
バンド画像から、3月22.2日UT、非常に暗く、p.a.約135°に短い尾がある。測定した光度は20.5-20.9等
であった。
佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,0.51-m f/6.8 アストログラフ+輝度フィルター, Mayhill
近郊, ニューメキシコ州、遠隔操作)によると3月23.23日, 60秒露出20枚のスタックで、この天体は付近
の恒星よりソフトだが、コマは不確かで尾は見られない。4".9の円形範囲で測定したこの彗星のw-バンド
光度は21.6等であった。
G. FaveroとR. Furgoniによると、3月27.8日、Osservatorio del Celado (Castello Tesino, イタリア)の
0.80-m f/4 反射望遠鏡で得た120秒18枚スタック画像から、拡散し、p.a. 約290°に向かって明確に
伸びている。

発見位置は次のとおり、

     2017 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Mar. 20.19190    8 42 49.50   +37 01 41.8   21.7   Leonard
          20.19616    8 42 49.11   +37 01 43.7   21.7     "
          20.20041    8 42 48.84   +37 01 44.6   20.7     "
          20.20467    8 42 48.42   +37 01 45.3   21.0     "
          20.32004    8 42 39.86   +37 02 17.4   21.2     "
          20.33129    8 42 39.02   +37 02 20.0   22.0     "
          20.34323    8 42 38.06   +37 02 22.7            "
          20.35464    8 42 37.14   +37 02 25.4            "
          21.15450    8 41 38.69   +37 05 56.9   21.4     "
          21.16637    8 41 37.93   +37 06 00.4            "
          21.22218    8 41 33.75   +37 06 14.8            "
          21.23434    8 41 32.97   +37 06 18.7   21.6     "
          21.24634    8 41 32.13   +37 06 21.7            "

逆行の暫定放物線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2017 F1 (Lemmon)
T 2017 Nov. 26.78810 TT                                 MPCW
q   4.5173873            (2000.0)            P               Q
                   Peri.   64.10787     -0.13517450     +0.97041697
                   Node   158.75383     +0.58907760     -0.08363092
e   1.0            Incl.  146.49273     +0.79669030     +0.22648792
From 56 observations 2017 Mar. 20-Apr. 1.

Ephemeris:
    C/2017 F1 (Lemmon)
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r     Elong.  Phase   m1
2017 03 03    09 06 26.0 +35 17 48   4.1847  5.0055   142.3     7.0  20.6
...
2017 03 18    08 45 34.4 +36 51 25   4.3248  4.9557   124.4     9.5  20.6
...
2017 03 26    08 35 59.8 +37 25 11   4.4242  4.9300   115.0    10.6  20.7
...
2017 04 01    08 29 40.9 +37 44 17   4.5069  4.9111   108.2    11.1  20.7
2017 04 02    08 28 42.3 +37 47 01   4.5212  4.9080   107.0    11.2  20.7
2017 04 03    08 27 45.0 +37 49 37   4.5356  4.9050   105.9    11.3  20.7
...
2017 04 09    08 22 28.9 +38 02 55   4.6243  4.8866    99.3    11.7  20.7
...
2017 04 17    08 16 40.6 +38 15 21   4.7464  4.8628    90.7    11.9  20.8
...
2017 05 02    08 09 22.1 +38 27 23   4.9754  4.8199    75.3    11.7  20.8

(CBET 4380、MPEC 2017-G06)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999-2013 Tsutomu Seki.