Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2023 E1 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2023-3-24 9:54
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2463
オンライン
Comet C/2023 E1 (ATLAS)

3月1日UT、南アフリカ Sutherlandにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid 
Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m f/2 
Schmidt反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が発見された。
小惑星センターのP.Veresは、チリのRio Hurtado にあるATLAS 0.5-m 反射望遠鏡により
得た2月26日のCCD画像と小惑星センターの"isolated tracklet file"から小惑星状の天体
とリンクし、長楕円軌道を小惑星センターのPCCP webpageに公表した。
R. Weryk (西オンタリオ大学)によると、1月22日, Pan-STARRS2の3枚の45-秒w-バンド
サーベイ画像では、この天体は1".7以上のシーイングで、1".8の大きさで、明瞭なコマも
尾も見えなかった。
A. Valvasori (Padulle, イタリア)によると、3月4.94日UT、E. Guidoと彼は、Padulleの
ALMO天文台の0.30-m f/4反射望遠鏡で得た90枚スタック、 60-秒フィルターなし露出では、
18.7-19.3等の約5"のコマが見えた。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
P87  2023-03-05  K. Yoshimoto      22"                           20x90s
G18  2023-03-04  A. Valvasori       5"                           90x60s
X02  2023-03-10  E. Bryssinck       5".5                         20x60s

発見位置は次のとおり、

     2023 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb. 26.26723   12 49 54.91   + 8 41 37.5   19.3
          26.27039   12 49 54.92   + 8 41 43.1   19.3
          26.30281   12 49 55.14   + 8 42 33.9   19.1
          26.32699   12 49 55.42   + 8 43 17.2   19.5
     Mar.  1.00405   12 50 19.82   +10 00 21.7   18.8
           1.00630   12 50 19.79   +10 00 25.6   19.0
           1.00946   12 50 19.76   +10 00 30.3   18.4
           1.01489   12 50 19.82   +10 00 40.3   18.8

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2023 E1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 July 1.10664 TT                                  Rudenko                 
q   1.0265887            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01157792     Peri.  105.89416     +0.06328926     +0.98427822             
a  19.3515455      Node   164.57533     -0.97142816     +0.02288770             
e   0.9469506      Incl.   38.31458     +0.22873957     -0.17513578             
P  85.1                                                                         
From 115 observations 2022 Dec. 25-2023 Mar. 12, mean residual 0".5.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2023 02 10    12 44 14.9 +02 47 41   1.5483  2.3202   131.2    18.7  20.1
...
2023 02 25    12 49 39.9 +08 07 06   1.2580  2.1485   145.6    15.1  19.3
...
2023 03 05    12 50 37.2 +12 06 08   1.1265  2.0564   152.2    13.0  18.9
...
2023 03 11    12 50 18.9 +15 40 12   1.0404  1.9873   155.5    12.0  18.6
2023 03 12    12 50 10.3 +16 18 48   1.0272  1.9758   155.8    11.9  18.5
2023 03 13    12 50 00.2 +16 58 13   1.0143  1.9642   156.0    11.9  18.5
...
2023 03 19    12 48 24.7 +21 11 06   0.9441  1.8952   155.5    12.6  18.2
...
2023 03 27    12 44 44.6 +27 25 04   0.8701  1.8033   149.8    16.2  17.8
...
2023 04 11    12 33 44.1 +39 51 44   0.7894  1.6332   131.1    27.5  17.1

(MPEC 2023-E59、CBET 5233)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.