Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2017 S9 = 2011 Q5 = 2022 R7 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-12-30 22:35
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2377
オンライン
Comet P/2017 S9 = 2011 Q5 = 2022 R7 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、8月6日、Haleakalaに
あるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡と、9月2日、Pan-STARRS1の1.8-m 
Ritchey-Chretien 反射望遠鏡得た画像からP/2017 S9 (CBET 4448を参照)を検出した。
Werykは、2011年のPan-STARRS1による画像も同定した。どのような活動も確実に見分ける
には不十分であった。
NK 4285の中野主一氏の予報に対する修正値は、Delta(T) = -0.69 dayであった。
MPC 107050のG. V. Williamsの予報に対する修正値は、Delta(T) = -1.60 daysであった。
彗星年表2021,2022の佐藤裕久の軌道要素の修正値は、Delta(T) = -0.63 dayであった。

検出位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Aug.  6.36410   21 43 29.67   -10 57 59.6   22.3
           6.37554   21 43 29.21   -10 58 06.2   22.6
           6.38699   21 43 28.73   -10 58 12.5   22.6
           6.39851   21 43 28.27   -10 58 19.5   21.9
     Sept. 2.37185   21 25 10.10   -15 35 14.2   22.7
           2.38285   21 25 09.68   -15 35 20.5   22.1
           2.39384   21 25 09.27   -15 35 27.1   22.7
           2.40490   21 25 08.85   -15 35 33.7   23.1

同定位置は次のとおり、

     2011 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Aug. 21.55796   23 56 12.38   - 8 27 29.6   23.1
          21.56879   23 56 12.27   - 8 27 36.3   23.0
          23.49537   23 55 49.76   - 8 49 23.7   21.5
          23.51815   23 55 49.41   - 8 49 39.1   21.9
          27.50761   23 54 46.58   - 9 36 30.6   22.2
          27.52155   23 54 46.28   - 9 36 41.1   22.0
          27.53550   23 54 45.97   - 9 36 51.2   22.2
          27.54952   23 54 45.66   - 9 37 01.0   21.4
          28.49131   23 54 27.95   - 9 48 22.2   21.0
          28.50126   23 54 27.74   - 9 48 30.0   21.2
     Sept. 7.50278   23 50 18.07   -11 53 01.5   22.2
           7.51501   23 50 17.68   -11 53 10.5   22.0

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2017 S9 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 Feb. 25.46880 TT                                 Rudenko                 
q   2.1916917            (2000.0)            P               Q                  
n   0.17585347     Peri.  237.56550     +0.90094774     -0.41211090             
a   3.1552619      Node   146.20506     +0.43232523     +0.87937271             
e   0.3053852      Incl.   14.13774     -0.03725667     +0.23847062             
P   5.60                                                                        
From 79 observations 2011 Aug. 21-2022 Sept. 2, mean residual 0".4.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 11 17    21 51 33.4 -19 33 13   2.0727  2.2827    89.1    25.7  22.2
...
2022 12 02    22 12 07.6 -18 22 37   2.2281  2.2583    79.0    25.4  22.3
...
2022 12 10    22 24 19.9 -17 32 35   2.3093  2.2468    74.0    24.9  22.3
...
2022 12 16    22 33 56.4 -16 49 58   2.3690  2.2387    70.3    24.5  22.4
2022 12 17    22 35 34.5 -16 42 27   2.3788  2.2375    69.7    24.4  22.4
2022 12 18    22 37 13.2 -16 34 50   2.3886  2.2362    69.1    24.3  22.4
...
2022 12 24    22 47 16.3 -15 46 52   2.4467  2.2290    65.6    23.7  22.4
...
2023 01 01    23 01 06.9 -14 37 16   2.5216  2.2203    61.1    22.8  22.5
...
2023 01 16    23 28 08.3 -12 12 00   2.6539  2.2070    53.0    20.9  22.6

(MPEC 2022-Y14、CBET 5200、oaa-comet 4191)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.