Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 U5 = P/2013 W3 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-12-2 14:02
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2377
オンライン
Comet P/2022 U5 = P/2013 W3 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、10月28日、Haleakalaに
あるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。
Werykはまた、2013年11月25日から2014年1月の5夜に得た彗星の13枚の画像(当時は明らかに
小惑星状)を同定した。
Werykによると、R. Wainscoatと彼が、2022年11月23.5日UT、Maunakeaにある3.6-m Canada-
France-Hawaii 望遠鏡で得た60秒間のgri-バンドフォローアップ画像では、0".6のシーイング
で、集光した頭部は、0".9(半値全幅:FWHM)で、中心はp.a. 270°に向かって8"の非常にハッ
キリした尾があった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、 佐藤英貴氏(東京都文京区,11月2.5日UT, 120-秒露
出16枚のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 米国, 
遠隔操作:強く集光した6"の外側のコマが見え、p.a. 270°に向かって10"の尾がある。5".7の
円形範囲で測定した光度は20.1等であった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
H06  2022-11-02  H. Sato            6"       10"    270          16x120s
T14  2022-11-23  R. Weryk           0".3      8"    255-285       3x60s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct. 28.59153    8 19 10.59   +35 19 32.4   21.2
          28.60354    8 19 11.35   +35 19 36.7   21.0
          28.61556    8 19 12.16   +35 19 41.1   20.9
          28.62759    8 19 12.96   +35 19 45.4   21.4

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2022 U5 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2022 July 26.01695 TT                                 Rudenko                 
q   2.6857737            (2000.0)            P               Q                  
n   0.11428549     Peri.   20.00001     +0.28226245     -0.91870556             
a   4.2054129      Node    54.58772     +0.82761255     +0.08756840             
e   0.3613531      Incl.   19.81244     +0.48516531     +0.38511281             
P   8.62                                                                        
From 78 observations 2013 Nov. 25-2022 Nov. 24, mean residual 0".3.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 10 29    08 19 37.5 +35 21 55   2.4626  2.7510    96.1    21.0  20.4
...
2022 11 13    08 33 47.1 +37 01 53   2.3030  2.7726   107.9    19.9  20.2
...
2022 11 21    08 39 10.5 +38 05 17   2.2249  2.7853   114.6    18.8  20.2
...
2022 11 27    08 42 04.6 +38 57 20   2.1710  2.7953   119.8    17.8  20.1
2022 11 28    08 42 27.5 +39 06 21   2.1624  2.7970   120.6    17.7  20.1
2022 11 29    08 42 48.6 +39 15 27   2.1540  2.7987   121.5    17.5  20.1
...
2022 12 05    08 44 17.4 +40 11 47   2.1067  2.8092   126.7    16.3  20.1
...
2022 12 13    08 44 30.4 +41 30 08   2.0529  2.8239   133.7    14.6  20.1
...
2022 12 28    08 39 23.2 +43 56 25   1.9863  2.8534   145.7    11.2  20.0

(MPEC 2022-W234、CBET 5197)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.