Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 U4 (Bok)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-12-2 14:01
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2377
オンライン
Comet C/2022 U4 (Bok)

10月26日、小惑星状天体が、Kitt PeakにあるBok 2.25-m 反射望遠鏡で得た"Bok NEO サーベイ"の
一環で、地球近傍天体「候補」として発見された。
G. J. Leonardの報告によると、10月27.5日UT、Mt Lemmonにある、Steward天文台の1-m 反射望遠鏡
で得たCCD観測では、強く集光した約6"と小さなコマと、p.a. 300°方向に約3"短い尾か、非対称
が見える。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)は、
2022年1月7.45日UT(22.7等)〜3月7.24日(23.2等)までのその間の7日間に、HaleakalaのPan-STARRS2 
1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た彗星の画像に、発見前の画像が多数あることがわかった。
(最も明るい報告された光度は21.9等) 彗星状では検出されず。
佐藤英貴氏(東京都文京区)は、10月28.54日UT、0.61-m f/6.5 アストログラフ (Sierra Remote 天文
台, Auberry近郊, CA, 米国, 遠隔操作)60-秒露出12枚のスタックで観測したが恒星状にしか見えず、
3".8の円形範囲で測定した光度は19.8等であった。
M. T. Read (アリゾナ大学)によると、11月16.5日、Kitt PeakにあるSpacewatch 0.9-m f/3 反射望
遠鏡のCCD露出から、2".6のシーイングで、p.a. 330°に10"の尾が見えた。この天体のr光度は19.1-
19.7等であった。

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct. 26.48253   11 20 23.36   +23 33 41.0   20.2
          26.48745   11 20 23.73   +23 33 41.6   20.3
          26.49236   11 20 24.07   +23 33 42.0   20.0
          26.49726   11 20 24.44   +23 33 42.9   20.0

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 U4 (Bok)                                                             
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 Aug. 3.68983 TT                                  Rudenko                 
q   2.8983712            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0002855      Peri.   89.00874     -0.46212646     +0.67321533             
 +/-0.0000113      Node   132.93039     -0.68630021     -0.68373886             
e   0.9991726      Incl.   52.03627     +0.56163259     -0.28157111             
From 70 observations 2022 Jan. 7-Nov. 22, mean residual 0".4.                   
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 10 25    11 18 34.7 +23 31 04   4.5341  4.0052    52.4    11.3  19.8
...
2022 11 09    11 36 50.6 +24 07 38   4.2542  3.9104    63.3    13.1  19.6
...
2022 11 17    11 46 31.5 +24 37 26   4.0997  3.8606    69.2    13.9  19.4
...
2022 11 23    11 53 43.8 +25 05 20   3.9825  3.8237    73.6    14.4  19.3
2022 11 24    11 54 55.5 +25 10 29   3.9629  3.8176    74.4    14.4  19.3
2022 11 25    11 56 07.0 +25 15 47   3.9433  3.8115    75.1    14.5  19.3
...
2022 12 01    12 03 13.2 +25 50 50   3.8260  3.7751    79.6    14.9  19.2
...
2022 12 09    12 12 31.7 +26 46 43   3.6708  3.7272    85.6    15.3  19.0
...
2022 12 24    12 29 17.4 +29 02 46   3.3896  3.6395    96.8    15.6  18.8

(MPEC 2022-W158、CBET 5195)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.