Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 V1 = P/2010 BN109 (WISE-Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-12-2 14:00
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2377
オンライン
Comet P/2022 V1 = P/2010 BN109 (WISE-Lemmon)

11月1日、Mt Lemmon サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が発見された。
佐藤英貴氏(東京都文京区,11月2.37日UT, 60-秒露出12枚のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログ
ラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 米国, 遠隔操作:強く集光した8"の外側のコマが見える
が尾はない。5".7の円形範囲で測定した光度は19.0等であった)らCCD観測者によって彗星状と観
測された。
中野主一氏(中央局)は、この天体を、明らかに未知の明るい小惑星状天体と同定した。
この天体は、2010年1月28-30日、地球周回衛星 Wide-field Infrared Survey Explorer (WISE:
広域赤外線探査衛星、IAUC 9118を参照)の赤外線画像から見つけられ、MPS 343780で発表された
ときは、小惑星符号 2010 BN109と命名されていた。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
G00  2022-11-02  M. Jaeger         7"       20"    245-290      25x120s
204  2022-11-04  A. Aletti         6"        5"    270         170x60s
B96  2022-11-13  E. Bryssinck     11"        9"    249          25x120s
T08  2022-11-22  A. Fitzsimmons   10"                            4x30s

Mt Lemmon サーベイの発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Nov.  1.33158    5 48 34.26   +42 04 20.4   19.3
           1.33675    5 48 34.23   +42 04 24.7   19.7
           1.34191    5 48 34.34   +42 04 30.7   19.1
           1.34707    5 48 34.40   +42 04 35.7   19.3
           1.37943    5 48 34.69   +42 05 06.5
           1.38472    5 48 34.75   +42 05 13.8   19.3
           1.39009    5 48 34.75   +42 05 19.1   19.2
           1.39549    5 48 34.88   +42 05 24.6   19.8

WISEの発見位置は次のとおり、

     2010 UT             R.A. (2000) Decl.
     Jan. 28.89310    2 26 39.71   +28 18 51.7
          29.02541    2 26 45.51   +28 19 45.8
          29.35623    2 26 59.33   +28 22 10.7
          29.55475    2 27 07.86   +28 23 35.7
          29.88558    2 27 22.18   +28 25 58.4
          30.01801    2 27 27.68   +28 26 50.8

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2022 V1 (WISE-Lemmon)                                                     
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 Mar. 3.03159 TT                                  Rudenko                 
q   2.2784438            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07731151     Peri.   70.83032     -0.33196583     -0.89098746             
a   5.4572426      Node    42.89723     +0.59942074     -0.45279405             
e   0.5824917      Incl.   27.06777     +0.72834982     -0.03344992             
P  12.7                                                                         
From 150 observations 2022 Oct. 7-Nov. 23, mean residual 0".5.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 10 24    05 45 57.7 +39 49 44   1.8691  2.5355   121.5    19.5  19.4
...
2022 11 08    05 49 01.4 +43 56 39   1.6945  2.4832   133.5    16.8  19.1
...
2022 11 16    05 47 25.3 +46 14 06   1.6194  2.4573   139.5    15.1  19.0
...
2022 11 22    05 44 33.6 +47 56 28   1.5725  2.4388   143.6    13.9  18.9
2022 11 23    05 43 56.5 +48 13 16   1.5655  2.4358   144.2    13.7  18.8
2022 11 24    05 43 17.0 +48 29 57   1.5587  2.4329   144.8    13.5  18.8
...
2022 11 30    05 38 31.2 +50 07 03   1.5233  2.4155   147.8    12.6  18.7
...
2022 12 08    05 30 12.9 +52 04 45   1.4900  2.3938   149.9    11.9  18.7
...
2022 12 23    05 11 01.8 +54 50 34   1.4703  2.3577   147.1    13.1  18.6

(MPEC 2022-W148、CBET 5193) 

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.