Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2020 MK4 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-12-2 13:59
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2377
オンライン
Comet P/2020 MK4 (PANSTARRS)

2020年6月24日、ハワイ HaleakalaにあるPan-STARRS1の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で
得た画像から小惑星状天体が発見された。
MPEC 2020-N36で、小惑星符号 2020 MK4とつけられていたが、2020年の後半にCCD位置観測者に
よって彗星状に見えることがわかった。
佐藤英貴氏(東京都文京区、2020年7月12.6日UT, オーストラリア NSW Siding Springにある
0.51-m  f/6.8 アストログラフの遠隔操作で、60-秒露出8枚のスタックでは、恒星状にしか見え
なかったが、2020年8月24.5日には、強く集光した頭部と8"の外側のコマがあり、尾はなかった。
2020年9月8.4日、60-秒露出9枚のスタックでは、強く集光した12"のコマが見えたが、尾はない。
6".5の円形範囲で測定した光度は18.8等であった)やE. Guido (Castellammare di Stabia, イタ
リア, 2020年10月11.1日UT, フィルターなし, 180-秒露出20枚のスタック, "Telescope Live" 
0.61-m f/6.5アストログラフ, El Sauce, チリ, 遠隔操作: 拡散した約7" コマが見え、p.a. 
150°に向かって伸びている、光度は19.4-19.9)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
X02  2022-10-11  E. Guido           7"                         20x180s
W84  2021-09-02  S. Sheppard       10"      17"     230-270     2x500s
G37  2022-09-24  W. Romanishin     10"
G37  2022-10-29  W. Romanishin     10"

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     June 15.53011   20 16 13.71   -27 05 45.3   21.1
          15.56110   20 16 13.13   -27 05 47.9   21.4
          20.53009   20 14 32.80   -27 13 26.6   20.4
          20.54043   20 14 32.57   -27 13 27.6   20.6
          20.55078   20 14 32.35   -27 13 28.7   20.8
          20.56110   20 14 32.11   -27 13 29.6   20.4
          24.50357   20 13 03.55   -27 19 36.7   19.8
          24.51408   20 13 03.31   -27 19 37.5   19.9
          24.52456   20 13 03.05   -27 19 38.6   19.9

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2020 MK4 (PANSTARRS)                                                      
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2028 May 21.33403 TT                                  Rudenko                 
q   6.1172128            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06402567     Peri.  119.25524     -0.49930449     -0.86642536             
a   6.1882323      Node     0.70376     +0.74810217     -0.43196369             
e   0.0114765      Incl.    6.80877     +0.43707914     -0.25042856             
P  15.4                                                                         
From 149 observations 2020 June 15-2022 Oct. 29, mean residual 0".5.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 10 21    22 55 59.8 -08 35 35   5.4943  6.2347   134.7     6.5  19.6
...
2022 11 05    22 53 45.9 -08 37 46   5.6897  6.2338   119.2     8.0  19.7
...
2022 11 13    22 53 29.9 -08 33 22   5.8076  6.2332   111.1     8.5  19.8
...
2022 11 19    22 53 43.6 -08 27 32   5.9005  6.2328   105.2     8.8  19.8
2022 11 20    22 53 48.0 -08 26 21   5.9163  6.2328   104.2     8.8  19.8
2022 11 21    22 53 53.0 -08 25 06   5.9321  6.2327   103.2     8.9  19.8
...
2022 11 27    22 54 36.0 -08 16 25   6.0284  6.2323    97.4     9.0  19.8
...
2022 12 05    22 56 06.2 -08 01 38   6.1584  6.2318    89.7     9.1  19.9
...
2022 12 20    23 00 29.2 -07 24 46   6.4003  6.2307    75.7     8.8  20.0

(MPEC 2022-W78、CBET 5191)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.