Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2003 CC22 = P/2022 B5 (Sheppard-Jewitt)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-11-7 22:35
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2376
オンライン
Comet P/2003 CC22 = P/2022 B5 (Sheppard-Jewitt)

2003年3月2日、Scott SheppardとDavid Jewittは、Maunakeaにある3.6-m Canada-France-
Hawaii望遠鏡で新しい木星衛星を捜索で発見した小惑星状天体(当初は木星の新衛星と考え
られていた)が、2022年の観測で、彗星状であることがわかった。
MPEC 2003-G16に、この天体は小惑星符号 2003 CC22とつけられていた。
M. Holmanらは、2003年2月2日と4日(R光度23.2等)、Kitt Peakの4-m反射望遠鏡による発見
前のCCD観測がある。
M. S. P. Kelley, J. BauerとQ. Ye (メリーランド大学)とD. Bodewits (オーバーン大学)
は、Zwicky Transient Facility (ZTF)パートナーシップの代表として、2022年9月17-27日UT、
Palomarの1.2-m Samuel Oschin Schmidt望遠鏡で得た、小惑星2003 CC22のZTFサーベイ
データを報告した。
9月27日UT、8"のコマとp.a. 280°にまっすぐな15"の尾があることがわかった。また、2022年
2月までのZTFの保存画像の半値全幅(FWHM)を見ると近傍のより恒星やや大きなFWHMを示して
いる
佐藤英貴氏 (東京都文京区)は、10月26.5日UT、0.43-m f/6.8 アストログラフ (Mayhill近郊, 
ニューメキシコ州, 米国, 遠隔操作)による120-秒露出5枚のスタックでは、中程度に集光した
6"×12"の細長いコマが見え、p.a. 280-340°の範囲に25"の扇型の尾がある。7".6の円形範囲
で測定した光度は18.9等であった。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
215  2022-10-06  W. Hasubick                24"     305
H06  2022-10-26  H. Sato             12"    25"     280-340      5x120s
G37  2022-10-27  Q.-Z. Ye            10"    120"    280-300

発見位置は次のとおり、

     2003 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Feb.  8.34332    8 56 08.02   +18 38 34.8   22.8   Sheppard
           8.36322    8 56 07.37   +18 38 38.5            "
          10.49016    8 55 02.72   +18 45 20.3            "
          10.49778    8 55 02.51   +18 45 21.8            "
          23.47832    8 48 59.84   +19 22 37.8   21.9     "
          23.48656    8 48 59.64   +19 22 38.9            "
          26.38863    8 47 49.56   +19 29 54.9   22.2     "
          26.41172    8 47 48.99   +19 29 58.4            "
     Mar.  2.52726    8 46 18.67   +19 39 28.2   21.9     "
           2.53291    8 46 18.54   +19 39 28.9            "
           3.48492    8 45 59.36   +19 41 32.7   21.8     "
           3.49086    8 45 59.22   +19 41 33.5            "
     Apr.  3.32985    8 42 35.25   +20 16 06.9   21.6     "
           3.40912    8 42 35.79   +20 16 06.8            "
     July  2.25985    9 42 49.49   +16 27 14.2            "
           2.26315    9 42 49.68   +16 27 12.8            "

ZTFによる観測位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb. 19.15143    6 30 45.65   +21 03 36.8   19.0
     Apr.  5.20708    6 39 46.61   +21 45 44.1   18.6
          14.15879    6 44 54.93   +21 49 11.1   18.5
          24.17484    6 51 43.76   +21 50 27.3   18.6
          26.20541    6 53 14.19   +21 50 21.0   18.3

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2003 CC22 (Sheppard-Jewitt)                                               
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2023 Apr. 25.92469 TT                                 Rudenko                 
q   4.1779479            (2000.0)            P               Q                  
n   0.05007481     Peri.   37.08207     -0.94113445     -0.32496703             
a   7.2899265      Node   123.70175     +0.27706882     -0.89931511             
e   0.4268875      Incl.    6.42334     +0.19364612     -0.29262392             
P  19.7                                                                         
From 160 observations 2003 Feb. 2-2022 Oct. 27, mean residual 0".8.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 10 03    09 41 52.1 +14 47 03   4.9505  4.3253    46.7     9.7  18.8
...
2022 10 18    09 56 00.1 +13 48 39   4.7506  4.3050    57.9    11.3  18.7
...
2022 10 26    10 02 56.7 +13 19 58   4.6344  4.2948    64.1    12.0  18.7
...
2022 11 01    10 07 49.9 +13 00 02   4.5436  4.2874    68.9    12.5  18.6
2022 11 02    10 08 37.0 +12 56 52   4.5283  4.2862    69.7    12.5  18.6
2022 11 03    10 09 23.7 +12 53 45   4.5128  4.2850    70.5    12.6  18.6
...
2022 11 09    10 13 52.4 +12 36 02   4.4190  4.2779    75.4    12.9  18.5
...
2022 11 17    10 19 19.0 +12 15 27   4.2913  4.2688    82.1    13.3  18.5
...
2022 12 02    10 27 39.8 +11 48 15   4.0492  4.2528    95.2    13.4  18.3

(MPEC 2022-V36、CBET 5186)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.