Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 S5 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-11-7 22:34
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2376
オンライン
Comet C/2022 S5 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、9月24日、Haleakalaに
あるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡 で得た画像から彗星を発見した。
Weryk と R. Wainscoat は、9月28.55日UT、Maunakeaにある3.6-m Canada-France-Hawaii望
遠鏡(CFHT)で得た3枚の60-秒gri-バンドフォローアップ画像から、0".8のシーイングで、0".8
(半値全幅:FWHM)の非常に集光した頭部と幅の広い、非常に短い尾(端から見ている可能性も
ある)があり、p.a. 200-320°の範囲で天体と一緒に動いている。
10月29.3日、シーイングが悪い(1".6〜1".8)で3枚の60-秒フォローアップCFHT露出では、この
彗星の頭部は、恒星像と似た感じだが、低表面輝度の尾がp.a.70°方向に7"ほど伸びているよ
うであった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区)は、10月1.14日、チリ
Rio Hurtadoにある0.51-m f/6.8 アストログラフ(遠隔操作)で得た15-秒露出24枚のスタック
では、恒星状にしか見えない。2".9の円形範囲で測定した光度は19.6等であった。

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.24.50473    2 20 23.43   -17 54 35.5   19.5
          24.51553    2 20 21.37   -17 55 12.5   19.5
          24.52637    2 20 19.31   -17 55 49.8   19.7
          24.53714    2 20 17.26   -17 56 26.7   19.9
          24.59254    2 20 06.68   -17 59 36.6   19.4
          24.59335    2 20 06.53   -17 59 39.4   19.2

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 S5 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 Nov. 27.47759 TT                                 Rudenko                 
q   2.1786947            (2000.0)            P               Q                  
n   0.01065662     Peri.  232.78095     +0.82662045     -0.40261617             
a  20.4513973      Node   214.85432     +0.09998879     -0.58249036             
e   0.8934696      Incl.  136.52741     -0.55380581     -0.70611982             
P  92.5                                                                         
From 92 observations 2022 Aug. 12-Oct. 29, mean residual 0".5.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 10 02    01 54 07.1 -25 06 16   1.3703  2.2652   145.1    14.6  19.2
...
2022 10 17    00 47 59.7 -37 28 37   1.4266  2.2260   132.6    19.2  19.2
...
2022 10 25    00 10 30.9 -41 43 59   1.5254  2.2097   121.1    22.7  19.4
...
2022 10 31    23 44 20.7 -43 47 41   1.6218  2.1996   112.3    24.7  19.5
2022 11 01    23 40 14.9 -44 03 24   1.6393  2.1982   110.9    25.0  19.5
2022 11 02    23 36 14.3 -44 17 51   1.6572  2.1967   109.4    25.2  19.5
...
2022 11 08    23 14 08.6 -45 21 26   1.7704  2.1893   101.1    26.4  19.6
...
2022 11 16    22 50 09.0 -45 59 29   1.9321  2.1824    90.8    26.9  19.8
...
2022 12 01    22 20 28.8 -45 54 30   2.2429  2.1791    73.5    25.7  20.1

(MPEC 2022-V02、CBET 5185)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.