Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 S1 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-10-12 10:21
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2370
オンライン
Comet P/2022 S1 (PANSTARRS)

Yudish Ramanjooloo (ハワイ大学天文研究所)の通報によると、9月23日UT、Haleakalaにある
Pan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た3枚の45秒w-バンド画像から彗星を
発見した。
1".1-1".2のシーイングで1".8(半値全幅:FWHM)の拡散したコマが見えるが、尾はなかった。
R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の報告では、9月26.62日UT、R. Wainscoat
と共同で、Maunakeaにある3.6-m Canada-France-Hawaii望遠鏡で得た3枚の60秒gri-バンドフォ
ローアップ画像から、0".5のシーイングで、0".8(FWHM)の集光したコマと、p.a. 260-300°に
3" の広い尾が見える。
Werykは、また9月14.6日、HaleakalaにあるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡
で得た発見前の観測(20.5-21.0等)も確認した。
佐藤英貴氏(東京都文京区,9月30.4日, 120-秒露出6枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストロ
グラフ, Rio Hurtado, チリ, 遠隔操作: 強く集光した5"のコマが見えるが、尾はない。2".9の
円形範囲で測定した光度は19.9等であった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
568  2022-09-26  R. Weryk           0".3     3"     260-300     3x60s
F51  2022-09-29  Y. Ramanjooloo     1".8     4"     300-345     
W76  2022-09-30  H. Sato            5"                          6x120s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.14.57170    4 43 46.64   -17 58 10.2   20.4
          14.58343    4 43 47.07   -17 58 16.1   21.0
          23.59714    4 48 45.74   -19 14 00.9   20.5
          23.60819    4 48 46.03   -19 14 06.7   20.4
          23.63006    4 48 46.60   -19 14 17.9   20.7

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2022 S1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 Aug. 19.06510 TT                                 Rudenko                 
q   3.1509285            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06077072     Peri.  262.73758     +0.65754355     -0.64238874             
a   6.4072716      Node   136.08404     +0.68329246     +0.72859066             
e   0.5082262      Incl.   34.58078     -0.31740808     +0.23768119             
P  16.2                                                                         
From 37 observations 2022 Sept. 14-Oct. 3, mean residual 0".2.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 09 06    04 37 37.2 -16 49 19   2.8727  3.1534    96.7    18.5  20.3
...
2022 09 21    04 47 29.6 -18 51 56   2.7399  3.1591   105.4    17.8  20.2
...
2022 09 29    04 50 56.9 -19 59 56   2.6759  3.1636   110.1    17.3  20.1
...
2022 10 05    04 52 38.5 -20 50 24   2.6319  3.1675   113.6    16.8  20.1
2022 10 06    04 52 50.9 -20 58 40   2.6249  3.1682   114.1    16.7  20.1
2022 10 07    04 53 01.9 -21 06 54   2.6181  3.1690   114.7    16.7  20.1
...
2022 10 13    04 53 40.2 -21 54 52   2.5793  3.1736   118.1    16.1  20.1
...
2022 10 21    04 53 16.7 -22 53 37   2.5347  3.1807   122.3    15.3  20.0
...
2022 11 05    04 48 56.0 -24 17 09   2.4764  3.1963   129.1    13.9  20.0

(MPEC 2022-T89、CBET 5176)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.