Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2020 S6 = 1987 A2 = 2013 Y3 (Leonard)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-10-11 23:05
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2371
オンライン
Comet P/2020 S6 = 1987 A2 = 2013 Y3 (Leonard)

Maik Meyer (Limburg, ドイツ)は、P/2020 S6 (CBET 4868参照)をX/1987 A2と同定することを
提案した。この彗星 X/1987 A2は1987年1月5日、Siding Springの1.2-m Schmidt望遠鏡で得た
1枚のプレートに痕跡があり、Malcolm Hartleyによって発見された(その数ヶ月後にRobert H. 
McNaughtトによって報告された。IAUC 4355を参照)。2'の尾があった。Meyerが1987年に再測定
した。
Sam Deen (Simi Valley, CA, 米国)が2013年と2014年に確認した観測と合わせると、1987年の
曖昧な動きがIAUC 4355で発表された位置から逆転していることが示された。
なお、X/1987 A2という符号は、MarsdenとWilliamsの「彗星軌道カタログ 1995」の108ページ
に掲載されたもので、当時としては新しい彗星符号システムの導入後の最初のX/彗星リストで
ある。
MeyerのX/1987 A2の同定疑念の通知を受けて、Deenが見つけたのは、Brett J. Gladmanの 
"Outer Solar System Origins Survey: 太陽系外縁部サーベイ"の一環として、Maunakeaにある
3.58-m Canada-France-Hawaii望遠鏡で得たCCD画像で、非常に拡散した画像であった。
Deenは、この彗星を他の公開データでは見つけることができなかった。

Meyerの測定結果は次のとおり、

     1987 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Jan.  5.66764    9 42 17.34   - 8 43 16.7   17.5   Hartley
           5.73361    9 42 15.35   - 8 43 36.9            "

Deenの測定結果は次のとおり、

     2013 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec. 29.30479    1 16 34.40   +12 19 27.5   22.2
          29.30927    1 16 34.75   +12 19 27.0

     2014 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan.  3.24625    1 24 19.08   +12 07 06.4   22.5
           3.30818    1 24 24.88   +12 07 00.2   22.7

MPCの連結軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2020 S6 (Leonard)                                                         
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2020 Nov. 23.75400 TT                                 Rudenko                 
q   1.8739193            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14430998     Peri.  176.67489     +0.50993306     -0.82704962             
a   3.5997455      Node   242.54160     +0.78295293     +0.56014207             
e   0.4794301      Incl.   15.46113     +0.35630462     -0.04722062             
P   6.83                                                                        
From 286 observations 1987 Jan. 5-2021 Feb. 13, mean residual 0".6.             
     Nongravitational parameters A1 = -0.04, A2 = -0.0562.                      
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 09 05    12 37 43.8 -13 35 06   5.2237  4.4119    33.0     7.1  26.0
...
2022 09 20    12 51 50.7 -14 39 51   5.3698  4.4582    22.5     4.9  26.1
...
2022 09 28    12 59 30.1 -15 16 28   5.4305  4.4823    17.1     3.8  26.2
...
2022 10 04    13 05 16.5 -15 44 36   5.4677  4.5002    13.4     2.9  26.2
2022 10 05    13 06 14.3 -15 49 19   5.4732  4.5032    12.8     2.8  26.2
2022 10 06    13 07 12.1 -15 54 04   5.4785  4.5062    12.2     2.7  26.2
...
2022 10 12    13 12 58.8 -16 22 40   5.5060  4.5238     9.3     2.0  26.3
...
2022 10 20    13 20 40.0 -17 01 07   5.5312  4.5470     8.0     1.7  26.3
...
2022 11 04    13 34 53.7 -18 13 12   5.5418  4.5895    14.8     3.2  26.3

(MPEC 2022-T74、CBET 5173)


Comet P/2020 S6 (Leonard)

Gregory J. Leonardの通報によると、9月29.4日UT、シーイングが1".6において、Mt Lemmonの
1.5-m反射望遠鏡で得た30秒×4枚のCCD露出から、集光した約5"のコマを横切るp.a. 250-290°
に広く拡散した10"-12"の尾がある彗星を発見した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、E. Bryssinck (Kruibeke, ベルギー, 10月10.07日,
Global Observatory "Telescope Live" の0.7-m f/6 反射望遠鏡, Almeria, スペイン; 乏しい
透明度(高層の雲)と月明かりにおいて、拡散し、不規則で中央集光のある約11"のコマと、p.a. 
223°に15"の短い尾が見える。5"の範囲による光度は20.5等であった)や佐藤英貴氏(東京都文
京区,10月11.3日, 60秒露出20枚のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, NM, 
遠隔操作:強く集光した6"のコマと、p.a. 250-280°に向かって20"の扇のような尾が見える。
5".7の円形範囲で測定した光度は19.3等であった)ら、他のCCD位置観測者によって彗星状と観
測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
I52  2020-09-29  K. Wierzchos       12"
G96  2020-10-09  D. C. FUls          7"      26"    255
Z08  2020-10-10  E. Bryssinck       11"      15"    223          20x120s
L07  2020-10-10  E. Guido            6"                          24x120s
Z08  2020-10-12  E. Bryssinck       15"      17"    225-253      16x120s
H06  2020-10-11  H. Sato             6"      20"    250-280      20x60s
G37  2020-10-12  J. Bauer            2"      10"    230-250
204  2020-10-18  A. Aletti           7"       8"    260          30x60s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Sept.29.39584    3 37 05.57   +31 55 43.8   20.5   Leonard
          29.40104    3 37 05.90   +31 55 43.5   20.5     "
          29.40624    3 37 06.14   +31 55 42.0   20.1     "
          29.41146    3 37 06.40   +31 55 41.6   20.4     "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2020 S6 (Leonard)                                                         
Epoch 2020 Nov. 7.0 TT = JDT 2459160.5                                          
T 2020 Nov. 23.61220 TT                                 Rudenko                 
q   1.8748571            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14434770     Peri.  176.65397     +0.50979290     -0.82712122             
a   3.5991184      Node   242.57107     +0.78298921     +0.56003409             
e   0.4790788      Incl.   15.46037     +0.35642545     -0.04724725             
P   6.83                                                                        
From 107 observations 2020 Aug. 28-Oct. 20, mean residual 0".5.                 
                                                                                
    P/2020 S6 (Leonard)                                                         
Epoch 2027 Oct. 2.0 TT = JDT 2461680.5                                          
T 2027 Sept. 25.76329 TT                                Rudenko                 
q   1.8732999            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14440587     Peri.  176.81899     +0.50854848     -0.82790677             
a   3.5981518      Node   242.49514     +0.78397965     +0.55881324             
e   0.4793716      Incl.   15.46663     +0.35602577     -0.04793890             
P   6.83                                                                        
From 107 observations 2020 Aug. 28-Oct. 20, mean residual 0".5.                 
                                                                                
    P/2020 S6 (Leonard)                                                         
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2020 Nov. 23.61415 TT                                 Rudenko                 
q   1.8748570            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14433881     Peri.  176.65487     +0.50977996     -0.82712964             
a   3.5992662      Node   242.57107     +0.78299801     +0.56002133             
e   0.4791002      Incl.   15.46026     +0.35642461     -0.04725115             
P   6.83                                                                        
From 107 observations 2020 Aug. 28-Oct. 20, mean residual 0".5.                 
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 09 21    03 29 10.1 +32 08 26   1.2535  1.9536   119.4    26.6  19.4
...
2020 10 06    03 41 48.8 +31 31 09   1.1078  1.9215   131.4    23.0  19.1
...
2020 10 14    03 45 33.7 +30 42 22   1.0415  1.9076   138.6    20.2  18.9
...
2020 10 20    03 46 53.8 +29 51 06   0.9981  1.8988   144.5    17.7  18.8
2020 10 21    03 47 00.0 +29 41 18   0.9914  1.8974   145.5    17.3  18.8
2020 10 22    03 47 04.1 +29 31 09   0.9850  1.8961   146.5    16.8  18.7
...
2020 10 28    03 46 48.8 +28 22 44   0.9501  1.8891   152.8    13.9  18.7
...
2020 11 05    03 44 54.7 +26 32 39   0.9148  1.8818   161.6     9.6  18.6
...
2020 11 20    03 38 27.9 +22 22 51   0.8876  1.8751   177.2     1.5  18.5

(MPEC 2020-U151、CBET 4868)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.