Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 F1 (Lemmon-PANSTARRS)[code]
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-10-11 0:32
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2370
オンライン
Comet C/2021 F1 (Lemmon-PANSTARRS)[code]

Alan Fitzsimmons (クィーンズ大学, Belfast)の通報によると、9月14.6日UT、ハワイ Mauna Loaに
ある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)
調査プログラムのコースに0.5-m f/2 Schmidt反射望遠鏡で得た4枚の30秒CCD画像から彗星を発見した。
スタック画像では、p.a. 280°に30" のまっすぐな尾と、4".5のシーイングで、9".0 (半値全幅:
FWHM)のコマが見える。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区,9月15.44日UT, 30-秒露出18枚
のスタック, 0.25-m f/3.4 反射望遠鏡, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 米国, 遠隔操作: 強く
集光した20" のコマと、p.a. 270°に向かって50" の尾が見える。10".0の円形範囲で測定した光度
は16.7等であった)や吉本勝巳氏(山口県熊毛郡平生町, 9月15.5日, 30-秒露出17枚のスタック, 
0.43-m f/6.8 反射望遠鏡, Mayhill近郊, 遠隔操作: 集光した18"のコマとp.a. 285°に0'.8の尾が
見える。測定した全光度は17.3等であった)らCCD観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA        Exposures
950  2022-09-15  M. Masek          12"      28"     280        16x30s
H06  2022-09-15  K. Yoshimoto      18"      48"     285        17x30s
H06  2022-09-15  M. Suzuki         14"                          6x30s
V21  2022-09-15  D. Durig           8"      37"     255-265      
G40  2022-09-15  N. Paul            7".6                       15x50s
204  2022-09-16  A. Aletti         10"      30"     280
858  2022-09-16  F. Zoltowski       6"      20"     275        45x45s
L06  2022-09-16  P. Sicoli          6"      16"     240
851  2022-09-16  F. D. Romanov      7"      12"     285        40x30s
H06  2022-09-16  B. Lutkenhoner     8"      13"     275        12x60s
J95  2022-09-17  P. Birtwhistle    10"     100"     278
G00  2022-09-17  M. Jaeger         20"      45"     271         3x60s
Z08  2022-09-17  E. Guido          15"      50"     280        40x90s
H06  2022-09-17  H. Sato           20"      90"     280        32x20s
G00  2022-09-18  M. Jaeger    	   35"     180"     276         7x160s
204  2022-09-18  L. Buzzi          12"      90"     282 
094  2022-09-18  A. Novichonok     20"      63"     278-281    
V21  2022-09-18  D. Durig          10"      40"     255-265   120x30s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.14.59866    7 46 12.55   +21 36 37.2   17.6
          14.60189    7 46 13.64   +21 36 43.3   16.3
          14.62132    7 46 21.19   +21 37 16.3   16.8
          14.63380    7 46 25.88   +21 37 37.2   16.9

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 R2 (ATLAS)                                                           
Epoch 2022 Aug. 9.0 TT = JDT 2459800.5                                          
T 2022 Oct. 25.45919 TT                                 Rudenko                 
q   0.6282859            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0272439      Peri.   79.04310     -0.41881822     -0.58728972             
 +/-0.0055697      Node    60.19969     +0.10933838     -0.78977193             
e   0.9828831      Incl.   52.95227     +0.90146349     -0.17706236             
From 114 observations 2022 Sept. 14-19, mean residual 0".6.                     
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 08 21    05 54 14.9 +11 05 31   1.6165  1.4123    59.9    38.3  19.5
...
2022 09 05    06 53 15.5 +17 07 21   1.3180  1.1855    59.5    47.1  18.3
...
2022 09 13    07 36 17.1 +20 51 18   1.1846  1.0651    57.5    52.8  17.6
...
2022 09 19    08 16 03.7 +23 37 19   1.1045  0.9766    54.9    57.3  17.1
2022 09 20    08 23 23.5 +24 03 11   1.0933  0.9621    54.4    58.1  17.0
2022 09 21    08 30 55.7 +24 28 11   1.0827  0.9477    53.9    58.8  16.9
...
2022 09 27    09 20 15.5 +26 30 54   1.0351  0.8639    50.1    63.0  16.4
...
2022 10 05    10 34 00.4 +27 16 23   1.0203  0.7626    44.3    66.4  15.9
...
2022 10 20    12 44 11.1 +20 55 04   1.1498  0.6392    33.7    59.8  15.4

(MPEC 2022-S87、CBET 5171)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.