Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 H1 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-5-18 12:30
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2321
オンライン
Comet C/2022 H1 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、4月21日、HaleakalaにあるPan-
STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。
この天体は、45-s秒w-バンドサーベイ画像は、1".6のシーイングで1".9の集光したコマが見えたが尾は
なかった。発見画像は、北西方向に非対称な点拡散関数 (PSF)を示唆したが画像の品質に問題があった。
3月2日は、Pan-STARRS2による発見前の観測があった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, 4月23日UT, 120-秒露出6枚の
スタック,0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, オーストラリア, 遠隔操作: 強く集光
した4"のコマが見えるが尾はなかった。3".2の円形範囲で測定した光度は19.8等であった)らCCD位置観
測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
Q62  2022-04-23  H. Sato            4"                          8x120s
L87  2022-05-09  J. Camarasa        4"

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Mar.  2.64387   13 11 34.13   -30 02 19.8   20.8
           2.64450   13 11 34.12   -30 02 19.9   20.8
     Apr. 21.35854   12 50 35.85   -31 07 11.1   20.6
          21.36885   12 50 35.55   -31 07 11.2   20.6
          21.37914   12 50 35.29   -31 07 11.2   20.7
          21.38944   12 50 35.00   -31 07 11.0   20.5

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 H1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2024 Jan. 11.0 TT = JDT 2460320.5                                         
T 2024 Jan. 18.86880 TT                                 Rudenko                 
q   7.6950645            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0011500      Peri.  246.24256     -0.33491477     +0.93841578             
 +/-0.0000782      Node     6.37355     -0.30027475     -0.02089080             
e   0.9911510      Incl.   49.88832     -0.89312215     -0.34487592             
From 59 observations 2022 Mar. 2-May 9, mean residual 0".5.                     
                                                                                
    C/2022 H1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2024 Jan. 18.84063 TT                                 Rudenko                 
q   7.6944381            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0008117      Peri.  246.25496     -0.33464646     +0.93850427             
 +/-0.0000782      Node     6.37952     -0.30030399     -0.02073283             
e   0.9937543      Incl.   49.88880     -0.89321289     -0.34464458             
From 59 observations 2022 Mar. 2-May 9, mean residual 0".5.                     
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 04 10    12 55 45.8 -31 05 30   7.7313  8.6579   156.3     2.7  19.8
...
2022 04 25    12 48 59.9 -31 06 22   7.7002  8.6170   154.2     2.9  19.8
...
2022 05 03    12 45 39.4 -31 02 43   7.7095  8.5955   149.8     3.4  19.8
...
2022 05 09    12 43 21.3 -30 58 37   7.7277  8.5795   145.6     3.8  19.8
2022 05 10    12 42 59.5 -30 57 51   7.7316  8.5768   144.8     3.9  19.8
2022 05 11    12 42 38.0 -30 57 04   7.7358  8.5742   144.1     4.0  19.8
...
2022 05 17    12 40 37.3 -30 51 59   7.7659  8.5583   139.3     4.4  19.8
...
2022 05 25    12 38 20.0 -30 44 40   7.8184  8.5374   132.7     5.0  19.8
...
2022 06 09    12 35 24.6 -30 31 42   7.9500  8.4986   119.7     6.0  19.8

(MPEC 2022-J76、CBET 5120)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.