Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2020 WJ5 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-5-18 12:29
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2371
オンライン
Comet P/2020 WJ5 (Lemmon)

2020年11月18日UT、Mt Lemmon サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得た画像から発見された小惑星状
天体が2020 WJ5と小惑星符号がつけられMPS 1307506に発表されていたが、2020年後半以降彗星
活動をあることがわかった。
R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の報告によると、2020年12月10日、Mark Huber
がこの天体(2020年12月10.6日UT、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠
鏡で得た4枚の45-秒wバンドサーベイ画像で独自に発見)に気づいた。この天体は、彗星のように見
え、1"3シーイングで1".7(半値全幅:FWHM)の集光したコマと、p.a.300°に約5"のハッキリした尾が
伸びている。
Y. Ramanjooloo (ハワイ大学天文研究所)の報告によると、2021年1月11.5日、4枚45-秒のwバンド
Pan-STARRS1露出で、2020 WJ5は、1".4のシーイングで大変集光した光度20.4等、2".3 (FWHM)のコマ
が見え、p.a. 298°に4"の細く曲がった尾がある。
佐藤英貴氏(東京都文京区)は、2021年1月13.6日、0.51-m f/6.8 アストログラフ (Siding Spring, 
NSW, オーストラリア:遠隔操作)で得たCCD画像では、2020 WJ5は、光度19.9等の恒星状に見えた。
しかし、2022年3月25.3日、佐藤(英)氏が0.43-m f/6.8 アストログラフ (Mayhill近郊, ニューメキ
シコ州, 米国:遠隔操作)の、120-秒露出8枚のスタックでは、強く集光した12" のコマが見え、p.a. 
280°に向かって15"の尾がある。6".3の円形範囲で測定した光度は17.9等であった。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2020-12-10  M. Huber           0".5     5"     300         4x45s
F51  2021-01-11  Y. Ramanjooloo     2".3     4"     298         4x45s
L81  2022-04-01  D. De Martin       8"      15"      60    
H06  2022-03-25  H. Sato           12"      15"     280         8x120s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Nov. 18.50399    9 41 57.44   - 2 20 17.2   20.7
          18.50925    9 41 57.53   - 2 20 18.3   20.5
          18.51448    9 41 57.67   - 2 20 19.5   20.6
          18.51973    9 41 57.77   - 2 20 20.6   20.7
          18.53913    9 41 58.13   - 2 20 24.4   20.8

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2020 WJ5 (Lemmon)                                                         
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2021 July 3.85744 TT                                  Rudenko                 
q   4.9871160            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06675144     Peri.  338.46487     -0.91654866     -0.39966095             
a   6.0186021      Node   177.81217     +0.39935096     -0.91657332             
e   0.1713830      Incl.   22.29054     +0.02138593     -0.01282500             
P  14.8                                                                         
From 229 observations 2020 Nov. 18-2022 Apr. 26, mean residual 0".4.            
                                                                                
    P/2020 WJ5 (Lemmon)                                                         
Epoch 2036 Apr. 17.0 TT = JDT 2464800.5                                         
T 2036 Apr. 6.97723 TT                                  Rudenko                 
q   5.0198675            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06608378     Peri.  337.35351     -0.90744968     -0.41987140             
a   6.0590722      Node   177.64117     +0.41953582     -0.90749905             
e   0.1715122      Incl.   22.26085     +0.02290811     -0.01238879             
P  14.9                                                                         
From 229 observations 2020 Nov. 18-2022 Apr. 26, mean residual 0".4.            
                                                                                
    P/2020 WJ5 (Lemmon)                                                         
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2021 July 2.95725 TT                                  Rudenko                 
q   4.9869312            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06676376     Peri.  338.38006     -0.91594528     -0.40104141             
a   6.0178613      Node   177.81050     +0.40073223     -0.91597122             
e   0.1713117      Incl.   22.29306     +0.02139930     -0.01274772             
P  14.8                                                                         
From 229 observations 2020 Nov. 18-2022 Apr. 26, mean residual 0".4.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 03 31    12 01 24.1 +01 56 40   4.0750  5.0602   169.4     2.1  18.6
...
2022 04 15    11 55 41.4 +03 13 38   4.1547  5.0683   152.9     5.2  18.6
...
2022 04 23    11 53 16.8 +03 48 47   4.2223  5.0728   144.3     6.6  18.7
...
2022 04 29    11 51 51.4 +04 11 45   4.2831  5.0763   138.0     7.6  18.7
2022 04 30    11 51 39.2 +04 15 17   4.2940  5.0769   137.0     7.8  18.7
2022 05 01    11 51 27.7 +04 18 43   4.3051  5.0774   135.9     7.9  18.7
...
2022 05 07    11 50 32.3 +04 37 25   4.3760  5.0810   129.8     8.8  18.8
...
2022 05 15    11 49 55.9 +04 57 07   4.4803  5.0858   121.8     9.7  18.8
...
2022 05 30    11 50 45.9 +05 18 03   4.6987  5.0951   107.4    10.9  18.9

(MPEC 2022-H121、CBET 5118)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.