Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 D1 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-3-19 15:27
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2314
オンライン
Comet P/2022 D1 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、2月24日UT、Haleakala
にあるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で、4枚の45秒w-バンドサーベイ
画像から彗星を発見した。1".6のシーイングで、2".0(半値全幅:FWHM)の集光したコマと、
p.a. 290°に6"の尾を持っていた。
発見されたPan-STARRS2の画像は、Werykによって1月19日まで遡り、後に同定された。
1月26日UT、Werykによれば、4枚の45秒w-バンドサーベイ画像で、1".6のシーイングで、2".2
(FWHM)の集光したコマと、p.a. 290°に6"の尾を持っていた。2月6.6日、4枚の45秒w-バンド
サーベイ画像で、1".6のシーイングで、2".0(FWHM)の集光したコマが見え、これもp.a. 290°
に約6"の尾があった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区,2月28.3日, 120-秒露出
10枚のスタック,0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 米国, 
遠隔操作: 中程度に集光した8" の非対称のコマが見えるが尾はなかった。5".7の円形範囲で
測定した光度は20.3等であった)によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F52  2022-01-26  R. Weryk           0".6     6"     290         4x45s
F52  2022-02-06  R. Weryk           0".6     6"     290         4x45s
H06  2022-02-28  H. Sato            8"                          10x120s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan. 19.61270   14 03 59.00   +34 18 00.1   21.9
          21.66090   14 04 52.39   +34 23 49.2   22.3
          22.66636   14 05 16.47   +34 26 48.7   21.8
          26.61887   14 06 38.30   +34 39 29.2   21.3
          26.62967   14 06 38.53   +34 39 31.5   21.7
          26.64062   14 06 38.72   +34 39 33.6   21.7
          26.65155   14 06 38.91   +34 39 35.8   21.5
     Feb.  6.58392   14 08 28.65   +35 20 31.9   21.3
           6.59477   14 08 28.65   +35 20 34.6   21.1
           6.60566   14 08 28.66   +35 20 37.2   21.4
           6.61655   14 08 28.64   +35 20 39.7   21.1
          15.63964   14 07 43.67   +35 57 43.3   21.6
          15.65026   14 07 43.45   +35 57 46.7   20.6
          15.66084   14 07 43.34   +35 57 49.2   19.7
          17.63963   14 07 16.77   +36 05 56.4   21.1
          17.64869   14 07 16.60   +36 05 58.1   21.7
          17.65777   14 07 16.47   +36 06 00.6   21.7
          17.66685   14 07 16.28   +36 06 03.0   21.6
          24.55285   14 04 56.71   +36 33 15.2   20.7
          24.56441   14 04 56.38   +36 33 17.9   21.2
          24.57600   14 04 56.07   +36 33 20.4   20.7
          24.58759   14 04 55.73   +36 33 23.2   20.9
          24.65396   14 04 53.97   +36 33 38.0   21.3
          24.65477   14 04 53.97   +36 33 38.3   21.1

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2022 D1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2021 Aug. 14.0 TT = JDT 2459440.5                                         
T 2021 Aug. 28.39772 TT                                 Rudenko                 
q   3.3531982            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04903455     Peri.   88.78278     -0.51933872     -0.68077885             
a   7.3926685      Node    47.96434     +0.17922237     -0.67778559             
e   0.5464157      Incl.   44.06556     +0.83556366     -0.27775320             
P  20.1                                                                         
From 45 observations 2022 Jan. 19-Feb. 28, mean residual 0".3.                  
                                                                                
    P/2022 D1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2041 Oct. 8.0 TT = JDT 2466800.5                                          
T 2041 Oct. 23.32754 TT                                 Rudenko                 
q   3.3493745            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04906848     Peri.   89.02453     -0.52164081     -0.67933733             
a   7.3892610      Node    47.90528     +0.17677659     -0.67789493             
e   0.5467240      Incl.   44.07183     +0.83465016     -0.28099691             
P  20.1                                                                         
From 45 observations 2022 Jan. 19-Feb. 28, mean residual 0".3.                  
                                                                                
    P/2022 D1 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2021 Aug. 28.35668 TT                                 Rudenko                 
q   3.3531582            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04901963     Peri.   88.77878     -0.51922494     -0.68090109             
a   7.3941684      Node    47.95760     +0.17931496     -0.67769982             
e   0.5465131      Incl.   44.06643     +0.83561451     -0.27766286             
P  20.1                                                                         
From 45 observations 2022 Jan. 19-Feb. 28, mean residual 0".3.                  
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 01 30    14 07 30.9 +34 51 20   3.0819  3.5184   108.3    15.4  20.4
...
2022 02 14    14 08 01.1 +35 50 57   2.9777  3.5505   118.0    14.2  20.4
...
2022 02 22    14 05 56.9 +36 23 25   2.9329  3.5687   122.9    13.4  20.4
...
2022 02 28    14 03 19.7 +36 45 48   2.9055  3.5827   126.4    12.9  20.4
2022 03 01    14 02 48.3 +36 49 15   2.9015  3.5851   126.9    12.8  20.4
2022 03 02    14 02 15.4 +36 52 36   2.8977  3.5875   127.4    12.7  20.4
...
2022 03 08    13 58 28.9 +37 10 18   2.8786  3.6020   130.4    12.1  20.4
...
2022 03 16    13 52 16.5 +37 25 32   2.8639  3.6219   133.6    11.5  20.4
...
2022 03 31    13 38 01.9 +37 19 14   2.8729  3.6610   136.3    10.9  20.4

(MPEC 2022-E07、CBET 5104)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.