Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2020 B4 (Sheppard)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-2-23 12:06
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2314
オンライン
Comet P/2020 B4 (Sheppard)

Scott S. Sheppard (地球惑星研究室, カーネギー研究所, Washington, DC)によると、
2020年9月、C. Trujilloと彼が2020年1月26日と27日UT、Cerro Tololo (チリ)の4-m
Blanco望遠鏡で得たCCD画像から彗星を発見した。
この彗星は、超広帯域VRフィルターで400秒露出し、p.a. 80°の核集光部から約8 "の
ところにかすかな尾があると注記している。
中央局からの要請を受け、S. Deen (Simi Valley, カリフォルニア州)は、2020年2月
11.23日UT、CTIO 4-m 反射望遠鏡で得たi-バンドDECamの画像から、この彗星にぼんやり
と霞のようなものがかかったようなイメージを確認した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、SheppardはR. Weryk (西オンタリオ大学,物理
および天文学科)にPan-STARRSの画像からこの彗星を検索するように要請した。
Werykは、2夜に渡ってHaleakalaのPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得
た画像(2020年3月23日、2021年2月7日)とPan-STARRS2 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠
鏡の5夜(2019年11月5日、25日、29日、2020年2月4日、5月12日)の観測を確認した。
2021年2月7日に得た8枚の45秒のw-バンドサーベイ画像には、彗星が星に重なっているが、
マスキングして重ねると、シーイング1".4前後で明らかに拡散した約2"(半値全幅: FWHM)
のコマが見えが、明らかな尾はない。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
W84  2020-02-11  S. Sheppard        1"                          1x178s
F51  2021-02-07  R. Weryk           0".6                        8x45s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Jan. 26.18195    8 23 06.93   + 7 16 08.8   22.5   Sheppard
          27.22491    8 22 41.90   + 7 18 04.8   22.5     "

Deenによる確認位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Feb. 11.23069    8 16 54.41   + 7 49 26.9   22     Deen

Pan-STARRSによる確認位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Nov.  5.61947    8 37 24.27   + 7 27 41.3   23.7  Pan-STARRS2
          25.62328    8 39 02.86   + 6 55 03.1   23.7      "
          29.63260    8 38 54.75   + 6 50 30.0   21.4      "

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb.  4.39649    8 19 28.42   + 7 34 25.2   21.6  Pan-STARRS2
     Mar. 23.35033    8 07 54.83   + 9 23 57.7   21.8  Pan-STARRS1
     May  12.26263    8 17 58.20   +10 23 51.1   23.4  Pan-STARRS2

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Feb.  7.44143   10 04 28.41   + 3 12 17.6   22.2  Pan-STARRS1
           7.46151   10 04 27.95   + 3 12 20.2   22.4      "
           7.46539   10 04 27.85   + 3 12 21.2   22.7      "
           7.47354   10 04 27.67   + 3 12 22.5   21.9      "
           7.47743   10 04 27.58   + 3 12 23.0   22.1      "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2020 B4 (Sheppard)                                                        
Epoch 2021 Dec. 12.0 TT = JDT 2459560.5                                         
T 2021 Nov. 22.79364 TT                                 Rudenko                 
q   6.4399618            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04382091     Peri.  342.30491     -0.97852329     -0.20506760             
a   7.9679843      Node   185.98044     +0.20493796     -0.95684139             
e   0.1917703      Incl.   11.60737     +0.02219489     -0.20591706             
P  22.5                                                                         
From 15 observations 2019 Nov. 5-2021 Feb. 7, mean residual 0".2.               
                                                                                
    P/2020 B4 (Sheppard)                                                        
Epoch 2044 July 4.0 TT = JDT 2467800.5                                          
T 2044 June 27.62317 TT                                 Rudenko                 
q   6.4348150            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04390880     Peri.  342.97778     -0.98073828     -0.19421183             
a   7.9573480      Node   185.94184     +0.19429846     -0.95907928             
e   0.1913367      Incl.   11.61231     +0.02001326     -0.20603082             
P  22.4                                                                         
From 15 observations 2019 Nov. 5-2021 Feb. 7, mean residual 0".2.               
                                                                                
    P/2020 B4 (Sheppard)                                                        
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2021 Nov. 22.53715 TT                                 Rudenko                 
q   6.4399483            (2000.0)            P               Q                  
n   0.04382106     Peri.  342.28833     -0.97846279     -0.20535614             
a   7.9679663      Node   185.98012     +0.20522005     -0.95678182             
e   0.1917701      Incl.   11.60761     +0.02225541     -0.20590631             
P  22.5                                                                         
From 15 observations 2019 Nov. 5-2021 Feb. 7, mean residual 0".2.               
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 01 17    11 55 22.8 -02 48 36   5.9436  6.4420   116.4     7.9  22.5
...
2022 02 01    11 54 10.6 -02 33 37   5.7419  6.4433   132.0     6.5  22.4
...
2022 02 09    11 52 43.0 -02 19 30   5.6517  6.4442   140.6     5.6  22.4
...
2022 02 15    11 51 17.7 -02 06 21   5.5939  6.4448   147.0     4.8  22.3
2022 02 16    11 51 02.0 -02 03 58   5.5851  6.4449   148.1     4.6  22.3
2022 02 17    11 50 45.9 -02 01 31   5.5766  6.4451   149.2     4.5  22.3
...
2022 02 23    11 49 01.7 -01 45 49   5.5312  6.4458   155.7     3.6  22.3
...
2022 03 03    11 46 25.7 -01 22 26   5.4865  6.4468   164.4     2.4  22.3
...
2022 03 18    11 41 04.6 -00 33 41   5.4549  6.4491   177.3     0.4  22.3

(MPEC 2022-D06、CBET 5102)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.