Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2022 B1 (Wierzchos)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-2-12 0:34
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2314
オンライン
Comet P/2022 B1 (Wierzchos)

K. W. Wierzchos (月惑星研究所:LPL, アリゾナ大学)の通報によると、1月25日UT、彼は
Mt Lemmonの1.5-m 反射望遠鏡で得た30秒4枚CCD露出から彗星を発見した。この彗星は、5"の
コマとp.a. 45°に13"の長さの拡散した(やや広い)尾が見える。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)
やL. Buzzi (Varese, イタリア: 観測はA. Aletti)のCCD位置観測者によって彗星状と観測さ
れた。
Werykの情報では、この彗星は、2021年10月30日と11月8日、HaleakalaのPan-STARRS1 1.8-m 
Ritchey-Chretien 反射望遠鏡と2021年11月4日、同じくPan-STARRS2 1.8m Ritchey-Chretien 
反射望遠鏡で得た画像で確認された。Pan-STARRS2の画像は、この天体が彗星の外観を示して
いるかどうかを判断するには限界で、測定された光度は非常に弱いため、11月から発見まで
の間に彗星のような明るさの上昇を示唆した。
10月30.6日UT、4枚の45秒w-バンドサーベイ画像は、1".15のシーイングで1".25(半値全幅:
FWHM)の非常に集光したコマが見えた。光度は22.2-22.6等と測定した。11月8.5日、4枚の
45秒w-バンドサーベイ画像は、1".1のシーイングで1".2の非常に集光したコマが
見えた(これも尾はない)。光度は22.0-22.7等であった。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2021-10-30  R. Weryk           0".1                          4x45s
F51  2021-11-08  R. Weryk           0".1                          4x45s
204  2022-01-25  A. Aletti          8"      10"     55-65        60x60s

発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Jan. 25.20862    5 11 00.79   + 8 35 56.3   19.8   Wierzchos
          25.21377    5 11 00.90   + 8 35 59.6   19.6     "
          25.21891    5 11 01.02   + 8 36 03.4   19.6     "
          25.22406    5 11 01.10   + 8 36 06.6   20.2     "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2022 B1 (Wierzchos)                                                       
Epoch 2022 Mar. 2.0 TT = JDT 2459640.5                                          
T 2022 Feb. 25.35311 TT                                 Rudenko                 
q   1.8967180            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07713624     Peri.  325.49037     -0.41749601     -0.90330997             
a   5.4655064      Node   148.84770     +0.87075206     -0.42873857             
e   0.6529657      Incl.   10.99134     +0.25978440     -0.01464030             
P  12.8                                                                         
From 62 observations 2021 Oct. 30-2022 Jan. 29, mean residual 0".4.             
                                                                                
    P/2022 B1 (Wierzchos)                                                       
Epoch 2034 Dec. 24.0 TT = JDT 2464320.5                                         
T 2034 Dec. 21.26998 TT                                 Rudenko                 
q   1.8942957            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07721624     Peri.  325.93413     -0.42321981     -0.90061481             
a   5.4617305      Node   148.76727     +0.86795726     -0.43431940             
e   0.6531693      Incl.   10.99394     +0.25987532     -0.01611294             
P  12.8                                                                         
From 62 observations 2021 Oct. 30-2022 Jan. 29, mean residual 0".4.             
                                                                                
    P/2022 B1 (Wierzchos)                                                       
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2022 Feb. 25.35288 TT                                 Rudenko                 
q   1.8967189            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07714544     Peri.  325.49026     -0.41749317     -0.90331125             
a   5.4650719      Node   148.84762     +0.87075338     -0.42873592             
e   0.6529380      Incl.   10.99135     +0.25978452     -0.01463915             
P  12.8                                                                         
From 62 observations 2021 Oct. 30-2022 Jan. 29, mean residual 0".4.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 01 02    05 11 28.0 +04 56 09   1.0581  1.9737   150.4    14.3  19.6
...
2022 01 17    05 09 10.3 +07 07 40   1.0925  1.9376   137.8    19.9  19.6
...
2022 01 25    05 10 56.3 +08 33 39   1.1263  1.9229   131.2    22.7  19.6
...
2022 01 31    05 13 45.9 +09 42 08   1.1577  1.9139   126.4    24.5  19.6
2022 02 01    05 14 21.8 +09 53 45   1.1634  1.9126   125.6    24.8  19.6
2022 02 02    05 14 59.9 +10 05 25   1.1692  1.9113   124.8    25.1  19.7
...
2022 02 08    05 19 33.8 +11 15 42   1.2066  1.9048   120.3    26.6  19.7
...
2022 02 16    05 27 35.2 +12 48 27   1.2627  1.8991   114.5    28.2  19.8
...
2022 03 03    05 47 57.9 +15 29 47   1.3839  1.8976   104.8    30.3  20.0

(MPEC 2022-C02、CBET 5094)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.