Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2022 A2 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2022-2-12 0:33
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2314
オンライン
Comet C/2022 A2 (PANSTARRS)

R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)の通報によると、1月10日UT、Haleakala
にあるPan-STARRS2の1.8-m Ritchey-Chretien 反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。
4枚の45秒w-バンドサーベイ画像では、1".7のシーイングで、この彗星は1".9(半値全幅:FWHM)
の集光したコマが見えたが、明らかな尾はない。
彗星状を確認した後、Werykは、この天体を前夜に得た、4枚の45秒w-バンドサーベイ画像では、
1".3のシーイングで1".5(FWHM)の集光したコマが見えた。明らかな尾はない。 
Y. Ramanjooloo (ハワイ大学、天文学研究所)の書き込みによると、1月12.6日UT、Mauna Kea
にあるハワイ大学の2.2-m 反射望遠鏡で得た180秒3枚露出フォローアップ観測から、
1".5のシーイングで1".7(FWHM)の大変集光したコマが見えた。明らかな尾はない。
Werykによると、さらに1月31.53-31.57日、Pan-STARRS2の反射望遠鏡で得た、4枚の45秒w-バン
ドサーベイ画像では、1".5のシーイングで1".94(FWHM)の大変集光したコマが見えたが尾はない。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F52  2022-01-09  R. Weryk           0".2                          4x45s
568  2022-01-12  Y. Ramanjooloo     1".68                         3x180s
F52  2022-01-31  R. Weryk           0".5                          4x45s


発見位置は次のとおり、

     2022 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Jan.  9.60508   12 04 33.01   -20 34 40.4   19.9
           9.61524   12 04 32.91   -20 34 39.5   20.0
           9.62542   12 04 32.81   -20 34 38.6   19.9
           9.63561   12 04 32.70   -20 34 37.7   19.8
          10.61747   12 04 22.77   -20 33 06.9   20.5
          10.62869   12 04 22.62   -20 33 05.5   20.7
          10.63972   12 04 22.51   -20 33 04.7   20.7
          10.65061   12 04 22.36   -20 33 03.3   20.6

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2022 A2 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2023 Feb. 25.0 TT = JDT 2460000.5                                         
T 2023 Feb. 16.50575 TT                                 Rudenko                 
q   1.7348187            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0045998      Peri.   88.10312     +0.01329069     +0.99012171             
 +/-0.0074305      Node   171.54795     -0.08885540     -0.13786982             
e   1.0079798      Incl.  108.26142     +0.99595586     -0.02551306             
From 67 observations 2022 Jan. 9-31, mean residual 0".3.                        
                                                                                
    C/2022 A2 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Jan. 21.0 TT = JDT 2459600.5                                         
T 2023 Feb. 16.46778 TT                                 Rudenko                 
q   1.7345783            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0047785      Peri.   88.10244     +0.01327149     +0.99012440             
 +/-0.0074305      Node   171.54903     -0.08886450     -0.13785407             
e   1.0082886      Incl.  108.26079     +0.99595530     -0.02549387             
From 67 observations 2022 Jan. 9-31, mean residual 0".3.                        
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2022 01 02    12 05 19.7 -20 42 37   4.8193  4.9426    91.4    11.5  19.9
...
2022 01 17    12 02 55.3 -20 20 12   4.4348  4.8089   106.6    11.3  19.6
...
2022 01 25    12 00 07.5 -19 55 41   4.2361  4.7373   115.0    10.9  19.4
...
2022 01 31    11 57 17.3 -19 30 18   4.0925  4.6834   121.5    10.3  19.3
2022 02 01    11 56 45.2 -19 25 25   4.0691  4.6744   122.6    10.2  19.2
2022 02 02    11 56 12.0 -19 20 21   4.0459  4.6654   123.7    10.1  19.2
...
2022 02 08    11 52 30.4 -18 45 44   3.9110  4.6114   130.4     9.4  19.1
...
2022 02 16    11 46 37.2 -17 47 40   3.7440  4.5391   139.3     8.2  18.9
...
2022 03 03    11 32 58.4 -15 19 16   3.4811  4.4031   155.6     5.3  18.6

(MPEC 2022-C01、CBET 5093)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.