Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2021 U1 (Wierzchos)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-11-20 20:37
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2279
オンライン
Comet P/2021 U1 (Wierzchos)

Kacper W. Wierzchos (月惑星研究所:LPL, アリゾナ大学)の通報によると、10月18日UT、
Mt Lemmonの1.5-m 反射望遠鏡で得た4枚の30秒CCD露出からp.a.220-240°に向かって扇型
に広がる6"の非対称のコマのある彗星を発見した。
9月28.5日と10月1.6日UT、ハワイ HaleakalaにあるPan-STARRS2 1.8-m Ritchey-Chretien
反射望遠鏡による観測は、小惑星センターに明らかに2つの別個の小惑星状天体としてリア
ルタイムに報告され、小惑星センターの"isolated tracklet file"で確認された。
R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)は、9月28.5日、4枚の45秒w-バンドサー
ベイ画像ては、1".56のシーイングで、集光した1".7 (半値全幅:FWHM)のコマが見え、西側
へ非対称の可能性があるがハッキリとした尾はない。10月1.6日、2枚の45秒w-バンドサーベ
イ画像では、1".6 のシーイングで、集光した2".1(FWHM)のコマが見えるが、再び、ハッキ
リとした尾はないと報告した。
Werykはその後、彗星活動の痕跡が見られない4つの限界的なPan-STARRS1観測を確認した。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F52  2021-09-28  R. Weryk           0".2                          4x45s
F52  2021-10-01  R. Weryk           0".5                          2x45s
G96  2021-10-02  D. Rankin          8"
703  2021-10-11  D. Rankin         10"

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Oct. 18.35166    2 49 53.08   +40 10 39.1   19.1   Wierzchos
          18.35748    2 49 52.93   +40 10 35.2   19.7     "
          18.36332    2 49 52.78   +40 10 30.8   19.4     "
          18.36907    2 49 52.66   +40 10 26.9   19.3     "
          18.38195    2 49 52.37   +40 10 17.7   19.5     "
          18.38686    2 49 52.25   +40 10 14.4   19.6     "
          18.39167    2 49 52.15   +40 10 10.8   19.5     "
          18.41932    2 49 51.55   +40 09 51.0   19.7     "
          18.42374    2 49 51.43   +40 09 47.8   19.6     "
          18.42825    2 49 51.34   +40 09 44.4   19.6     "

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2021 U1 (Wierzchos)                                                       
Epoch 2021 Sept. 23.0 TT = JDT 2459480.5                                        
T 2021 Sept. 30.86560 TT                                Rudenko                 
q   2.4452030            (2000.0)            P               Q                  
n   0.03961636     Peri.  145.00540     +0.77669202     -0.42233730             
a   8.5222249      Node   246.79260     +0.39625661     +0.90432138             
e   0.7130793      Incl.   30.56091     +0.48962252     -0.06191977             
P  24.9                                                                         
From 34 observations 2021 Sept. 20-Oct. 19, mean residual 0".4.                 
                                                                                
    P/2021 U1 (Wierzchos)                                                       
Epoch 2046 Aug. 3.0 TT = JDT 2468560.5                                          
T 2046 Aug. 22.48321 TT                                 Rudenko                 
q   2.4641212            (2000.0)            P               Q                  
n   0.03869367     Peri.  144.71474     +0.78049945     -0.41749735             
a   8.6571729      Node   246.67510     +0.39038105     +0.90684629             
e   0.7153665      Incl.   30.44599     +0.48828603     -0.05766938             
P  25.5                                                                         
From 34 observations 2021 Sept. 20-Oct. 19, mean residual 0".4.                 
                                                                                
    P/2021 U1 (Wierzchos)                                                       
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2021 Sept. 30.84940 TT                                Rudenko                 
q   2.4452266            (2000.0)            P               Q                  
n   0.03960379     Peri.  144.99849     +0.77672713     -0.42227609             
a   8.5240279      Node   246.79457     +0.39617317     +0.90435421             
e   0.7131372      Incl.   30.56019     +0.48963434     -0.06185755             
P  24.9                                                                         
From 34 observations 2021 Sept. 20-Oct. 19, mean residual 0".4.                 
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 09 19    02 48 56.8 +43 23 26   1.7964  2.4477   119.1    21.0  19.7
...
2021 10 04    02 52 23.0 +42 22 19   1.6626  2.4454   131.7    17.8  19.5
...
2021 10 12    02 51 35.1 +41 18 19   1.6048  2.4474   139.0    15.5  19.4
...
2021 10 18    02 50 00.0 +40 14 47   1.5693  2.4504   144.6    13.6  19.4
2021 10 19    02 49 40.0 +40 02 54   1.5641  2.4510   145.5    13.3  19.4
2021 10 20    02 49 19.1 +39 50 39   1.5591  2.4516   146.5    13.0  19.4
...
2021 10 26    02 46 55.5 +38 29 36   1.5341  2.4563   151.9    11.0  19.3
...
2021 11 03    02 43 14.7 +36 22 51   1.5146  2.4644   158.4     8.5  19.3
...
2021 11 18    02 36 48.3 +31 44 07   1.5260  2.4856   162.2     7.0  19.4

(MPEC 2021-U43、CBET 5058)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.