Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 T2 (Fuls)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-10-23 11:05
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2277
オンライン
Comet C/2021 T2 (Fuls)

David Carson Fuls (月惑星研究所:LPL, アリゾナ大学)の通報によると、10月2日UT、Mt Lemmon
サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。集光した7".5のコマがあった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, 10月4.3日UT, 60秒露出14枚
のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 米国, 遠隔操作: 
強く集光した6" のコマが見えるが尾はない。5".7の円形範囲で測定した光度は19.6等であった)ら
CCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次のとおり、

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
G96  2021-10-03  D. C. Fuls         8".6    8"     320
H06  2021-10-04  H. Sato            6"                           14x60s
B49  2021-10-05  J. Camarasa       13"

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Oct.  2.37616    4 12 26.31   +46 16 03.0   19.8   Fuls
           2.38157    4 12 26.00   +46 16 02.4   20.0     "
           2.38701    4 12 25.61   +46 16 01.5   20.1     "
           2.39244    4 12 25.23   +46 16 01.0   20.3     "
           2.45776    4 12 20.59   +46 15 54.2   20.0     "
           2.46541    4 12 20.09   +46 15 53.4   20.2     "
           2.47249    4 12 19.55   +46 15 52.4            "
           2.47979    4 12 19.03   +46 15 51.3            "

MPCの準放物線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 T2 (Fuls)                                                            
Epoch 2022 May 21.0 TT = JDT 2459720.5                                          
T 2022 June 7.54342 TT                                  Rudenko                 
q   1.2445023            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0000141      Peri.  263.69031     +0.39419668     -0.68921337             
 +/-0.0000001      Node   223.25079     +0.11349914     -0.61993379             
e   0.9999825      Incl.  117.46943     -0.91199064     -0.37505602             
From 39 observations 2021 Oct. 2-7, mean residual 0".5.                         
                                                                                
    C/2021 T2 (Fuls)                                                            
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2022 June 7.56167 TT                                  Rudenko                 
q   1.2446718            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0000954      Peri.  263.68642     +0.39424667     -0.68923249             
 +/-0.0000001      Node   223.24695     +0.11349073     -0.61988657             
e   0.9998813      Incl.  117.47138     -0.91197007     -0.37509893             
From 39 observations 2021 Oct. 2-7, mean residual 0".5.                         
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 09 08    04 28 34.1 +46 19 23   3.5945  3.7697    92.2    15.5  20.5
...
2021 09 23    04 21 18.9 +46 24 51   3.1977  3.6151   106.6    15.4  20.1
...
2021 10 01    04 13 58.6 +46 18 14   2.9920  3.5320   114.9    14.9  19.9
...
2021 10 07    04 06 38.4 +46 05 46   2.8432  3.4694   121.3    14.3  19.7
2021 10 08    04 05 15.4 +46 02 53   2.8190  3.4589   122.4    14.1  19.6
2021 10 09    04 03 49.7 +45 59 44   2.7949  3.4484   123.5    14.0  19.6
...
2021 10 15    03 54 16.0 +45 34 37   2.6552  3.3855   130.2    13.0  19.4
...
2021 10 23    03 38 58.2 +44 40 42   2.4830  3.3011   139.2    11.4  19.2
...
2021 11 07    03 03 53.4 +41 33 28   2.2187  3.1419   154.4     7.8  18.7

(MPEC 2021-T169、CBET 5054)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.