Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 K1 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-6-17 17:09
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2240
オンライン
Comet C/2021 K1 (ATLAS)

Peter Veres (小惑星センター)は、5月24日、ハワイ Haleakalaにある小惑星地球衝突最終警報
システム Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコース
に0.5-m f/2 Schmidt反射望遠鏡で得た3個の30秒調査画像から彗星状の天体を発見した。
この天体は、当初小惑星センターの"分離したトラックレットファイル" (ITF)で同じくらい
以上に明るく発見され、5月14日のATLAS観測と5月22日のPan-STARRS1のITF位置観測と結合された。
ATLASチームの L. Denneauは、後で両方の夜とも集光した6"のコマと、西(p.a.265-275°)に約
10"まっすぐに伸びた尾と注記した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (西オンタリオ大学,物理および天文学科)は
5月22日、45秒w-バンドPan-STARRS1サーベイ画像から、p.a.250°に向かって50"以上広がった
尾が見え、この彗星の頭部は1".6のシーイングで約2".7 (半値全幅:FWHM)と注記した。
Werykはまた、この彗星のPan-STARRS1とPan-STARRS2による発見前観測を2020年4月まで遡って
確認した。
A. Hale (Cloudcroft, ニューメキシコ州, 5月26.4日,月明かりの中Cerro Tololo;にあるLas 
Cumbres天文台の0.4-m f/10 Schmidt-Cassegrain望遠鏡で得た3個の240秒露出から、V光度17.2-
17.3等で比較的集光した9"のコマを見つけた。およそp.a.285°に真直ぐで多少拡がった16"の
尾があった)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2021-05-22  R. Weryk           8"     50"     250            4x45s
W79  2021-05-26  A. Hale            9"     16"     285
Y00  2021-05-26  C. Jacques        21"     70"     250
W88  2021-05-26  N. Paul            9"     26"     304-315
X02  2021-05-27  E. Guido          20"     30"     245           44x60s
W88  2021-05-27  B. Lutkenhoner     6"      8"     245

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     May  14.59378   23 24 49.83   - 5 53 35.1   16.5
          14.59793   23 24 50.24   - 5 53 33.8   16.5
          14.60809   23 24 51.31   - 5 53 30.7   17.2
          14.62053   23 24 52.59   - 5 53 27.3   17.2
          24.60613   23 41 41.47   - 5 06 54.3   16.3
          24.61025   23 41 41.85   - 5 06 53.2   16.3
          24.61942   23 41 42.76   - 5 06 51.0   16.2

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 K1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2021 Apr. 16.0 TT = JDT 2459320.5                                         
T 2021 May 4.66666 TT                                   Rudenko                 
q   2.4979582            (2000.0)            P               Q                  
n   0.02160192     Peri.  184.33288     +0.81962265     +0.54496304             
a  12.7685387      Node   140.90557     -0.51684735     +0.83644798             
e   0.8043662      Incl.   16.27566     -0.24715893     +0.05805224             
P  45.6                                                                         
From 75 observations 2020 Apr. 20-2021 May 27, mean residual 0".2.              
                                                                                
    C/2021 K1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2065 Aug. 23.0 TT = JDT 2475520.5                                         
T 2065 Aug. 20.12076 TT                                 Rudenko                 
q   2.4880533            (2000.0)            P               Q                  
n   0.02209554     Peri.  184.07391     +0.81543947     +0.55099767             
a  12.5776520      Node   140.73567     -0.52284354     +0.83260579             
e   0.8021846      Incl.   16.27511     -0.24838096     +0.05629533             
P  44.6                                                                         
From 75 observations 2020 Apr. 20-2021 May 27, mean residual 0".2.              
                                                                                
    C/2021 K1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 May 4.77792 TT                                   Rudenko                 
q   2.4976594            (2000.0)            P               Q                  
n   0.02163908     Peri.  184.36704     +0.81997611     +0.54444105             
a  12.7539170      Node   140.90839     -0.51631186     +0.83677463             
e   0.8041653      Incl.   16.27377     -0.24710574     +0.05824224             
P  45.5                                                                         
From 75 observations 2020 Apr. 20-2021 May 27, mean residual 0".2.              
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2021 04 27    22 53 34.3 -07 31 01   2.9391  2.4991    54.9    19.2  17.3
...
2021 05 12    23 20 20.4 -06 06 52   2.7949  2.4990    62.7    21.1  17.2
...
2021 05 20    23 34 01.5 -05 27 23   2.7168  2.5024    67.1    21.9  17.2
...
2021 05 26    23 43 58.4 -05 01 02   2.6579  2.5066    70.4    22.4  17.1
2021 05 27    23 45 36.3 -04 56 57   2.6481  2.5075    70.9    22.5  17.1
2021 05 28    23 47 13.6 -04 52 57   2.6383  2.5083    71.5    22.5  17.1
...
2021 06 03    23 56 46.7 -04 31 00   2.5794  2.5143    74.9    22.9  17.1
...
2021 06 11    00 08 58.9 -04 07 41   2.5010  2.5244    79.6    23.3  17.0
...
2021 06 26    00 29 56.2 -03 45 28   2.3566  2.5495    89.0    23.5  16.9

(MPEC 2021-K89、CBET 4968)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.