Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2021 A2 (NEOWISE)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-1-24 2:29
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2180
オンライン
Comet C/2021 A2 (NEOWISE)

ana P. Chesley (Jet推進研究所: JPL)の通報によると、1月3日UT、Near-Earth Object 
Wide-field Infrared Survey Explorer (NEOWISE:地球近傍天体広域赤外線探査衛星以前の、
WISE:広域赤外線探査衛星;CBET 4225参照)で得た赤外線画像から彗星を発見した。
Chesleyは、この天体は、3.4と4.6ミクロンのチャンネルの両方とも"重要な彗星活動を
見せ"、コマが4.6ミクロンで約5"あると注記した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、M. Mattiazzo (Swan Hill, ヴィクトリア州,
オーストラリア, 1月5.5日UT, 30秒CCD露出10枚のスタック, Celestron 28-cm f/2.2 Schmidt
アストログラフ: 拡散した2'のコマと核状の集光が見え、ブロードバンドG光度は14.8等
であった。1月8.52日、拡散したコマは4'と多少大きい。1月8.58日、20-cm反射望遠鏡, 眼視, 
全光度は11.9等で、拡散した2'のコマがある)や吉本勝己氏(山口県熊毛郡平生町,1月9.73日,
30秒露出8枚のスタック, 0.50-m f/6.8 反射望遠鏡, Siding Spring,: 全光度12.7等で1'.3 の
拡散したコマが見えるが尾はない)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
Q38  2021-01-05  M. Mattiazzo     120"                           10x30s
X02  2021-01-06  E. Guido          60"                           10x20s
W88  2021-01-06  M. Suzuki         19"      17"     40-80         3x50s
Q38  2021-01-06  M. Mattiazzo      60"           
I47  2021-01-07  M. Masek         144"    
W88  2021-01-07  B. Lutkenhoner     8"      20"     50            6x50s
Q38  2021-01-07  M. Mattiazzo     120" 
Q56  2021-01-07  E. Bryssinck     150"                           10x180s
G39  2021-01-07  E. Bryssinck      86"                           15x30s
Q62  2021-01-09  K. Yoshimoto      78"                            8x30s

発見位置は次のとおり、

     2021 UT             R.A. (2000) Decl.        Mag.
     Jan.  3.02153   10 59 50.39   -50 44 43.8     15
           3.15231   10 59 22.00   -50 43 20.3
           3.21776   10 59 07.63   -50 42 38.6
           3.28308   10 58 53.27   -50 41 57.1
           3.34854   10 58 38.90   -50 41 13.6
           3.41386   10 58 24.45   -50 40 30.8
           3.47931   10 58 10.01   -50 39 47.7
           3.54464   10 57 55.44   -50 39 04.8

MPCの準放物線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2021 A2                                                                   
T 2021 Jan. 22.71435 TT                                 Rudenko                 
q   1.4130330            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0003655      Peri.  338.91270     -0.62411120     +0.01550060             
                   Node   125.22155     +0.78047728     +0.05921667             
e   0.9994836      Incl.  107.01210     -0.03661182     +0.99812480             
From 90 observations 2021 Jan. 3-9.                                             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 12 11    11 44 56.5 -51 52 27   1.6256  1.5404    67.2    36.1  16.4
...
2020 12 26    11 23 07.7 -51 37 01   1.2739  1.4685    80.0    41.3  15.7
...
2021 01 03    10 59 55.4 -50 45 01   1.0751  1.4415    88.8    43.0  15.2
...
2021 01 09    10 34 26.2 -49 13 07   0.9259  1.4269    96.7    43.2  14.9
2021 01 10    10 29 22.4 -48 50 30   0.9014  1.4249    98.1    43.1  14.8
2021 01 11    10 24 03.5 -48 25 07   0.8771  1.4232    99.6    42.9  14.7
...
2021 01 17    09 46 41.9 -44 35 56   0.7372  1.4155   109.8    40.8  14.3
...
2021 01 25    08 43 57.1 -33 59 55   0.5831  1.4134   126.9    33.9  13.8
...
2021 02 09    06 45 10.5 +05 11 53   0.5393  1.4349   138.3    27.2  13.7

(MPEC 2021-A100、CBET 4908)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.