Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 Y2 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2021-1-24 2:28
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2180
オンライン
Comet C/2020 Y2 (ATLAS)

2020年12月28日UT、ハワイ Mauna Loaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid 
Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m f/2 Schmidt
反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が発見された。
R. Weryk(ハワイ大学天文学研究所)は、2020年4月2日と23日(Mt Lemmonサーベイの個々に20.4-
20.8等と20.1-20.2等を与えている観測)に遡って、小惑星センターの"分離したトラックレット
ファイル"の中の沢山の一夜観測と同定した。
2020年3月25.6日UTにHaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た
20.5等の1個の観測など。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F52  2020-05-11  R. Weryk           0".5    			  3x45s
F52  2020-05-21  R. Weryk           0".5                          4x45s
703  2020-12-15  D. Rankin         11"    
703  2021-01-02  H. Groeller       30"                            3x20s 
W88  2021-01-04  B. Lutkenhoner     4".5                         10x50s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec. 28.63776   14 09 33.73   -14 01 39.0   18.3
          28.64887   14 09 33.83   -14 01 42.6   18.0
          28.65948   14 09 33.93   -14 01 46.0   17.7
          28.66777   14 09 33.98   -14 01 48.5   18.5

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 Y2 (ATLAS)                                                           
Epoch 2022 June 30.0 TT = JDT 2459760.5                                         
T 2022 June 17.74356 TT                                 Rudenko                 
q   3.1327013            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0009576      Peri.  266.10366     -0.14804985     +0.88680888             
 +/-0.0000143      Node    26.51476     +0.52178139     +0.44607699             
e   0.9970000      Incl.  101.29629     -0.84013417     +0.12076970             
From 69 observations 2020 Mar. 25-2021 Jan. 6, mean residual 0".4.              
                                                                                
    C/2020 Y2 (ATLAS)                                                           
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2022 June 17.72860 TT                                 Rudenko                 
q   3.1326054            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0008668      Peri.  266.10055     -0.14793335     +0.88688000             
 +/-0.0000143      Node    26.50606     +0.52154063     +0.44596561             
e   0.9972846      Incl.  101.27756     -0.84030417     +0.12065876             
From 69 observations 2020 Mar. 25-2021 Jan. 6, mean residual 0".4.              
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 12 09    14 04 35.4 -12 13 21   6.5727  5.9020    43.8     6.6  18.3
...
2020 12 24    14 08 37.6 -13 36 22   6.2647  5.7994    57.7     8.2  18.1
...
2021 01 01    14 10 07.7 -14 19 48   6.0859  5.7447    65.3     8.9  18.0
...
2021 01 07    14 10 53.3 -14 51 57   5.9467  5.7037    71.1     9.4  17.9
2021 01 08    14 10 58.9 -14 57 16   5.9231  5.6969    72.0     9.4  17.9
2021 01 09    14 11 03.9 -15 02 34   5.8995  5.6901    73.0     9.5  17.9
...
2021 01 15    14 11 20.1 -15 34 06   5.7560  5.6491    78.9     9.8  17.8
...
2021 01 23    14 11 02.3 -16 15 17   5.5617  5.5946    86.8    10.1  17.7
...
2021 02 07    14 08 09.0 -17 29 13   5.1977  5.4926   102.3    10.1  17.5

(MPEC 2021-A83、CBET 4905)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.