Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2020 X1 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-12-30 0:12
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2198
オンライン
Comet P/2020 X1 (ATLAS)

A. Fitzsimmonsの通報によると、12月4.45-4.47 日UT、ハワイ Haleakalaにある小惑星地球
衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact Last Alert System (ATLAS)調査プロ
グラムのコースに0.5-m f/2 Schmidt反射望遠鏡で得たCCD画像から彗星を発見した。
30秒4枚の画像では、4"のシーイングで7"(半値全幅:FWHM)のコンパクトなコマが見え、p.a. 
220°に向かって6" 伸びている。
追加された一夜は以前にリンクされず、小惑星状で、この彗星の発見前の画像はより早く
小惑星センターへ報告されてMPCの"分離したトラックレットファイル"に発表された。
(ハワイ、Mauna LoaのATLAS 0.5-m f/2 Schmidt望遠鏡で得た光度17.8-18.3等の12月1.46-
1.49日UTからのイメージを含む)
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、吉本勝己氏(山口県熊毛郡平生町,12月5.5日,60秒露出
24枚のスタック, 0.20-m f/8 Ritchey-Chretien反射望遠鏡: 全光度19.0等で18"のコマが見える
が尾はない)、佐藤英貴氏(東京都文京区, 12月7.1日,60秒露出12枚のスタック,  0.43-m f/6.8 
アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 遠隔操作:強く集光した12" のコマが見える
が尾はない。7".6.の円形範囲で測定した光度は18.8等であった)や池村俊彦氏(愛知県名古屋市,
新城観測所, 測定報告者:佐藤裕久, 福島県須賀川市, 12月8.53日UT, 60秒露出8枚のスタック,
0.35-m f/5 反射望遠鏡, 中程度に集光した約10"のコマが見えるが尾はない。全光度は18.8等)ら
CCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2020-12-02  R. Weryk           0".7			  4x45s
B49  2020-12-04  J. Camarasa       10".8  
P87  2020-12-05  K. Yoshimoto      18"                           24x60s
H06  2020-12-07  H. Sato           12"                           12x60s
H06  2020-12-08  A. Valvasori      10"                           30x60s
H06  2020-12-08  G. Gasparovic     10"                           39x60s
B96  2020-12-08  E. Bryssinck      12"      14"     225          35x120s


発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Dec.  3.40525    2 43 51.43   +11 37 01.0   18.5
           3.41176    2 43 51.12   +11 37 04.2   18.7
           3.42237    2 43 50.61   +11 37 08.9   18.4
           3.42651    2 43 50.45   +11 37 10.3   18.6
           4.44516    2 43 03.36   +11 44 55.5   18.9
           4.45070    2 43 03.15   +11 44 56.9   18.5
           4.45436    2 43 02.95   +11 44 59.1   18.4
           4.46818    2 43 02.36   +11 45 05.8   18.7

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2020 X1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2020 Aug. 19.0 TT = JDT 2459080.5                                         
T 2020 Aug. 1.31597 TT                                  Veres                   
q   2.8894078            (2000.0)            P               Q                  
n   0.10289608     Peri.  326.17293     +0.85733620     -0.27659196             
a   4.5102799      Node    56.06637     +0.50525866     +0.61343436             
e   0.3593728      Incl.   31.55055     -0.09842926     +0.73972641             
P   9.58                                                                        
From 63 observations 2020 Dec. 1-8, mean residual 0".5.                         
                                                                                
    P/2020 X1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2030 Feb. 28.0 TT = JDT 2462560.5                                         
T 2030 Mar. 16.34829 TT                                 Veres                   
q   2.9094264            (2000.0)            P               Q                  
n   0.10212170     Peri.  326.30882     +0.85719849     -0.27821831             
a   4.5330518      Node    56.02087     +0.50583258     +0.61282002             
e   0.3581749      Incl.   31.50711     -0.09666513     +0.73962571             
P   9.65                                                                        
From 63 observations 2020 Dec. 1-8, mean residual 0".5.                         
                                                                                
    P/2020 X1 (ATLAS)                                                           
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2020 Aug. 1.36997 TT                                  Veres                   
q   2.8894477            (2000.0)            P               Q                  
n   0.10287144     Peri.  326.18444     +0.85728068     -0.27678388             
a   4.5110000      Node    56.06712     +0.50538435     +0.61334123             
e   0.3594663      Incl.   31.54921     -0.09826748     +0.73973185             
P   9.58                                                                        
From 63 observations 2020 Dec. 1-8, mean residual 0".5.                         
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 11 09    03 07 09.7 +08 43 05   1.9681  2.9514   171.5     2.8  19.2
...
2020 11 24    02 51 59.8 +10 27 04   2.0201  2.9709   161.0     6.2  19.3
...
2020 12 02    02 44 58.4 +11 26 23   2.0753  2.9823   152.1     8.9  19.3
...
2020 12 08    02 40 30.0 +12 12 12   2.1282  2.9913   145.3    10.8  19.4
2020 12 09    02 39 49.8 +12 19 56   2.1379  2.9928   144.2    11.1  19.4
2020 12 10    02 39 10.9 +12 27 42   2.1478  2.9944   143.1    11.4  19.4
...
2020 12 16    02 35 47.8 +13 14 46   2.2123  3.0039   136.5    13.0  19.5
...
2020 12 24    02 32 40.7 +14 18 50   2.3101  3.0171   128.0    14.9  19.6
...
2021 01 08    02 31 10.5 +16 22 07   2.5211  3.0436   113.0    17.3  19.8

(MPEC 2020-X71、CBET 4895、oaa-comet 1363)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.