Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 U4 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-11-3 21:43
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2143
オンライン
Comet C/2020 U4 (PANSTARRS)

R. WerykとY. Ramanjooloo (ハワイ大学, 天文学研究所)の通報によると、10月22日、Haleakalaに
あるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た4枚の45秒w-バンド画像から彗星を
発見した。
R. Werykは、この彗星の拡散した頭部は、1".4のシーイングで1".9 (半値全幅:FWHM)に見え(した
がって、本当の視直径は0".5と思われる)、p.a. 120に向かって約4"の尾があると注記した。
R. Werykは、過去のPan-STARRS1やPan-STARRS2の観測から多くの発見前観測を同定した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、E. Guido (Castellammare di Stabia, イタリア、10月
28.1日UT, 120秒露出16枚のスタック, Global Observatory "Telescope Live" の0.7-m f/6 
反射望遠鏡, Oria, Almeria, スペイン: 拡散した約10"たコマがあり、光度は9.3-19.6等であった)
と佐藤英貴氏(東京都文京区)のCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
F51  2020-10-03  R. Weryk           0".5      2"    120           4x45s
F51  2020-10-23  R. Weryk           0".5      4"    120           4x60s
H06  2020-10-24  H. Sato            6"                            8x120s
Z08  2020-10-28  E. Guido           10"                          16x120s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct. 22.55597    7 34 39.15   +25 46 19.1   20.2
          22.56896    7 34 38.84   +25 46 21.1   19.9
          22.58194    7 34 38.54   +25 46 23.1   20.1
          22.59503    7 34 38.22   +25 46 25.1   20.2
          23.55133    7 34 15.76   +25 48 52.1   20.3
          23.56499    7 34 15.43   +25 48 54.2   20.2
          23.57867    7 34 15.09   +25 48 56.3   20.2

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 U4 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2022 Apr. 11.0 TT = JDT 2459680.5                                         
T 2022 Apr. 7.99693 TT                                  Rudenko                 
q   5.3537718            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0002465      Peri.   69.53397     +0.61567228     +0.76368269             
 +/-0.0000027      Node   120.01375     +0.61318094     -0.61913263             
e   1.0013197      Incl.  167.03584     +0.49493109     -0.18293039             
From 53 observations 2019 Nov. 9-2020 Oct. 28, mean residual 0".2.              
                                                                                
    C/2020 U4 (PANSTARRS)                                                       
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2022 Apr. 7.67537 TT                                  Rudenko                 
q   5.3538864            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0004922      Peri.   69.51518     +0.61532825     +0.76396955             
 +/-0.0000027      Node   120.02118     +0.61346992     -0.61883581             
e   1.0026354      Incl.  167.03742     +0.49500081     -0.18273686             
From 53 observations 2019 Nov. 9-2020 Oct. 28, mean residual 0".2.              
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 09 28    07 40 05.0 +24 55 29   6.9502  6.7169    72.5     8.2  19.5
...
2020 10 13    07 37 40.8 +25 23 46   6.6161  6.6539    87.9     8.6  19.3
...
2020 10 21    07 35 13.9 +25 42 24   6.4358  6.6206    96.4     8.6  19.3
...
2020 10 27    07 32 47.9 +25 57 59   6.3022  6.5958   102.9     8.4  19.2
2020 10 28    07 32 20.4 +26 00 43   6.2802  6.5917   104.0     8.4  19.2
2020 10 29    07 31 52.0 +26 03 28   6.2583  6.5876   105.1     8.4  19.2
...
2020 11 04    07 28 42.2 +26 20 45   6.1291  6.5630   111.8     8.1  19.1
...
2020 11 12    07 23 35.3 +26 45 27   5.9650  6.5305   121.0     7.5  19.0
...
2020 11 27    07 11 11.2 +27 34 55   5.6944  6.4703   138.9     5.8  18.9

(MPEC 2020-U260、CBET 4880)


スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.