Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 T5 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-11-2 22:52
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2143
オンライン
Comet C/2020 T5 (Lemmon)

10月5日、Mt Lemmonサーベイのコースに1.5-m 反射望遠鏡で得た画像から小惑星状の天体が発見
された。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、他のCCD位置観測者によって彗星活動が見つかった。
R. Weryk (ハワイ大学, 天文学研究所)は、4月19日、HaleakalaにあるPan-STARRS1 1.8-m Ritchey-
Chretien反射望遠鏡で得た発見前のかすかな画像を見つけた(光度は22.3‐22.8等)。どんな
活動も必ずしもはっきりしない。
佐藤英貴氏(東京都文京区10月9.1日UT, 60秒露出24枚のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, 
Mayhill近郊, NM, 遠隔操作)は、恒星状に見える。5".7の円形範囲で測定した光度は20.0等であっ
た。
J. G. Ries (テキサス大学, Austin, 10月13.1日, McDonald天文台, 2.1-m 反射望遠鏡, J. W. 
Kuehneと彼が悪い透明度で得たi-バンド画像から、東北東に向かって約15"の明瞭な尾が見えた。
10月14.1日, すばらしいシーイングと透明度で得た追加画像は北東に向かって約18"の尾が見えた)
ら他のCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
I52  2020-10-06  D. Rankin           4"      3"     45
I52  2020-10-09  D. Rankin           5"      5"     90
K51  2020-10-13  R. Furgoni         10"
L07  2020-10-20  E. Guido           10"                           107x60s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct.  5.09960   16 54 48.01   +44 20 11.2   20.5
           5.10479   16 54 48.69   +44 20 12.6   20.6
           5.10999   16 54 49.33   +44 20 12.7   20.5
           5.11518   16 54 50.18   +44 20 13.5   20.7

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 T5 (Lemmon)                                                          
Epoch 2020 Sept. 28.0 TT = JDT 2459120.5                                        
T 2020 Oct.  9.61974 TT                                 Rudenko                 
q   1.8890306            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0010660      Peri.   90.29087     +0.33893303     +0.53024849             
 +/-0.0000076      Node   237.86186     -0.55492430     +0.77972168             
e   0.9979863      Incl.   66.60408     +0.75972588     +0.33297244             
From 103 observations 2020 Apr. 19-Oct. 24, mean residual 0".5.                 
                                                                                
    C/2020 T5 (Lemmon)                                                          
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2020 Oct.  9.62350 TT                                 Rudenko                 
q   1.8890398            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0010827      Peri.   90.29316     +0.33895208     +0.53024049             
 +/-0.0000076      Node   237.86149     -0.55489485     +0.77974068             
e   0.9979548      Incl.   66.60414     +0.75973889     +0.33294067             
From 103 observations 2020 Apr. 19-Oct. 24, mean residual 0".5.                 
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 09 27    16 37 59.0 +44 05 02   1.9082  1.8956    74.0    30.6  20.2
...
2020 10 12    17 11 25.2 +44 33 35   1.8823  1.8893    75.0    30.7  20.1
...
2020 10 20    17 33 25.9 +44 48 18   1.8652  1.8935    76.2    30.7  20.1
...
2020 10 26    17 51 54.1 +44 57 29   1.8527  1.9001    77.3    30.7  20.1
2020 10 27    17 55 08.6 +44 58 46   1.8507  1.9015    77.5    30.7  20.1
2020 10 28    17 58 25.7 +44 59 57   1.8488  1.9029    77.7    30.7  20.1
...
2020 11 03    18 19 05.3 +45 04 39   1.8389  1.9134    78.9    30.6  20.1
...
2020 11 11    18 49 00.2 +45 02 20   1.8312  1.9317    80.4    30.4  20.2
...
2020 11 26    19 50 44.7 +44 19 53   1.8443  1.9790    82.8    29.7  20.3

(MPEC 2020-U251、CBET 4877)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.