Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2007 VQ11 = 2020 T1 (Catalina)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-11-2 22:46
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2143
オンライン
Comet P/2007 VQ11 = 2020 T1 (Catalina)

M. Rudenko (小惑星センター)の通報によると、10月15日、G. J. Leonardは、Mt Lemmon の1.5-m
反射望遠鏡により、およそ1".8のシーイングで得た30秒露出4枚から、集光のある4" のコマとp.a. 
250°に真直ぐな10"の尾のある新彗星を発見した。

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Oct. 15.44876    7 26 24.15   + 9 00 25.1   19.7   Leonard
          15.45391    7 26 24.50   + 9 00 23.1   19.5     "
          15.45903    7 26 24.80   + 9 00 21.9   19.5     "
          15.47059    7 26 25.44   + 9 00 18.6   19.4     "
          15.50529    7 26 27.53   + 9 00 07.5   19.2     "
          15.51537    7 26 28.13   + 9 00 04.9   19.9     "
          15.52038    7 26 28.37   + 9 00 03.1   19.3     "

小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区)は、これは、P/2007 VQ11 
(IAUC 8914を参照)の検出であることを報告した。佐藤(英)は、また、8月に得たCCD露出にこの
彗星の早期のイメージを同定した。8月18.5日UT, 60秒露出8枚のスタック, 0.43-m f/6.8 アストロ
グラフ, Mayhill近郊, NM, 遠隔操作:この彗星は恒星状で、3".8の円形範囲で測定した光度は20.6
等であった。 60秒露出10枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, 
遠隔操作:強く集光した彗星で、微かな外側に8"のコマが見えるが、尾はない。4".4の円形範囲で
測定した光度は20.6等であった。

佐藤(英)氏の発見前の位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Aug. 18.46181    6 06 42.90   +12 54 24.4          Sato
          18.46527    6 06 43.25   +12 54 24.0   20.6     "
          18.80801    6 07 17.10   +12 53 40.3            "
          18.81259    6 07 17.54   +12 53 39.6   20.6     "

R. Weryk (ハワイ大学, 天文学研究所)は、2019年9月29日と2019年10月28日、Haleakalaにある
Pan-STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た画像からこの彗星を同定した。
どちらも彗星活動を見るにはかすか過ぎた。

Pan-STARRS1の発見前の位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept.29.41259    0 20 05.37   - 4 11 52.7   22.1
          29.42374    0 20 04.98   - 4 11 57.0   22.6
          29.43486    0 20 04.59   - 4 12 01.3   21.4
          29.44597    0 20 04.19   - 4 12 05.5   21.9
     Oct. 28.30620    0 05 34.26   - 6 46 00.6   24.1
          28.31882    0 05 33.97   - 6 46 03.7   22.5
          28.33148    0 05 33.67   - 6 46 06.5   22.8
          28.34424    0 05 33.40   - 6 46 09.4   21.9

NK 1727 とICQ's 2019 and 2020 Comet Handbookの中野主一氏の予報に対し、Delta(T)は、-1.61 
days であった。MPC 75708のG. V. Williamsの予報に対するDelta(T)は、-1.87 daysであった。
彗星年表2020の佐藤裕久の予報に対する修正値は、Delta(T) = -1.69 daysであった。

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2007 VQ11 (Catalina)                                                      
Epoch 2008 Feb. 24.0 TT = JDT 2454520.5                                         
T 2008 Feb. 13.77910 TT                                 Rudenko                 
q   2.6932905            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07832162     Peri.  277.72169     +0.13677935     -0.98886425             
a   5.4102202      Node   164.05374     +0.97203491     +0.12257264             
e   0.5021847      Incl.   12.32457     +0.19089144     +0.08440047             
P  12.6                                                                         
From 102 observations 2007 Nov. 3-2020 Oct. 17, mean residual 0".9.             
                                                                                
    P/2007 VQ11 (Catalina)                                                      
Epoch 2020 Sept. 28.0 TT = JDT 2459120.5                                        
T 2020 Sept. 16.38267 TT                                Rudenko                 
q   2.6952696            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07799194     Peri.  277.67421     +0.14160054     -0.98813605             
a   5.4254558      Node   163.81699     +0.97138786     +0.12712745             
e   0.5032179      Incl.   12.31997     +0.19066967     +0.08617279             
P  12.6                                                                         
From 102 observations 2007 Nov. 3-2020 Oct. 17, mean residual 0".9.             
                                                                                
    P/2007 VQ11 (Catalina)                                                      
Epoch 2033 June 12.0 TT = JDT 2463760.5                                         
T 2033 May 23.38244 TT                                  Rudenko                 
q   2.7106771            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07736240     Peri.  277.72290     +0.14291595     -0.98792251             
a   5.4548495      Node   163.69000     +0.97116781     +0.12831663             
e   0.5030702      Incl.   12.30866     +0.19080910     +0.08685593             
P  12.7                                                                         
From 102 observations 2007 Nov. 3-2020 Oct. 17, mean residual 0".9.             
                                                                                
    P/2007 VQ11 (Catalina)                                                      
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2020 Sept. 16.37558 TT                                Rudenko                 
q   2.6952575            (2000.0)            P               Q                  
n   0.07797604     Peri.  277.67332     +0.14163963     -0.98813011             
a   5.4261935      Node   163.81558     +0.97138310     +0.12716486             
e   0.5032876      Incl.   12.32010     +0.19066485     +0.08618571             
P  12.6                                                                         
From 102 observations 2007 Nov. 3-2020 Oct. 17, mean residual 0".9.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 09 22    06 58 50.9 +10 54 11   2.7797  2.6956    74.7    21.1  18.5
...
2020 10 07    07 17 24.4 +09 42 44   2.6055  2.6996    84.5    21.6  18.4
...
2020 10 15    07 25 57.2 +09 02 42   2.5124  2.7036    90.0    21.6  18.3
...
2020 10 21    07 31 38.9 +08 32 40   2.4430  2.7075    94.4    21.5  18.3
2020 10 22    07 32 32.1 +08 27 43   2.4316  2.7082    95.1    21.5  18.3
2020 10 23    07 33 24.1 +08 22 46   2.4201  2.7089    95.9    21.4  18.2
...
2020 10 29    07 38 12.2 +07 53 39   2.3523  2.7138   100.4    21.1  18.2
...
2020 11 06    07 43 28.4 +07 17 01   2.2645  2.7213   106.8    20.4  18.1
...
2020 11 21    07 49 31.0 +06 19 57   2.1125  2.7388   119.6    18.3  18.0

(MPEC 2020-U169、CBET 4869、oaa-comet 1189)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.