Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 T2 (Palomar)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-11-2 22:45
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2143
オンライン
Comet C/2020 T2 (Palomar)

Dmitry A. Duev (カリフォルニア工科大学, 天文学部)の通報によると、10月7日UT、光学観測装置
 (ZTF:Zwicky Transient Facility)のTwilightサーベイの一部としてPalomarにある1.2-m Schmidt
望遠鏡 (+ ZTF)で得た、30秒r-バンド露出5枚から彗星を発見した。
この天体は、およそ2".5-3"(シーイング約2".0においての半値全幅:FWHM)で、明らかに西に向かっ
て尾は伸びている。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区,10月10.5日UT, 60秒露出20枚
のスタック, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, NM, 遠隔操作:強く集光した8"のコマが
あるが、尾はない。5".7の円形範囲で測定した光度は19.1等であった)ら、他のCCD位置観測者によっ
て彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
H06  2020-10-10  H. Sato             8"                          20x60s
N88  2020-10-10  Q.-Z. Ye            4"       6"    300-320
G37  2020-10-12  J. Bauer            1"      2".4   290-310
204  2020-10-18  A. Aletti           5"       6"    275          30x60s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Oct.  7.51475   11 10 36.03   +28 25 54.0   19.3
           7.51947   11 10 36.42   +28 25 53.4   19.3
           7.52417   11 10 36.82   +28 25 51.9   19.3
           7.52888   11 10 37.23   +28 25 50.8   19.3
           7.53358   11 10 37.60   +28 25 49.3   19.3
           9.51734   11 13 25.78   +28 16 41.2   18.9
           9.52671   11 13 26.62   +28 16 38.8   19.0
           9.53140   11 13 26.97   +28 16 37.6   19.3

MPCの楕円軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 T2 (Palomar)                                                         
Epoch 2021 July 5.0 TT = JDT 2459400.5                                          
T 2021 July 11.14638 TT                                 Rudenko                 
q   2.0546940            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0032018      Peri.  150.38279     -0.53887539     +0.70302590             
 +/-0.0000074      Node    83.04834     -0.83513965     -0.37375643             
e   0.9934213      Incl.   27.87307     -0.11025006     -0.60502952             
From 67 observations 2019 Dec. 11-2020 Oct. 21, mean residual 0".4.             
                                                                                
    C/2020 T2 (Palomar)                                                         
Epoch 2020 Dec. 17.0 TT = JDT 2459200.5                                         
T 2021 July 11.12532 TT                                 Rudenko                 
q   2.0547708            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0031140      Peri.  150.37210     -0.53896217     +0.70296012             
 +/-0.0000074      Node    83.05156     -0.83509671     -0.37387773             
e   0.9936015      Incl.   27.87279     -0.11015114     -0.60503100             
From 67 observations 2019 Dec. 11-2020 Oct. 21, mean residual 0".4.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 09 22    10 48 52.7 +29 40 26   4.6364  3.8399    33.5     8.3  19.0
...
2020 10 07    11 09 52.2 +28 28 19   4.3984  3.7136    41.8    10.3  18.8
...
2020 10 15    11 21 12.0 +27 52 05   4.2614  3.6465    46.4    11.4  18.6
...
2020 10 21    11 29 44.4 +27 26 20   4.1548  3.5963    50.0    12.2  18.5
2020 10 22    11 31 10.0 +27 22 11   4.1367  3.5879    50.6    12.4  18.5
2020 10 23    11 32 35.6 +27 18 04   4.1185  3.5796    51.2    12.5  18.5
...
2020 10 29    11 41 09.8 +26 54 20   4.0081  3.5295    54.8    13.3  18.4
...
2020 11 06    11 52 36.8 +26 25 30   3.8572  3.4629    59.6    14.3  18.2
...
2020 11 21    12 14 03.0 +25 42 13   3.5660  3.3390    68.8    16.0  17.9

(MPEC 2020-U170、CBET 4870)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.