Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2020 R1 = 2013 PA104 (PANSTARRS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-9-23 1:08
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2129
オンライン
Comet P/2020 R1 = 2013 PA104 (PANSTARRS)

R. Weryk (ハワイ大学, 天文学研究所)の通報によると、2020年9月9日UT、HaleakalaにあるPan-
STARRS1 1.8-m Ritchey-Chretien反射望遠鏡で得た画像から彗星を発見した。
彼は彗星として、中央局と小惑星センターに報告し、小惑星センターのNEOCP webpageに投稿した。
彼はその時、HaleakalaにあるPan-STARRS1とPan-STARRS2の両方の1.8-m反射望遠鏡で得た2020年
6月1日から8月29日に及ぶ追加の8夜だけでなく2013年8月15日から2016年4月10日に及ぶ11夜のこの
彗星の小惑星状のイメージと同定した。
小惑星センターは不注意に小惑星仮符号2013 PA104をこの彗星に割り当てて、それをNEOCP webpage
から取り除いたが、この彗星(この天体は、2020年9月10.4日UT、Mt Lemmonサーベイのコースに
D. Rankinによって得た30秒のCCD画像は光度19.2-19.3等で"明瞭な"彗星活動があった)が明らかに
独立発見で"新たな"彗星の可能性ありとして 小惑星センターのPCCP webpageに掲載した。
そのPCCP投稿に呼応して、佐藤英貴氏(東京都文京区, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring,  
NSW, 遠隔操作)は、2020年9月11.5日、60秒露出10枚のスタックで、適度に集光した12" のコマとp.a. 
320°に向かって15"の尾が見えると気づいた。6".5の円形範囲で測定した全光度は19.3等であった。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
G96  2020-09-10  D. Rankin          10"      5"     270           4x30s
Q62  2020-09-11  H. Sato            12"     15"     320          10x60s
204  2020-09-11  A. Aletti           5"     15"     278

発見位置は次のとおり、

     2013 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Aug. 15.49380   22 56 50.65   - 0 32 48.6   21.1
          15.50936   22 56 50.17   - 0 32 53.8   21.1
          15.52491   22 56 49.68   - 0 32 59.3   21.2
          15.54046   22 56 49.19   - 0 33 04.4   21.4

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Sept. 9.50290    0 43 04.45   + 2 58 10.3   19.8
           9.51446    0 43 04.21   + 2 58 04.5   19.8
           9.52602    0 43 03.97   + 2 57 58.6   19.7
           9.53757    0 43 03.74   + 2 57 52.8   19.8

MPCの連結軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2013 PA104 (PANSTARRS)                                                    
Epoch 2014 Apr. 13.0 TT = JDT 2456760.5                                         
T 2014 May 1.67399 TT                                   Rudenko                 
q   2.1727894            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14436374     Peri.  238.02360     +0.56994520     -0.82162988             
a   3.5988519      Node   177.17737     +0.80319921     +0.55469712             
e   0.3962548      Incl.   10.90617     +0.17330176     +0.13128384             
P   6.83                                                                        
From 94 observations 2013 Aug. 15-2020 Sept. 10, mean residual 0".4.            
                                                                                
    P/2013 PA104 (PANSTARRS)                                                    
Epoch 2021 Jan. 26.0 TT = JDT 2459240.5                                         
T 2021 Feb. 10.09074 TT                                 Rudenko                 
q   2.1033453            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14679796     Peri.  238.78384     +0.56999914     -0.82155895             
a   3.5589566      Node   176.39801     +0.80351796     +0.55433674             
e   0.4089994      Incl.   10.92918     +0.17163879     +0.13323543             
P   6.71                                                                        
From 94 observations 2013 Aug. 15-2020 Sept. 10, mean residual 0".4.            
                                                                                
    P/2013 PA104 (PANSTARRS)                                                    
Epoch 2027 Nov. 11.0 TT = JDT 2461720.5                                         
T 2027 Nov. 3.37955 TT                                  Rudenko                 
q   2.1039636            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14671727     Peri.  239.00526     +0.56798037     -0.82295195             
a   3.5602614      Node   176.31567     +0.80490093     +0.55230995             
e   0.4090424      Incl.   10.92761     +0.17185109     +0.13305567             
P   6.72                                                                        
From 94 observations 2013 Aug. 15-2020 Sept. 10, mean residual 0".4.            
                                                                                
    P/2013 PA104 (PANSTARRS)                                                    
Epoch 2020 May 31.0 TT = JDT 2459000.5                                          
T 2021 Feb. 10.02384 TT                                 Rudenko                 
q   2.1036515            (2000.0)            P               Q                  
n   0.14677717     Peri.  238.75311     +0.57042703     -0.82126196             
a   3.5592927      Node   176.39892     +0.80322633     +0.55475411             
e   0.4089692      Incl.   10.92841     +0.17158223     +0.13332915             
P   6.72                                                                        
From 94 observations 2013 Aug. 15-2020 Sept. 10, mean residual 0".4.            
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 08 14    00 43 27.5 +05 29 30   1.7118  2.4801   129.3    18.4  20.1
...
2020 08 29    00 45 10.1 +04 22 18   1.5383  2.4273   143.7    14.2  19.8
...
2020 09 06    00 44 00.8 +03 26 38   1.4626  2.4002   152.1    11.3  19.6
...
2020 09 12    00 42 15.2 +02 36 34   1.4147  2.3803   158.6     8.9  19.5
2020 09 13    00 41 53.5 +02 27 36   1.4075  2.3770   159.7     8.4  19.5
2020 09 14    00 41 30.6 +02 18 28   1.4006  2.3738   160.8     8.0  19.5
...
2020 09 20    00 38 52.6 +01 20 38   1.3640  2.3545   167.5     5.3  19.4
...
2020 09 28    00 34 39.4 -00 02 02   1.3294  2.3297   175.5     1.9  19.3
...
2020 10 13    00 26 08.9 -02 37 08   1.3090  2.2857   164.3     6.8  19.2

(MPEC 2020-R101、CBET 4845)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.