Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     小嶋さんと西村さんがさそり座に新星を発見
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-9-18 16:32
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2129
オンライン
小嶋さんと西村さんがさそり座に新星を発見

                            VSOLJニュース(368)

                 小嶋さんと西村さんがさそり座に新星を発見 

                                            著者:前原裕之(国立天文台)
                                    連絡先:hiroyuki.maehara@nao.ac.jp

 9月8日の夕方に新たな新星がさそり座の中に発見されました。新星を発見した
のは群馬県嬬恋村の小嶋正(こじまただし)さんと、静岡県掛川市の西村栄男(に
しむらひでお)さんです。小嶋さんは9月8.423日(世界時; 以下同様)に撮影した
画像から、西村さんは8.447日に撮影した画像から、それぞれ独立に12等級の新
天体を発見しました。発見の報告を受けて、千葉県の野口さんや山口県の吉本
さん、千葉県の清田さんらによって観測が行なわれ、この天体が赤い色をして
いることや、9月9日には13等級、11日には14等級と急速に暗くなっていること
が分かりました。この天体の正確な位置は

赤経: 17時 23分 41.93秒
赤緯: -31度 03分 07.6秒  (2000.0年分点)

です。
 この天体の分光観測は岡山県の藤井さんによって9月10日に行なわれ、この天
体のスペクトルには幅の広いHα輝線がみられることが分かりました。また、
藤井さんが13日と14日に行なった分光観測や、南アフリカの口径11m望遠鏡SALT
によって14日に行なわれた分光観測によると、水素のバルマー輝線の他に、中
性酸素やヘリウム、一階電離した鉄など輝線がみられるようになったことが分
かりました。さらに、天の川の方向に見える重力マイクロレンズ現象や変光星
の探査を行なっているOGLEのデータから、この新天体と同じ位置の16等ほどの
赤い天体が、増光の前には周期140日ほどの変光を示していたことが分かりまし
た。このようなスペクトルの特徴や増光前の変光の様子から、この天体は共生
星と呼ばれる白色矮星と赤色巨星から成る連星系で、白色矮星の表面で起こっ
た新星爆発によって急激に明るくなったと考えられます。

                                                         2020年9月18日

新星の画像
 野口さんによる観測
 http://park8.wakwak.com/~ngc/images/TCPinSco_20200909.jpg
 吉本さんによる観測
 http://orange.zero.jp/k-yoshimoto/TCP_J17234205-3103072.jpg

新星のスペクトル
 藤井さんによる観測
 http://otobs.org/FBO/fko/n/tcp_j17234205-3103072/tcp_j17234205-3103072.htm

参考文献
CBAT "Transient Object Followup Reports": TCP J17234205-3103072
CBET 4848: V1708 SCORPII = NOVA SCORPII 2020 = TCP J17234205-3103072
Aydi, E., et al., 2020, ATel #14015
Mroz, P., et al., 2020, ATel #14017

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.