Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 NJ3 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-8-25 17:42
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2111
オンライン
Comet C/2019 NJ3 (Lemmon)

2019年7月5.4日UT、Mt Lemmonサーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得たCCD画像から小惑星状天体が
発見された。MPS 1001566にほんのわずか1日間をまたいだこの天体の17個の観測が掲載された。
CCD位置観測者により彗星活動を見つけられ、S. Deen (Simi Valley, カリフォルニア州)は、
メーリングリストcomets-mlにコメントを発表した。
佐藤英貴氏(東京都文京区, 8月1.79日UT, 60秒露出2枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストロ
グラフ, Siding Spring, 遠隔操作:強く集光した8" のコマが見えるが尾はない。4".9.の円形
範囲で測定した光度16.2等であった。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
X02  2020-07-30  E. Guido            7"      15"    305          17x60s
Q62  2019-08-01  H. Sato             8"                           2x60s

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     July  5.39592   22 14 52.60   -19 44 00.9   20.5
           5.40162   22 14 52.41   -19 44 04.4   20.4
           5.40731   22 14 52.31   -19 44 06.8   20.5

MPCの双曲線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 NJ3 (Lemmon)                                                         
Epoch 2020 Nov. 7.0 TT = JDT 2459160.5                                          
T 2020 Oct. 22.28282 TT                                 Rudenko                 
q   4.3616695            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0001851      Peri.  246.84130     +0.21994173     -0.76828950             
 +/-0.0000033      Node   142.45533     +0.03120855     +0.62144526             
e   1.0008075      Incl.   99.43871     -0.97501367     -0.15341786             
From 39 observations 2019 June 5-2020 Aug. 7, mean residual 0".4.               
                                                                                
    C/2019 NJ3 (Lemmon)                                                         
Epoch 2020 May 31.0 TT = JDT 2459000.5                                          
T 2020 Oct. 22.15886 TT                                 Rudenko                 
q   4.3618047            (2000.0)            P               Q                  
z  -0.0002042      Peri.  246.82204     +0.22020051     -0.76819206             
 +/-0.0000033      Node   142.45333     +0.03100960     +0.62148772             
e   1.0008907      Incl.   99.43735     -0.97496161     -0.15373344             
From 39 observations 2019 June 5-2020 Aug. 7, mean residual 0".4.               
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 07 12    00 41 20.3 -67 01 18   3.9234  4.4421   114.5    12.0  18.4
...
2020 07 27    00 53 48.0 -72 14 34   3.8911  4.4204   115.2    12.0  18.4
...
2020 08 04    00 58 40.2 -74 56 25   3.8971  4.4102   114.1    12.1  18.4
...
2020 08 10    01 00 59.8 -76 53 06   3.9115  4.4032   112.7    12.3  18.4
2020 08 11    01 01 14.2 -77 12 04   3.9146  4.4021   112.4    12.3  18.4
2020 08 12    01 01 25.8 -77 30 53   3.9180  4.4010   112.1    12.3  18.4
...
2020 08 18    01 01 21.8 -79 20 12   3.9426  4.3947   110.1    12.5  18.4
...
2020 08 26    00 56 43.6 -81 34 57   3.9857  4.3871   106.9    12.7  18.4
...
2020 09 10    00 19 38.0 -85 03 11   4.0919  4.3756    99.7    13.1  18.5

(MPEC 2020-P29、CBET 4825)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.