Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 P1 (NEOWISE)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-8-25 17:42
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2143
オンライン
Comet C/2020 P1 (NEOWISE)

J. P. Chesley (Jet推進研究所)の通報によると、8月2-3日UT、Near-Earth 
Object Wide-field Infrared Survey Explorer (NEOWISE:地球近傍天体広域赤外線探査衛星、
以前のWISE:広域赤外線探査衛星;CBET 4225参照)で得た赤外線画像からハッキリとしたコマの
ある彗星を発見した。
彼女は、NEOWISEのW1とW2(3.4-と4.6-ミクロン)両チャンネルで、この彗星の点拡散関数 (PSF)
が曖昧で典型的な恒星のPSFよりも倍大きいようで、おそらく彗星状のコマを示しているようで
ある。尾である証拠は少しもないと注記した。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、M. Mattiazzo (8月4.45日UT、60秒露出5枚のスタック,
iTelescope 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW; 中程度の集光があるが5"と
小さいコマ、r光度15.5-16.3等、p.a. 120°に20"と短い尾がある)や佐藤英貴氏(東京都文京区, 
8月5.4日,60秒露出12枚のスタック, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring: 強く集光
した15" のコマが見え、p.a. 113°に向かって40"の尾がある。8".2の円形範囲で測定したコマの
光度は16.2等であった)ら、他のCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
Q62  2020-08-04  M. Mattiazzo         5"     20"    120           5x60s
Y00  2020-08-04  C. Jacques          18"     12"    135           3x120s
W88  2020-08-05  N. Paul             13"     24"    116           4x100s
W88  2020-08-05  G. Gasparovic               20"    110           8x50s
Q62  2020-08-05  H. Sato             15"     40"    113           12x60s
Q62  2020-08-05  E. Guido            15"     30"    125           24x45s
G39  2020-08-07  E. Bryssinck        10"     14"    116           15x60s
W88  2020-08-07  M. Suzuki           14"     30"    125           4x50s
W88  2020-08-08  N. Paul              8"     13"    119           3x100s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Aug.  2.62538   12 49 52.54   -76 32 45.3    19
           2.62551   12 49 52.32   -76 32 44.4
           2.82161   12 49 14.40   -76 26 42.1
           2.88706   12 49 02.09   -76 24 39.7
           2.95238   12 48 49.27   -76 22 42.0
           3.01784   12 48 37.09   -76 20 40.8
           3.14861   12 48 12.31   -76 16 40.1
           3.27939   12 47 48.55   -76 12 38.4
           3.34484   12 47 36.56   -76 10 38.0

MPCの放物線軌道要素、位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 P1 (NEOWISE)                                                         
T 2020 Oct. 20.17306 TT                                 Rudenko                 
q   0.3424981            (2000.0)            P               Q                  
                   Peri.    8.90150     +0.49965184     -0.65340837             
                   Node    53.50591     +0.74483587     -0.01108722             
e   1.0            Incl.   45.02334     +0.44223022     +0.75692442             
From 63 observations 2020 Aug. 2-8.                                             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 07 09    18 04 49.0 -83 21 33   1.4470  2.1307   118.7    24.7  17.4
...
2020 07 24    13 46 06.4 -81 11 29   1.3103  1.8964   108.6    30.5  16.8
...
2020 08 01    12 55 42.0 -77 22 26   1.2519  1.7667   101.9    34.2  16.5
...
2020 08 07    12 38 31.1 -74 17 44   1.2124  1.6670    96.6    37.2  16.2
2020 08 08    12 36 36.5 -73 46 46   1.2060  1.6502    95.6    37.7  16.1
2020 08 09    12 34 54.2 -73 15 51   1.1997  1.6333    94.7    38.2  16.1
...
2020 08 15    12 28 03.1 -70 11 50   1.1623  1.5306    89.2    41.4  15.8
...
2020 08 23    12 24 47.7 -66 13 11   1.1118  1.3897    81.6    46.0  15.4
...
2020 09 07    12 26 42.3 -58 56 29   1.0026  1.1116    67.1    56.6  14.4

(MPEC 2020-P29、CBET 4825)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.