Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2020 H6 (ATLAS)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-6-26 1:15
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2087
オンライン
Comet C/2020 H6 (ATLAS)

James E. Robinson (Queens大学, Belfast, 北アイルランド)の通報によると、4月22日UT、
ハワイ Haleakalaにある小惑星地球衝突最終警報システム Asteroid Terrestrial-impact 
Last Alert System (ATLAS)調査プログラムのコースに0.5-m f/2 Schmidt反射望遠鏡で得た
個々の画像からAlan Fitzsimmonsと彼が彗星を発見した。
この彗星の頭部のFWHM(半値全幅)は、近傍の恒星のFWHMが5".4に比べ7".6であった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台, 
0.51-m f/6.8 アストログラフ, Siding Spring, NSW, 遠隔操作)は、4月24.64日UT、60秒露出
8枚のスタックで、恒星状の外観を見つけた。4".9の円形範囲で測定した光度は18.5等で
あった。
J. Oey, R. GroomとP. Camilleri (Perth天文台, 0.34-m f/5 反射望遠鏡, 4月26.51-26.58日、
120秒5枚: 5"の非常に集光しているようなコマが見えた。4月29日は平均的なシーイングで
得た同様の露出では、基本的には恒星のイメージと示唆)らCCD位置観測者によって彗星状と
観測された。

彗星機能の追加報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
323  2020-04-26  P. Camilleri         5"                         5x120s
Q62  2020-04-28  E. Guido            10"                        10x120s

発見位置は次のとおり、

     2020 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.
     Apr. 22.34303   11 55 23.71   -49 22 30.8   18.1
          22.34626   11 55 23.54   -49 22 28.9   18.8
          22.35186   11 55 23.37   -49 22 25.8   18.8
          22.36251   11 55 23.10   -49 22 19.2   18.6

MPCの暫定放物線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2020 H6 (ATLAS)                                                           
T 2021 Oct. 1.29404 TT                                  Rudenko                 
q   4.6890842            (2000.0)            P               Q                  
                   Peri.   20.53028     -0.74370815     +0.38340220             
                   Node   213.80530     -0.66255533     -0.31369265             
e   1.0            Incl.   79.83077     +0.08898659     +0.86867697             
From 53 observations 2020 Apr. 22-May 2.                                        
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 04 03    12 06 26.1 -52 12 19   5.5890  6.3050   132.3     6.7  18.7
...
2020 04 18    11 57 33.7 -50 05 09   5.4816  6.2318   135.0     6.5  18.6
...
2020 04 26    11 53 44.8 -48 44 54   5.4474  6.1932   134.4     6.7  18.6
...
2020 05 02    11 51 25.3 -47 40 25   5.4325  6.1643   133.0     6.9  18.6
2020 05 03    11 51 04.9 -47 29 23   5.4309  6.1595   132.7     6.9  18.6
2020 05 04    11 50 45.4 -47 18 16   5.4296  6.1547   132.4     6.9  18.6
...
2020 05 10    11 49 05.9 -46 10 21   5.4267  6.1261   130.1     7.2  18.5
...
2020 05 18    11 47 41.6 -44 37 30   5.4363  6.0882   126.2     7.7  18.5
...
2020 06 02    11 47 32.5 -41 42 46   5.4924  6.0178   116.8     8.7  18.5

(MPEC 2020-J23、CBET 4768)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.