Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 U6 (Lemmon)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-3-31 19:20
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2111
オンライン
Comet C/2019 U6 (Lemmon)

2019年10月31日UT、R. A. KowalskiはMt Lemmonサーベイの1.5-m反射望遠鏡で得たCCD画像
から外見上の小惑星状天体を発見した。MPEC 2019-V131にA/2019 U6の仮符号が付されて発表
されていた。
12月以降CCD観測者や今月になって眼視観測者によって彗星状に見えていることがわかった。
佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台, 0.51-m f/6.8 アストログラフ, 
Siding Spring, 遠隔操作; 最初の報告は、2019年12月6.7日UT、60秒露出12枚のスタックで、
強く集光した12" のコマがあるが尾は見えない。 8".8の円形範囲で測定した光度は18.6等で
あった。2020年2月20.47日UTに、強く集光した外側コマが40" あり、19".7の円形範囲で測定
した光度は15.8 等であった)や門田健一氏(埼玉県上尾市, 0.25-m f/5 反射望遠鏡; 2020年2月
11.47日UT、全光度16.7等)らCCD位置観測者によって彗星状と観測された。

彗星機能の追加報告は次の通り:

OC   Date        Reporter           Coma    Tail    PA          Exposures
Q62  2019-12-06  H. Sato             12"                        12x60s
675  2019-12-16  Q.-Z. Ye                   2.2"    340 
Q62  2019-12-27  G. van Buitenen             6"     350
X02  2019-12-27  E. Guido             5"     7"     320         24x30s
Q62  2019-12-30  K. Yoshimoto               18"     350         6x60s
Q62  2020-02-20  H. Sato             40"
I47  2020-02-23  M. Masek                   20"     230         12x120s
Q38  2020-03-11  M. Mattiazzo                3'     330
Q62  2020-03-23  R.Ligustri           6'

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Oct. 31.43368    5 47 29.43   -10 41 40.3   20.5   Kowalski
          31.43880    5 47 29.28   -10 41 45.6   20.6     "
          31.44390    5 47 29.19   -10 41 50.2   20.4     "
          31.44901    5 47 29.06   -10 41 55.4   20.8     "

MPCの楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 U6 (Lemmon)                                                          
Epoch 2020 May 31.0 TT = JDT 2459000.5                                          
T 2020 June 18.82385 TT                                 Rudenko                 
q   0.9142404            (2000.0)            P               Q                  
z  +0.0023235      Peri.  329.66138     -0.68857988     +0.06106134             
 +/-0.0000013      Node   235.70598     -0.35186602     -0.89941785             
e   0.9978758      Incl.   61.00169     -0.63407260     +0.43280370             
From 225 observations 2018 Nov. 6-2020 Mar. 23, mean residual 0".4.             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2020 02 24    03 55 12.9 -26 20 55   2.0309  2.0805    78.9    27.8  16.2
...
2020 03 10    03 59 18.3 -25 12 45   1.9915  1.8906    69.6    29.5  15.8
...
2020 03 18    04 04 25.1 -24 36 49   1.9560  1.7890    65.5    30.4  15.5
...
2020 03 24    04 09 35.1 -24 11 15   1.9219  1.7129    62.8    31.2  15.3
2020 03 25    04 10 33.5 -24 07 10   1.9155  1.7002    62.3    31.3  15.2
2020 03 26    04 11 33.9 -24 03 07   1.9089  1.6875    61.9    31.4  15.2
...
2020 04 01    04 18 17.1 -23 40 03   1.8655  1.6118    59.7    32.4  14.9
...
2020 04 09    04 29 07.9 -23 12 50   1.7963  1.5117    57.3    33.9  14.6
...
2020 04 24    04 56 00.8 -22 31 57   1.6326  1.3295    54.5    38.0  13.8

(MPEC 2020-F136、CBET 4735)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.