Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     西村さんがへび座に新星を発見
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2020-2-26 18:34
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2045
オンライン
西村さんがへび座に新星を発見

                           VSOLJニュース(362)

                       西村さんがへび座に新星を発見

                                             著者:前原裕之(国立天文台)
                                     連絡先:hiroyuki.maehara@nao.ac.jp

 へび座はへびつかい座によって頭部と尾部に分断された星座で、へび座の尾部
は天の川の方向にあり、これまでにもいくつもの新星が発見されています。そん
なへび座の中に新星が発見されました。新星を発見したのは静岡県掛川市の西村
栄男(にしむらひでお)さんです。西村さんは2月22.839日(世界時; 以下同様)に
焦点距離200mmのレンズとデジタルカメラを用いて撮影した画像から、へび座の
中に12.1等の新天体を発見しました。この天体は西村さんが発見2日前の20.860日
に撮影した画像には写っておらず、発見のこの2日ほどの間に明るくなった天体
であることが分かりました。また、群馬県の小嶋さんが22.811日に撮影した画像
にも、この天体が11.8等で写っていたことが分かりました。千葉県の野口さんや
清田さんの観測によると、この天体の正確な位置は

赤経: 18時10分42.32秒
赤緯: -15度34分18.6秒  (2000.0年分点)

で、赤い色をした天体であることが分かりました。
 この天体の分光観測は、2月23.38日にラスカンパナス天文台の口径2.5mデュポン
望遠鏡で、23.862日には京都大学岡山天文台の口径3.8mせいめい望遠鏡でそれぞ
れ行なわれました。この天体スペクトルにはP Cygniプロファイルを示す幅の広い
水素のバルマー系列や1階電離した鉄などの輝線がみられたことから、極大直後の
古典新星であることが判明しました。P Cygniプロファイルの吸収成分は、輝線成
分に対して秒速5000kmほど青方偏移しており、比較的速い減光を示す新星である
と考えられます。この新星は23.8日には13等ほど、24.3日には13.8等、25.5日に
は14.5等と急速に減光したことが観測されました。今後の明るさの変化が注目さ
れます。なお、この新星にはへび座V670(V670 Ser)との変光星名が付けられまし
たので、観測報告をされる際にはこの名称をお使い下さい。

                                                         2020年02月26日

参考文献
CBET 4726: V670 SERPENTIS
Aydi, E., et al., 2020, ATel #13517
Taguchi, K., Maehara, H., 2020, ATel #13519

新星の画像
・野口さん撮影
http://park8.wakwak.com/~ngc/images/TCPinSer_20200223.jpg
・清田さん撮影
http://meineko.sakura.ne.jp/ccd/TCP_J18104219-1534184.jpg

新星のスペクトル
・せいめい望遠鏡(2月23.628日)
https://y.nao.ac.jp/s/mgGlH0ONo7QEqDN

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.