Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet P/2019 X1 (Pruyne)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-12-17 21:28
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2045
オンライン
Comet P/2019 X1 (Pruyne)

Theodore A. Pruyne (月惑星研究所 (JPL), アリゾナ大学)の通報によると、12月2日UT、彼は、
Mt Lemmon サーベイの1.5-m 反射望遠鏡で得た、CCD露出から彗星を発見した。
この彗星は、およそ15"のコマとp.a. 約260°に約16"の尾が見えていると見做された。
12月3.3日UT、D. RankinがMt Lemmonにある天文台の1.0-m 反射望遠鏡で得たCCD画像で確認した。
この彗星は、拡散しているようで、視直径は約12"で、光度は19.4-19.9等であった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、R. Weryk (ハワイ大学天文学研究所, 1.8-m Pan-STARRS1)
やK. SarneczkyとB. Cseh (Konkoly天文台, Piszkesteto観測所, ハンガリー, 0.60-m Schmidt
望遠鏡)ら位置測定者達によって彗星と報告された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Dec.  2.36583    7 07 29.09   +32 48 29.2   19.4   Pruyne
           2.37102    7 07 28.98   +32 48 30.1   19.6     "
           2.37620    7 07 28.84   +32 48 31.0   19.3     "
           2.38138    7 07 28.71   +32 48 32.0   19.5     "

MPCの楕円軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    P/2019 X1 (Pruyne)                                                          
T 2019 July 30.29779 TT                                 Rudenko                 
q   4.3258180            (2000.0)            P               Q                  
n   0.06461257     Peri.   37.79926     +0.14941549     -0.98095937             
a   6.1507022      Node    44.00415     +0.85806624     +0.06628804             
e   0.2966953      Incl.   10.28791     +0.49132203     +0.18255032             
P  15.3                                                                         
From 74 observations 2019 Nov. 29-Dec. 10.                                      
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 11 10    07 11 44.7 +31 40 57   3.7545  4.3504   121.2    11.2  19.7
...
2019 11 25    07 09 51.6 +32 25 54   3.5904  4.3580   136.3     9.0  19.6
...
2019 12 03    07 07 14.3 +32 50 24   3.5213  4.3625   144.6     7.5  19.5
...
2019 12 09    07 04 37.1 +33 08 12   3.4795  4.3661   150.8     6.3  19.5
2019 12 10    07 04 07.9 +33 11 05   3.4735  4.3667   151.9     6.1  19.5
2019 12 11    07 03 38.0 +33 13 56   3.4677  4.3673   152.9     5.9  19.5
...
2019 12 17    07 00 23.5 +33 30 14   3.4388  4.3711   158.9     4.7  19.5
...
2019 12 25    06 55 31.8 +33 49 17   3.4162  4.3764   165.8     3.2  19.5
...
2020 01 09    06 45 44.2 +34 13 47   3.4260  4.3870   166.1     3.1  19.5

     This object was observed by T. A. Pruyne in 4 x 30 second codded exposures
on Dec. 2 UT taken with the Mt. Lemmon Survey 1.5-m reflector + 10K CCD, and
reported as cometary, exhibiting a 15" coma and ~16" tail at PA ~260 degs.  The
following night D. Rankin observing with the 1.0-m reflector + CCD at Steward
Observatory on Mt. Lemmon noted the object had a diffuse 12" coma.  Additional
reports are summarized as follows:

OC   Date     Reporter           Coma    Tail                 Exposures

F51  Dec.  3  R. Weryk             1".38 12" in PA 265        2 x 45s
K88  Dec.  4  K. Sarneczky         4"    10" in PA 270        15 x 120s
K51  Dec.  5  R. Furgoni          11"           PA 270        12 x 120s
T12  Dec.  6  D. J. Tholan        10"           PA 270
Q11  Dec.  7  H. Sato              5"    10"    PA 270        50 x 60s

(CBET 4702、MPEC 2019-X103)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.