Rbgn^[z[y[W
メイン
   新天体発見情報
     Comet C/2019 V1 (Borisov)
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
佐藤裕久
投稿日時: 2019-11-12 1:42
モデレータ
登録日: 2005-6-12
居住地: 日本
投稿: 2023
オンライン
Comet C/2019 V1 (Borisov)

G. Borisovの通報によると、11月2.0日UT、彼は、MARGO天文台 (クリミヤ Nauchnij近郊)の0.65-m 
f/1.5 アストログラフで得たCCD画像から彗星を発見した。この発見画像ては、拡散した中程度に集
光した約7"のコマがある。0'.5の円形範囲で測定した光度は19.0等であった。
小惑星センターのPCCP webpageに公表後、佐藤英貴氏(東京都文京区, iTelescope天文台,11月4.47日と
5.48日UT、60秒露出, 0.43-m f/6.8 アストログラフ, Mayhill近郊, ニューメキシコ州, 遠隔操作:
中程度集光した10" のコマがあるが尾はない。5".7の円形範囲で測定した11月4.47日の12枚のスタック
画像の光度は19.3等、11月5.48日の18枚のスタック画像の光度は19.2等であった)らCCD位置観測者に
よって彗星状と観測された。

発見位置は次のとおり、

     2019 UT             R.A. (2000) Decl.       Mag.   Observer
     Nov.  1.98562    6 12 14.04   +18 50 35.5   19.0   Borisov
           2.00871    6 12 13.50   +18 50 48.2   19.0     "
           2.03174    6 12 13.04   +18 51 03.6   19.1     "
           2.89639    6 11 56.47   +18 58 47.9   19.0     "
           2.91082    6 11 56.30   +18 58 54.3   19.0     "
           2.91804    6 11 56.03   +18 58 58.5   19.1     "
           2.99451    6 11 54.57   +18 59 40.6   19.1     "

MPCの放物線軌道要素と位置推算表は次のとおり、

Orbital elements:
    C/2019 V1 (Borisov)                                                         
T 2020 July 16.33660 TT                                 Bell                    
q   3.1025877            (2000.0)            P               Q                  
                   Peri.   51.06667     -0.28953458     -0.38586238             
                   Node    83.21144     +0.33930265     -0.89709035             
e   1.0            Incl.   61.90034     +0.89501030     +0.21526526             
From 50 observations 2019 Nov. 1-8.                                             
                                                                                
Ephemeris:
Date    TT    R. A. (2000) Decl.     Delta      r    Elong.  Phase   m1
2019 10 09    06 13 54.3 +15 48 08   3.7754  4.0960   101.7    13.8  20.0
...
2019 10 24    06 14 09.8 +17 35 04   3.4646  4.0082   116.5    12.8  19.7
...
2019 11 01    06 12 31.6 +18 41 53   3.3100  3.9624   124.9    11.9  19.6
...
2019 11 07    06 10 24.3 +19 36 54   3.2015  3.9284   131.4    10.9  19.5
2019 11 08    06 09 58.4 +19 46 29   3.1841  3.9228   132.6    10.7  19.5
2019 11 09    06 09 31.3 +19 56 11   3.1670  3.9172   133.7    10.5  19.4
...
2019 11 15    06 06 20.1 +20 56 52   3.0691  3.8837   140.5     9.3  19.3
...
2019 11 23    06 00 49.6 +22 23 55   2.9533  3.8398   149.9     7.4  19.2
...
2019 12 08    05 46 54.2 +25 21 36   2.7902  3.7596   168.1     3.1  19.0

     This object was reported as possibly cometary on Nov. 2 by G. Borisov 
(L51), noting a 7-arcsecond condensed coma and no tail, and was placed on 
the Possible Comet Confirmation Page.  Its cometary nature was confirmed on 
Nov. 3 by D. Durig (850), who noted a 6 to 8-arcsecond coma based on stacks 
of 200 and 300 10-second exposures.  Further reports of cometary features 
are summarized below:

OC   Date     Reporter           Coma    Tail                 Exposures

I47  Nov.  3  M. Masek            18"                         39 x 120s
A77  Nov.  4  F. Kugel             8"    10" in PA 250-280    
Q11  Nov.  3  H. Sato              8"                         25 x 60s
H06  Nov.  4  H. Sato             10"                         12
H06  Nov.  5  H. Sato             10"                         18
B96  Nov.  7  E. Bryssinck      15x9"

(CBET 4696、MPEC 2019-V130)

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
© 1999 Tsutomu Seki.